セックスレスの夫と一緒にいる意味がわかりません

お悩み相談アドバイザー壇蜜

 公務員として働く女性。夫は20歳ほど年上で、結婚して2年ですが、セックスレスです。夫が更年期にはいったのかも(?)とも考えたのですが、夫の持ち物の中から、夫の昔の彼女の写真や、私と付き合う前に彼女と行ったと思われるホテルのライターを見つけてしまいました。私は寂しくて、男友だちと過ちを犯してしまいそうになります。離婚は考えていませんが、夫は多忙で、デ-トすることも今はまったくありません。なぜ、夫と一緒にいるのか、考えると、わかりません。(ハンドルネーム:よしじ)

A:夫婦のプライベート 、「レス」の物差しに惑わされないで

 まず、「セックスレス」という言葉はどうして生まれるのか考えてみましょう。それは、自分たち夫婦以外の意見がよく聞こえる世界になったからだと言えます。セックスの回数や頻度を多くの夫婦が比べなければ、レスなのか過多なのか普通なのかという物差しは生まれてこないはずです。平均や周囲の声を聞いて得られるものもあるかもしれません。しかし、夫婦だけのプライベートな交流は他者と比較せずに深められたほうが心地よきものになると私は思います。……って、私は独身ですが。

 同じ空間、同じ環境のなかで仲良く暮らせば、体の交わりはなくとも二人の平安は保たれると本能的に悟っていくから、性交渉の数は減っていくのだと思います。どうかセックスレスという比較対照から出来た言葉に悩まされずに、よしじさんたちのペースを大切にしてください。

「思い出居抜き」作戦はいかが

 とはいうものの元カノ問題も気になりますね。よく言えば思い出を大事にする人、悪く言えば元カノの面影に振り回されている人……思いをせる以上の行動がなければ、終わった恋であると本人も自覚されているとまずは信じましょう。いっそ、その写真をとった場所、ライターを得たホテル等にお二人で行き、「私とじゃない思い出にいちゃった。私との歴史も作って」と言い寄る「思い出居抜き作戦」はいかがでしょうか。人間の脳はご都合主義。新鮮で楽しい記憶をおなかいっぱい与えて、二人の歴史を激しく更新していけば、自然と過去は過去として収納されるはずです。

壇蜜
壇蜜(だん・みつ)
タレント

 1980年12月生まれ。昭和女子大学卒業後、多くの職業を経験。調理師、日本舞踊師範の免許・資格を持つ。2010年に29歳の新人グラビアアイドルとして注目を集める。映画やテレビなど活躍の場を広げ、「壇蜜日記」「壇蜜歳時記」など著書多数。最新刊は「男と女の理不尽な愉しみ」(林真理子さんとの共著、集英社新書)、「たべたいの」(新潮新書)、写真集は「あなたに祈りを」。猫と熱帯魚を飼っている。

 

あなたの悩み、アドバイザーに相談してみませんか?