30代独身、今度こそと思った恋が終わりそう

お悩み相談アドバイザー花房観音

 30代の独身です。今度こそと思った恋愛も終わりそうです。周りが次々に結婚していく中で、このまま誰にも選ばれることなく、人生が終わる気がして苦しいです。去っていく人を追いかけたり、婚活したりするのにも疲れました。結婚したいと思うから、つらいので、いっそすっぱりあきらめれば楽になれますか?でも、まだどこかで期待してしまいます。どうしたらひとりで生きる決心ができますか?(ハンドルネーム:さえこ)

A:結婚ありきの恋愛になっていませんか。あなたの幸せの形を探しましょう

 どうしてそんなに結婚に期待しているのですか? あなたの相談を読んで、まずそう思いました。あなたの恋愛は、相手ありきではなくて、結婚ありきというのが文面から伝わってきます。あなたにとって恋愛は、結婚するための手段で、恋人は自分の将来を保証してくれる条件を持つ相手だというのが見えてきます。

 そんな気持ちで追って来られたら、男は逃げます。相手の身になってください。人が一生を過ごすパートナーに求めるのは、経済力だけではなく、愛情も大きいです。自分を愛してくれない、我が身のことばかり考えている人と、結婚したいですか? 結婚したくてたまらない、焦るあなたには、相手に対する愛情や思いやりが見えません。あるのは結婚への肥大した期待だけです。

「結婚しないと不幸だ」と決めつけないで

 まず、結婚は、万能薬ではないです。幸せになれる魔法ではなく、制度に過ぎません。「どうしたらひとりで生きる決心ができますか」とありますが、以前、こちらでも書きましたが、結婚しようが子どもを産もうが、夫婦はどちらかが先に死ぬし、子どもは家を離れもするし、ひとりにならない保証なんて、どこにもないです。ひとりで生きる決心というか覚悟は、結婚しようがしまいが、持っていたほうがいいです。

 あなたが結婚にこだわるのには、どこか根底に、「結婚しないと不幸だ」という考えがあるからです。そんな考えこそが、結婚願望よりも、捨てるべきものです。

 冷静に周りを見渡してください。周りが次々と結婚していくかもしれませんが、離婚している人も、結婚しない人生を選択している人も、少なくないはずです。そして結婚している人は、皆、幸せで、そうでない人は不幸ですか? 結婚しているからこそ不幸になっている人は、たくさんいます。独身で充実して幸せな暮らしをしている人もいます。あなたには、それが見えていません。そして、もし独身で幸せそうな人に対して、自分を基準に「本当は内心、結婚したくてたまらないはずだ」と決めつけていませんか?

幸せの形は人それぞれ、他人を利用しないで

  そういう発想、本当にやめましょうよ。幸せの形は、それぞれです。

 私は39歳で結婚したので、それまで散々「独身は不幸」「女の幸せは結婚」という考えを押しつけられ、うんざりしました。結婚したらしたで、「子ども産んだほうが女は幸せだ」と言われ続けました。

 あなたが探すべきは、結婚相手ではなく、自分の幸せの形です。自分の幸せを保証するために、他人を利用する恋愛なんて、相手を馬鹿にしているし、結婚生活なんて、最初はどれだけ上手くいっても、何かのひずみで、簡単に終わることもあります。

 今のあなたでは、どんな選択をしようが、破綻したときに、誰かのせいにして「こんなはずじゃなかったのに」と、嘆くでしょう。

 幸せの形はたくさんあるし、人それぞれです。そう考えていたら、思い通りに行かなくても、「今の自分の幸せ」を探して前を向いて生きていくことができます。

 今のあなたが幸せになれないのは、求めているものが、実体のないものだから。まず、そこに気づきましょう。

花房観音
花房観音(はなぶさ・かんのん)
作家

 京都市在住。京都女子大学中退後、映画会社、旅行会社などに勤務。2010年「花祀り」で第1回団鬼六大賞を受賞し、作家デビュー。12年に発表した「女の庭」など、女の性愛や情念を描いた作品で注目を集める。近著に「わたつみ」(中央公論新社)、「楽園」(中公文庫)、「色仏」(文藝春秋)、「鬼の家」(KADOKAWA)など。花房観音HP花房観音御開帳

あなたの悩み、アドバイザーに相談してみませんか?