【お悩み相談】時代が違う無意味な研修にうんざり

お悩み相談アドバイザー村木厚子

 会社で中堅と呼ばれるようになった30代です。職場のとりまとめ的な仕事が入るにつれ、研修で先輩の話を聞いたり、外部講師の話を聞いたり、オンライン講座を受講するように言われます。でも、正直、有意義だと思えません。先輩たちと今とでは、時代が違います。苦労話も興味深くはありますが、日々の仕事に役立ちません。そんなことに時間とお金を割くなら、人手と休みを増やしてほしい。私は間違っていますか。(ハンドルネーム・かこ)

A:有意義な研修は少ないもの。でも、一生モノの人脈とヒントも得られます

 「役に立たない研修」ですか。確かに、自分のことを振り返ってみて、研修は有意義だったか、何か自分の財産として残ったかというと、そういう研修は少ない気がします。

 最も役立ったのは、職場に初めてパソコンが導入されたときのパソコン研修。これはその後の仕事にとってなくてはならないものだったし、仕事が大幅に効率化しました。

 面白くなかったけれど、どうしても必要だから仕方ないと思えたのは、倫理研修やサイバー攻撃への対応など「危機管理」「コンプライアンス関係」です。これは、起こってしまってから後悔しても遅いので、いやでも頑張るしかありません。

 先輩の話を聞くような研修でも、自分に疑問や不安がたくさんあったり、仕事で迷っていたりするようなときは、講師のちょっとした言葉に解決のヒントをもらうことがありました。あとは外部研修でたくさんの知り合いができて、一生モノの人脈をもらったので、これには感謝しています。

 会社はあなたに期待しているのでは?

 あなたの場合、中堅と呼ばれるようになって、とりまとめ的な仕事が入るにつれ研修が増えてきたということですから、上級研修、管理職への準備研修のようなものなのでしょうか? 今の仕事をこなすのに、あなた自身が不安とか力不足を感じていないとすると、研修はあまりありがたくないかもしれませんね。

 でもちょっと考えてほしいことがあります。研修に声がかかるということは、今の仕事、あるいは次のステップに向けて、あなたにもう一つ何かつかんでほしい、もう一段階段を上ってほしいと会社や上司が思っているということではないでしょうか。

 このご相談を読んで、きっと期待されている人なのだろうなあと思いました。会社だって、お金と時間をかけて役に立たない研修をしたいわけではありませんから。自分は何を求められているのか、一度、考えてみるいいチャンスかもしれません。

 時間を無駄にしないために、何をしたらいい?

 それにしても、役に立たない研修を受けさせられるのは迷惑なこと。この研修は役に立った、役に立たなかった、こういう内容にしてほしい、こういう講師を呼んでほしいとどんどん意見を言いましょう。社外の研修に出してもらうのも、ものすごくお勧めです。

 いずれにしても、「私の時間を無駄に使わないで」という発想は間違ってないと思います。後は、それを、どうやって、実現するかです。

村木厚子(むらき・あつこ)
津田塾大学客員教授

 前厚生労働次官。伊藤忠商事社外取締役。1955年生まれ。高知県出身。78年に旧労働省に入省。2009年に郵便不正事件で逮捕されたが、冤罪とわかって無罪になり、厚生労働省に復職した。17年4月から現職。

あなたの悩み、アドバイザーに相談してみませんか?