ネガティブすぎる夫がストレス「かわいそう」と言わないで

お悩み相談アドバイザー壇蜜

 夫にどう接すればいいか悩んでいます。7歳年上の夫は、ネガティブで自分を攻める傾向があります。交際中も「僕みたいな男と結婚する君は不幸だ」と言い、そのたびに「私はあなたと一緒が幸せ」と伝えていました。結婚して3年になりますが、まだそんなことを言います。夫に理由を聞くと、仕事が忙しく世間一般の夫婦らしい事ができないからなのだそう。夫の帰宅は日付が変わってから、休日も少なく、結婚式も新婚旅行もしませんでしたが、私は納得して結婚しています。私は残業でも21時には終わり、家事を無理に分担するより私がした方が効率いいので不満はありませんし、その事も伝えています。ですが、「仕事も家事も全部するのは大変でかわいそう」……。ずっと「かわいそう」と言われることが本当は悲しいです。一緒にズブズブ落ち込まないよう、明るく「そんなことない」と伝えてきましたが、どうすれば、夫の気持ちが晴れますか?(女性30代チビ子)

幸せ確認する「儀式」、心のコスプレで完結を

 「共働きなんだから家事は分担が当たり前」。そんな風潮のなかで「私がやったほうが効率いいから」とかいがいしく動き回るチビ子さん……。もし配偶者がいなければ私がチビ子さんを嫁に迎えたいくらいですよ。旦那さん、幸せですね。

 しかし、幸せな環境、ありがたい環境が彼には落ち着かないようです。「どうしてここまでしてくれるんだろう」「僕は彼女に何をしてあげるんだろう」の渦のなかで一人悩んでいないと正気を保っていられないのでしょう。

 そう、チビ子さんに対する彼の態度は彼の心の安定のために必要な儀式なのです。「愛してる?」「うん、愛してる」と言い合うカップルの心持ちと何ら変わりないと考えてみてはいかがでしょう。現実を確認するためにチビ子さんに「申し訳ない」と言い、チビ子さんの「そんなことない」があるお陰で受け入れ作業が完成しているのです。そうやって日々自己完結できる旦那さんは、実は頼りがいあるしっかりした人のようにも思います。

 いっそチビ子さんも「申し訳ない」な彼の儀式に付き合うべく、心にコスプレをしてみてはいかがでしょうか。「かわいそう」「申し訳ない」と言われたら「そうなの、れた弱味で離れられないの」「かわいそうでしょ。あなただけが頼りなのよ」。ヨヨヨ……としなを作ってもたれかかる。二人の世界を築いたら、自己完結アップ間違いなしですよ。「俺、愛されてる! だから頑張る!!」につなげるような名演技を、いざ。

壇蜜
壇蜜(だん・みつ)
タレント

 1980年12月生まれ。昭和女子大学卒業後、多くの職業を経験。調理師、日本舞踊師範の免許・資格を持つ。2010年に29歳の新人グラビアアイドルとして注目を集める。映画やテレビなど活躍の場を広げ、「壇蜜日記」「壇蜜歳時記」など著書多数。最新写真集は「あなたに祈りを」。猫と熱帯魚を飼っている。

 

 働くあなたの心のモヤモヤに、個性豊かなアドバイザーが回答します(水曜掲載)

あなたの悩み、アドバイザーに相談してみませんか?