【お悩み相談】Drまあやが助言 働きながらセンスを磨くには?

お悩み相談アドバイザー・Drまあや

 洋裁が大好き。仕事と趣味の両立のコツを教えてください。
 最近、女性誌のモデルが着ているものや、市販の服がまったく魅力的に見えなくなってきて、着たいものがありません。
 それなら自分で作ってはどうかと思い、趣味で洋裁を始めました。
 ところが、いざ色々作ってみると、技術がないことに加え、自分の選「生地」眼がないために微妙な服しか出来上がりません。いまのところ、2着に1着はタンスの肥やしになっています。
 まあや先生のカラフルな服は大好きです。でも、きっと見る人、着る人を選ぶんじゃないかと思います。
 先生はどうやって医者をしながら、服作りのセンスを磨きましたか? いつから「このセンスで行こう」と自信を持ち始めましたか?(ハンドルネーム:柿)

 A.自分を知り、自分らしさを表現する方法を見つけることが、センスにつながる

 まず初めに、私はいわゆるモデルのような体形ではないので、「ファッションを語ってほしくない」「本当にデザイナーなの?」という意見は百も承知でございます。そんな私が偉そうに、回答することをお許しください。

自身のデザインした服を着るお悩みアドバイザーのDrまあや

 洋裁の趣味。とってもよいですね。コスプレの流行か、既製服がつまらないからか、世代、性別を問わず、服を自作する人が増えているように思います。

 一般に「今年の流行はこれ!」と提示されると、そのはやり物を購入し、そのシーズンを乗り越えたら、次の流行に乗り換える人が多いですよね。はやりを取り入れた安価なファストファッションが広がり、高い洋服の売れ行きが落ちていて、私もデザイナーとしての厳しい現実をひしひしと感じております。

 こうした流行の服が売れるのは、自分のセンスに頼るよりも、流行に乗った方が確実にみんなに置いていかれず、後ろ指も指されずに、無難に「今どき女子」になれるからですよね。これはこれで、一つの文化。しかし、私の意見としては、残念ながらそんな人は「“ファッションセンスの良い人”ではないのかな?」とは思います。

「自分を知り、自分にこだわる」

 センスを磨き、ファッションとして見せるにはどうしたら良いか?

 それは、「自分を知り、自分にこだわる」ことでしょうかね。

  第1歩として、「自分とは何者か」を知ることです。

  長所や短所、好き嫌い、他人から見た自分(客観性)など、自分と向き合うことで、自分をどう表現するか、理想の自分とは何か、が見えてきます。さらには、TPOに合わせて、自分をどう見せるべきか、なども考えられるようになります。

  次に、自分の好きなことからでいいと思いますが、教養を深め、リサーチをすることです。自分の好きなことが、なぜ好きで興味があるのか。好きになった理由を説明して、他人に理解を求めてみる、とか。逆になぜ嫌いなのか、ということをやってみるのも面白いです。

 それは、ファッションと関係のない分野でも良いのです。文学や歴史、生物学、美術、音楽、建築、はたまた食べ物、社会学的なこと、スポーツ、アニメ、鉄道、ゲームなんでも良いです。要は、教養を深めることです。広く浅くでもきっかけになりますし、一つを深く学ぶことがさらに良いでしょう。

Drまあや代表作の1つ「皮下内臓脂肪CT」ができるまで

  私が最初にアートやデザインについて学び始めたときに、一見関係のない一つのテーマから、あらゆる方向にアイデアを広げ、作品につながる、ということを経験しました。ロンドンの授業で、嫌いなことをテーマに、生地のデザインに取り組みました。私は、「小ぶりの花柄」の洋服が苦手です。理由は、花柄のかわいらしいイメージが私にはハードルが高く、「かわいい」という印象をつけたい時の、安易な方法と思われる気がして、ひねくれ者の私には抵抗があるというわけです。

 でも、そこを克服するための服を考えてみる、というのは、一つのプロジェクトになります。私の場合、嫌いを少し克服するためのデザインとして考えた服が「皮下内臓脂肪CT」で製作した花柄テキスタイルだったんです。 

 このように、自分を知り、自分にこだわることで、自分らしさが見えてくる。そんな生き方を表現する手段の一つがファッションであり、他人はそこにセンスを感じるのではないでしょうか。自分のこだわりからぶれず、流されず、表現し続けていることが大事なのかな、と思います。

  「黒にこだわり、黒をまとう」

 「小物好きの、ファッションの演出」

 「年代を感じさせない女性らしさの表現」

 などなど、自分を知り、こだわった結果、生まれた答えが出てくるはずです。

  と、「カラフルデブ」がお送りしました。

Drまあや(ドクター・まあや)
脳外科医・ファッションデザイナー

 岩手医科大学医学部卒業後、慶應義塾大学脳神経外科に入局し、脳神経外科専門医取得。その後、日本外国語専門学校海外芸術大学留学科に入学し、翌年、ロンドンのセントラル・セント・マーチンズへ留学。帰国後に、脳外科医として働く傍ら、スタイリストのアシスタントを開始。2013年Drまあやデザイン研究所を設立し、2014年初個展「カラフルデブの挑戦」を開く。2015年にテレビのインタビューをきっかけにメディアに出演するようになる。著書に「カラフルデブを生きる-ネガティブ思考を強みに変える女医の法則40」(セブン&アイ出版)がある。

あなたの悩み、アドバイザーに相談してみませんか?