キャリアか子ども、どちらかを諦めるべき? 後悔しないか、不安です

お悩み相談アドバイザー村木厚子

 昨年、結婚した30代女性。夫は、仕事ばかりしている私を受け入れてくれ、私にはもったいないほどの人です。独身の頃と同じように仕事を頑張っているものの、大好きな夫の子を出産したい気持ちが出てきています。しかし、産休や育休が必要となり、仕事からいったん離れなければいけない期間ができてしまいます。となると、ずっと頑張ってきて積み上げてきたキャリアが止まってしまうかもしれません。
 職場には、子どもを育てながら働く女性はいます。しかし、私から見ると、全力で働いているというよりは、第一線で働く人をサポートしている人ばかり。私は育休が明けても、今のまま仕事をして、子どもを理由に、働き方を変えたくないのです。子どもには、自分が好きなことを頑張る姿を見てもらって、その子自身も、好きなように生きてほしいと思うからです。
 しかし、子どもは産まず、今のままの仕事を続けていくことを、考えていないわけではありません。出産できる期間は限られています。今はキャリアを積むことが私にとって重要なのですが、退職後に「どうして出産しなかったのだろう」と後悔するかもしれませんし、夫に私と結婚したことを後悔させてしまうかもしれないと思うと、とても怖いのです。私はどうしたらいいのでしょうか。
 (ハンドルネーム・柿の種の種)

A.確かに制約はありますが、今は育児をする環境も整いつつありますよ。「仕事をするお母さん」を子どもに見せていきましょう

 このご相談が、私の初めての回答です。内容を拝見して、まずは「子どもを産むかどうか、そんな一生の重大事、赤の他人が何か言えるわけないよ」というのが率直な思いでした。でも、「あなたの経験に照らして、あなたはどう思うのよ」と聞かれれば、「そりゃあ、子どもを持つことはお勧めよ。子どもは面白いよ、子育ては大変だけど楽しいよ」というのが私の実感です。

 でも、子どもは産みたいと思えばすぐ生まれてくるものでもありません。なかなか子どもに恵まれない人は多いし、年齢が上がればなおさら。あなたも書いておられるように出産には適齢期があります。それでも、諦めていると、できちゃったりなんてこともあるようです。子どもは、まさに「授かりもの」、だからこそ仕事とは違う価値を感じるのかも知れません。

 ところで、あなたが心配しているように、子どもを持つと「キャリア」は諦めないといけないのでしょうか。仕事に全力投球できなくなるのでしょうか。答えはYES&NOです。人間の1日の時間は24時間。どうしたって、育児や介護がある時期は仕事に投入できる時間は少なくなります。その意味では、制約はあります。

 でも、それは一時期です。私が長く働いた中央官庁には子どもを持って働く女性がたくさんいます。私よりもっと年上の、いわば「ご先祖様」に当たる世代には、子どもがいても家庭の責任を負っているそぶりは一切見せません、いくらでも残業はしますという女性も多かったけれど、今は、育児休業をしっかりとる、子どもが小さい間は残業はしない、そんな働き方をする人が男性にも女性にも増えてきました。政策もそれを後押ししています。

 じゃあ、そういう人たちは、二軍選手的な働き方をしているでしょうか。私の見る限り、そんなことはありません。子育ての時期は仕事でも脂が乗ってくる時期、どうしても経験値がほかの人に比べて低くなります。でも、しばらくするとほとんどの人が成長して追いつきます。「親業おやぎょう」というものが、人を成長させる側面もあります。

 私の場合は、娘を産んでからの方が職場の評価がずっと上がりました。当時、我が家の庭には毎年チューリップが咲いていました。上の娘はそのチューリップを見て「赤と黄色と白のチューリップが咲いたよ」と報告してくれました。下の娘は「チューリップが5こ咲いたよ」と報告してくれました。同じ親から生まれた子どもでもモノの見方が違う、まして、様々な環境で育ってきた部下の得意不得意が違うのは当たり前と思えるようになって、部下の使い方、育て方がずっと上手になりました。

 また、仕事と家庭の両立で忙しいと気分の切り替えが上手になります。仕事のストレスは子どもと向き合うとすっかり忘れ、育児のストレスは仕事をしているとどこかへ行ってしまいます。そもそも長時間働けば成果が上がるというものでもないですよね。

 ただし、本人が、「どうせ子どももいることだし、そんなに頑張らなくても、そこそこでいい」と開き直ってしまうと、成長は止まってしまいますが。

 ちなみに厚生労働省の職員で大臣になった女性は2人、事務次官になった女性も2人ですが、この4人はみんな「子持ち」です!

 仕事に対する意欲に燃えるあなたなら、きっと大丈夫。「夫」も優しそうだし、二人で育児をすれば「苦労は半分、喜びは2倍」です。

 わたしの2人の娘(2人とも働いていて、上の娘には子供が2人います)に「働いてるお母さんを持つと大変だった?」と聞いてみました。返ってきた答は「お母さん、楽しそうに仕事してたよね。あれがよかった。自分が社会に出ることに前向きなイメージを持てた」というものでした。仕事をするお母さん、子どもにとっても悪くないようですよ。

村木厚子(むらき・あつこ)
津田塾大学客員教授

 前厚生労働次官。伊藤忠商事社外取締役。1955年生まれ。高知県出身。78年に旧労働省に入省。2009年に郵便不正事件で逮捕されたが、冤罪とわかって無罪になり、厚生労働省に復職した。17年4月から現職。

あなたの悩み、アドバイザーに相談してみませんか?