アドバイザー・Drまあやさんは「脳外科医+ファッションデザイナー」 見た目も生き方も“カラフル”です

 大手小町のお悩み相談のアドバイザーのひとり、Drまあやさん。脳外科医とファッションデザイナーの二つの顔を持ち、独自のファッションセンスでテレビでも注目を集めています。そんなDrまあやさんの仕事に対する思いを尋ね、女性たちへのメッセージを聞きました。

――――Q.「脳外科医」と「ファッションデザイナー」。どうして二つの仕事をしているのですか。

 自分で稼げる人になりたくて、中学生の時に医師になると決めました。脳外科医になって、医局で10年間、がむしゃらに頑張りました。
 ただ、脳外科医は究極のスペシャリスト。極めるのが本当に難しく、自分に失望して心のバランスを崩した時期があったんです。そんな時に、一度きりの人生ならと、もともと興味のあった、もの作りの仕事にチャレンジしようと思い、デザイナーも目指すことにしました。

 ――――Q.両立してみて、思うことは。

 忙しいけれど、両方の良い点、悪い点を見ることで、私はバランスを取っているんだ、と気がつきました。デザイナーの仕事で「うまくいかないなあ」と思うと、医者の仕事のいいところが見えてくる。逆に医者の仕事がうまくいかないときは、もの作りだったらこういう仕事ができるのになあ、というように。二つあることで、別の視点から仕事に向き合える気がします。

――――Q.どうやって「脳外科医」と「デザイナー」のスイッチを切り替えるんですか。

 普段はデザイナーモードで、髪や洋服はカラフルにしています。ですが、病院に入る前にウィッグを黒髪に替え、メガネと服装もシンプルなものにすることで、「私は医者だ。よし、働くか」という気持ちになれます。

――――Q.お悩み相談のアドバイザーとしての心構えを。

 私も、迷いながら生きています。ですが、がむしゃらに脳外科医になるために働いた経験、30代でファッションの専門学校に行ったり、ロンドンに留学したりした経験などから、アドバイスできることがあれば、ぜひ伝えたいと思いました。実は、外来の患者さんにも時々、人生相談されることがあるんです。そういうことを生かしてやってみます。

――――Q.大手小町ユーザーに一言。

 皆さんからの悩みに答えることで、私自身のさらなる成長にもつなげていけたら、と思っています。どんな悩みでも、気軽に送ってくださいね。一般人代表として、全力でお答えしますよ!

  平日は東京で勤務医をして、週末は北海道の病院で当直も引き受けているというDrまあやさん。いつ休んでいるんだろう、と聞いているこちらが心配になるほどですが、いろんな経験を積むことで、今を楽しんでいる様子がうかがわれます。そんな人生の先輩に、ちょっと心の悩みを打ち明けてみませんか?

(聞き手:大久保桃子、写真:高梨義之)

Drまあや(ドクター・まあや)
脳外科医・ファッションデザイナー

 岩手医科大学医学部卒業後、慶應義塾大学脳神経外科に入局し、脳神経外科専門医取得。その後、日本外国語専門学校海外芸術大学留学科に入学し、翌年、ロンドンのセントラル・セント・マーチンズへ留学。帰国後に、脳外科医として働く傍ら、スタイリストのアシスタントを開始。2013年Drまあやデザイン研究所を設立し、2014年初個展「カラフルデブの挑戦」を開く。2015年にテレビのインタビューをきっかけにメディアに出演するようになる。著書に「カラフルデブを生きる-ネガティブ思考を強みに変える女医の法則40」(セブン&アイ出版)がある。

あなたの悩み、アドバイザーに相談してみませんか?