婚活をバカにされた? 信頼していた友人の発言が気になっています

恋活小町

「婚活をバカにする友人の発言が気になる。」と題する女性からの投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。31歳のトピ主さんは4年前から婚活をしており、唯一、相談に乗ってもらっていた既婚の友人がいるそうです。しかし先日、冗談を交えながらテレビ番組の話をしていた際、彼女がひと言、「婚活パーティーにいそうな、やばい人が多かったね(笑)」。トピ主さんは「(自分も)そんな場所から出会いを探しているのに」と悲しくなり、「今までばかにされていたのかな」とざわつく心境をつづっています。

関心のあることには、敏感になりやすい

「私の考えすぎでしょうか?」とのことですが、その友人は、トピ主さんに対してマウントも取らず、素直に自分を出せるし、見下されていると思ったことも一度もなく、信頼していた人物とのこと。トピ主さん自身が長い間、そう感じられていたということならば、彼女が「心の中でばかにしながら、トピ主さんの婚活話を聞いていた」という可能性は低いように思いました。

人間の意識は、とかく“自分の関心のある事柄”に過敏になりやすいもの。こんな細かいことを気にするから、結婚できないんだろう……という一文も見られますが、うまくいかないことを結婚に関連づけて、自分を責める必要はありません。ただ、「自分は今、結婚の話題にかなり敏感になっている状態なんだな」と自覚しておくことは、今後の助けになるでしょう。普段マウンティング意識を感じない、信頼できる相手ならば、「自分ほど結婚や婚活の話題に関心がないから、気軽に発言しているのだろう」と考えたほうが、大切な関係に亀裂が走るような事態は回避しやすいと思います。

真に共感できるのは、経験者か同じ立場にある人だけ

ただ、もしかしたらトピ主さんは「信頼を置いている友人が、自分を気遣ってくれなかったこと」に傷ついているのかもしれません。他の人ならまだしも、彼女だからこそ「心の底ではばかにしているんだろうか」と気になったのかなとも推測しました。

これまでその友人には、婚活話を「時に笑いに変えて」話したこともあったとか。彼女からすれば、婚活話を必ずしも深刻にすべき話題とは思っていなかったのかもしれません。それに、どんなに仲が良くとも、他人の悩みを、当人と同じ深刻さで考えられる人はめったにいません。結婚している人も、結婚したなりの悩みを持っているのが常です。もしかしたら、彼女自身は他に話したいことがあるかもしれず、だから婚活の相談を聞いてくれている可能性もあります。そう考えれば、ささいなことに目くじらを立てるのは、お門違いかもしれないな……と納得しやすいのではないでしょうか。

婚活している気持ちに共感してほしい、ということならば、同じ状況の人を探して、期間限定でも「一緒に頑張ろう!」と励まし合うか、婚活経験のある人に相談したほうが、気持ちは理解し合えると思います。アドバイスをしてくれる“聞き役”を探したいなら、占いやカウンセリングなど、専門のサービスを利用してみる方法もあります。金銭的な対価を払っている分、自分主体で相談しやすいですし、仮に気に障ることを言われても、第三者なので、「この人とは合わない」と割り切りやすいと思います。

過度な「妄信」は、関係をダメにしてしまうことも

人間関係においては、「この人は私の絶対的な味方だ」などと相手を妄信し過ぎるほど、「裏切られた」という感情にさいなまれやすいです。「何もかもベッタリ一緒」というタイプの友人関係があっさりと崩れやすいのは、そのためです。自分の内面をさらけ出すことこそが友情、と考える人も少なくないですが、どこかで「自分は自分、相手は相手」と多少割り切れるくらいの関係のほうが、意外と長続きするものです。

もしかしたらトピ主さんはここ数年、デリケートな相談をしていたことで、彼女への「期待」が高まり過ぎていたのかもしれませんね。精神的に頼る存在は、人に限らずですが、できれば複数持っておくといいと思います。頼れる友人がいないなら兄弟姉妹、あるいはカウンセリングチャットや匿名掲示板でもなんでもいいので、「彼女だけに話を聞いてもらう」という態勢を少し変えてみてはいかがでしょうか。その上で、「自分のことをよく知っている人に、意見を聞かせてほしい」と思うときにだけ、その友人に相談する、というのも一案です。

急に話さなくなるのが不自然であれば、「婚活の話は、気分が落ちていると過敏になってしまうと気付いたから、これからは少し控えるね。本当に必要なときに相談に乗ってもらえたらうれしい」などとひと言伝えてみてもいいと思います。

そしてトピ主さん自身でも、頑張っている自分のことをもっと褒めてあげてくださいね。この4年間で3人とお付き合いに至ったとのこと。「いまだに独身」と嘆くよりも、「甲子園(結婚)にまで至らずとも、地方ブロック大会(交際)には3回も進出できた!」などと、自分を鼓舞してみるのも一案です。「自分の幸せは結婚にある」と信じて、ちゃんと行動をしている。そんな自分の努力を評価してあげましょう。ナイーブになるのは当然のことですが、婚活を通じて、他人の目やちょっとした波風に負けないような“自負心”も一緒に育てていくと、これからを生きていく上での大きな力になるのではと思いました。応援しています。

発言小町のトピはこちら⇒「婚活をバカにする友人の発言が気になる。」 

外山ゆひら(とやま・ゆひら)
フリーライター

哲学や心理学、芸術文化の分野に関心が高く、対人関係やコミュニケーション、生き方に関する記事を中心に寄稿。産業カウンセラー・心理相談員資格有。

あわせて読みたい