外出自粛時の婚活。会えない彼と、どうすれば距離を縮められる?

恋活小町

「婚活。コロナでお相手と会えない中、どうやって距離を縮めるか…」と題する女性からの投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。マッチングアプリで知り合い、好意を持っている男性がいるという、27歳のトピ主さん。これまでに2回デートをし、3回目も決まっていたものの、外出自粛のため延期しました。現在はメッセージのやりとりのみで、彼には放置されず、返信は届くものの、文面が少しそっけないことが気になっているそうです。

好意が伝わりすぎると、良いバランスが崩れてしまうことも

デートの際は本当に会話が弾んで楽しかったし、彼は夜勤明けでも会う約束をしてくれた。たった2回のデートで、ここまで「話が楽しかった!」と思わせてくれる方はなかなかいないと感じる……などと、彼との順調な進展ぶりをつづっているトピ主さん。しかし、外出自粛後のメッセージのやりとりでは、話が続きそうな話題を振っても、「決して話を広げてはくれず」、返信がひと言だけのことも。彼は当初から長文を書くタイプではなかったため、「気にしすぎるのもどうか」「LINEに対する価値観が合わないだけかも」などと思いつつも、「本当は迷惑なのか、控えるべきか」と悩んでいるそうです。

まず、投稿内で少し気になったのが、トピ主さんが彼の趣味を勉強したり、始めてみたりしている……という一文です。元々は、どちらかといえば趣味が合う相手ではないとのこと。彼との関わりを持ち続けるために、共通の趣味を持ちたい、と思ってのことなのかもしれません。それがパートナーシップに有効に働くこともたくさんありますが、恋愛関係の初期においては、「過度に相手に合わせようとする姿勢」があまり良い作用をもたらさないことがあります。

逆の立場で考えると分かりやすいと思うのですが、自分にばかり迎合されると、「相手が本来持っている魅力」が見えづらくなり、積極的な関心を失ってしまうことも。「私に好かれたいから合わせてきているのだな」と感じると、慢心し、好かれようとする努力や誠実な対応をしなくなる傾向もあります。最近、ひと言の返事しか返ってこないのは、トピ主さんの好意の高まりが伝わり過ぎているから……ということが、もしかしたらあるのかもしれません。

会えば楽しく過ごせる相手だと分かっているのであれば、「メッセージを送り過ぎて、彼の関心を失わせてしまう、不安になって自爆する」といった展開は避けたいところ。そうならないために、外出自粛期間中は「自分の生活をする」「会話が続かないときは、無理に続けようとしない」と決め、自分のなかの彼の立ち位置を、「友達のひとり」「彼氏候補のひとり」に下げておくのも一案です。

女性的な感性の人のほうが、「言葉」で恋を育みやすい

言葉のやりとりで恋愛感情を膨らませたり、「相手とずっとつながっている感覚」を好んだりするのは、どちらかと言えば、女性的な感性の人に多いです。逆に、男性的な感性を持つ人は、「体験的、視覚的な喜びや楽しさ」が恋愛感情につながる人が多く、また長期的に見ると、「物理的につながりっぱなしの状態」を好まない傾向もあります。もちろん、男性のなかにも女性的な感性を持ち、メッセージのやりとりで恋愛感情を高められる人もいますが、彼はどちらかというとそういうタイプではなく、男性的な感性の持ち主なのかもしれませんね。

仮にそうだとすれば、「彼はメッセージでは距離が縮まりにくい相手」だと心得ておくといいかもしれません。楽しいデートができた実績があるわけですし、外出制限が和らいだ際には、もう一度デートするチャンスはきっとあると思います。それまでは無理に距離を縮めようとせず、近づいたり離れたりしつつ、“現状の距離”のキープに努めるのが最善、という印象を受けました。

「話したいな」という気持ちを、彼にも芽生えさせてあげよう

簡素な文面でも、「しっかり返信をくれる。数日間放置されることもない」という点は、彼の「トピ主さんとの関係を続けたい」という意思表示と判断していいと思います。ただし、「常にこちらからばかり会話を始めている」状況なのであれば、ちょっと変化を起こしてみても良さそうです。上述のように、「放っておいても連絡が来る」と思えば、関係を維持する努力をしなくなりがちなのが人の常。「話題が続かないなら、いったん終了し、別の友達とのやりとりを楽しんでいよう」くらいの感覚でいたほうが、結果的に彼とも良い関係を維持できるように思います。

気のないそぶりをする必要はありませんが、「対等なやりとり」を心がけるといいかもしれませんね。悩みながらひたすらメッセージを送り続けるよりも、いったんお休みし、「彼のほうから会話を始めてくれた」という機会を持てたほうが、きっとトピ主さんの幸福感は増すはず。「私と話したいと彼にも思ってほしいからこそ、送り過ぎない」と決めておくのも良案かと思います。

あるいは、「次に会ったら驚かせてやる!」なんて目標を立てて、自分のこと(知識や外面を磨くなど)を頑張ってみるのも一案です。彼の趣味分野を勉強しているならば、文面で小出しにせず、「次のデートで直接話す用」に取っておくのもいいかもしれません。会える日までは、ふっと気持ちがうれしくなるようなメッセージを一通一通、大切に送り合えるといいですね。応援しています。

発言小町のトピはこちら⇒「婚活。コロナでお相手と会えない中、どうやって距離を縮めるか…」 

【エキサイトからのおすすめ】
外山ゆひら(とやま・ゆひら)

 女性誌の編集を経て、フリーランスに。主に対人関係、恋愛心理、コミュニケーションに関する記事や、エンタメ・カルチャーの紹介コラムを担当。芸能人から一般企業の方まで、例年100人前後のインタビューを実施。産業カウンセラー・心理相談員資格有。

【恋愛で悩んでいるあなたへ】

今は外出自粛したいのに…旅行やデートをしたがる彼に困っています

男性と“バカな関係”を持ってしまい、心が抜け殻状態です…

人としてありえない! 結婚予定だった彼と破局しました

どうしてあんな子と…元カレが選んだ女性に納得いかない