「40歳代独身女性」でひとまとめに扱われ、傷つきました…!

恋活小町

「嫌なくくりで仲間にされました。」と題する女性からの投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。41歳で独身のトピ主さん。先日、職場で40代後半とみられる女性が年下の同僚と会話をしていたところ、突然、女性がトピ主さんに「40過ぎると出会いがないし!ね?」と話を振ってきたそうです。それほど親しくもない人に言われて嫌な気持ちがしたというトピ主さんは「40歳過ぎると、同じ括りにされるんだなと傷ついた」と心境をつづり、「いい年して独身だと、このような扱いをされるのは仕方ないのでしょうか」と問いかけています。

「軽々しく触れられたくない話題」だったのは、同じかも?

「同じ40代とはいえ、年上の方に悪い括りで、一緒にされたくないと感じた」とトピ主さん。自分には男性との交際経験も告白された経験もあるし、それが結婚につながっていないことに落ち込む瞬間はあるものの、今も男性に誘われる機会はあるそう。「年齢的にも、恋愛状況的にも、私はあなたと違うのに!」と感じたようですね。さらに、後の投稿には「自分の一番気にしていることだから、傷ついた」という一文もあり、軽々しく他人に言及されたくはないテーマだったことも読み取れます。

客観的に見るならば、その年上の女性(Aさんとします)も、逃げ場がない状況だったのだろうと感じました。Aさんは周囲に仕事の愚痴を言ったために、「じゃあ婚活して辞めちゃえばいい」と言われてしまった。自分の愚痴がきっかけとはいえ、Aさんも触れられたくない結婚の話題を不意に持ち出されて戸惑い、とっさに近くにいた(他の同僚よりは年齢が近そうな)トピ主さんに助けを求めたのだろうと推測します。

女性の「その先」の人生を考えてみよう

後の投稿には「子供を持てるリミットなどについて、一番悩んでいた時期なので、過剰に反応してしまった」という一文もありますが、40歳代はそうした体の変化をどう受け止めていくか、というテーマも出てくる年代。「1歳の違いがとても大きい」とトピ主さんが考えるのは当然だろうと思います。子どもを産む体から卒業することへの不安があって、だからこそ、年上のAさんの発言に強い抵抗を感じてしまったのかもしれません。

さて、ここで考えてみたいのが、“その先”の人生についてです。トピ主さんは「子どもを産む体を卒業してからの人生」や「性的恋愛との関わりが薄くなってからの人生」は無価値だと思いますか? 出産をせず“その先”へ行った女性の人生は、寂しくて退屈なものだと思いますか? 世の中をよく見渡してみると、そうではないケースがあることに気づけるはず。未婚でも子どもがいなくても、自分なりに楽しみや生きがいを持ってほがらかに生きている先輩女性たちの姿は、意外と多く見つけることができるように思いますが、いかがでしょうか。

人生100年時代、“その先”に進んでからの年数も、人生の半分近くを占めます。あからさまに恋愛や性の対象として見られる機会は減ったとしても、「ひとりの女性としてすてきだ」「人として、一緒にいて楽しい」と思ってくれるパートナーや友人を持つことは、その先でも十分に可能です。しかし、そんなふうに前向きに捉えにくいのはなぜなのか――。

ひとつの要因として、世の中の一部に「子どもを産んでこそ一人前、女性として価値がある」などと公言するような人がいまだにいて、それに知らず知らず影響を受けている……ということは挙げられると思います。そしてそれこそが、今回トピ主さんが本当に反発すべきものの正体ではないか、という気がするのです。

“世間”から解放されると、新たな魅力が出てくることも

そういった風潮が、今すぐ完全になくなることはないかもしれません。でも今は異を唱えている人もたくさんいますし、公言はせずとも、心の中でそれらを無視して生きてみることは可能です。

何歳だろうと、子どもを産んでいようといなかろうと、結婚していようといなかろうと、私の人生の価値は私が決める。私の大切な毎日に、無遠慮に踏み込ませない――。そう本気で思えると、“自分が大切だと思える人生を作ること”のほうに夢中になるので、年齢や結婚歴で判断してくるような人がいても、「へえ、そういう人もやっぱりまだまだいるんだね」などと大抵は聞き流せるようになると思います。Aさんのような人に対しても、「あなたも私も大変ね。でも、お互い頑張って自分の人生やりましょ」くらいの感覚で接することができるかもしれません。

それに、大々的にクローズアップされる機会は少ないですが、世の中には年齢を経るごとに、よりすてきになっていく人もいます。若い頃のように、世間ウケや異性ウケを“過剰に”気にしなくて済むようになったことで引き出される率直な魅力や、本当の意味で「私は私」を貫ける、しなやかな強さが備わってくるからではないかと私は思います。

そうした人たちは総じて、「人に優しく、自分にはもっと優しく」という、軽やかで自由なスタンスを持っています。怒るべきときは怒りますが、何よりも自分が気分よくいられる瞬間や毎日を大切にする――。この先まだまだ長い人生を自分なりに幸せに生きるためにも、ぜひそんな強さを身につけていきませんか? 

年齢も結婚歴も関係なく、いつだって気の合う人との交流や好きなことを楽しみながら、私は自分の人生を生きていい。今回の件は、そんな「大いなる自分への許可」と「この先もほがらかに生きる決意」につなげるキッカケにするのが、一番、有意義な乗り越え方ではないかなと思いました。気持ちをスッキリさせるための何らかのヒントになれば幸いです。応援しています。

【エキサイトからのおすすめ】
外山ゆひら (とやま・ゆひら)

 女性誌の編集を経て、フリーランスに。主に対人関係、恋愛心理、コミュニケーションに関する記事や、エンタメ・カルチャーの紹介コラムを担当。芸能人から一般企業の方まで、例年100人前後のインタビューを実施。産業カウンセラー・心理相談員資格有。

【恋愛で悩んでいるあなたへ】

「結婚しないこと」はワガママなのでしょうか …

私がもっと大人になるべき? 「疲れる相手」との付き合い方

女性から告白すべき? デートはしているのに進展しません

仕事は楽しいけれど…。40歳独身で親不孝をしています