婚活に無駄な年月とお金を費やした…。40歳、後悔しています

恋活小町

 「愚痴・結果の出なかった婚活」と題する投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。トピ主さんは40歳の女性。20代後半から婚活パーティーの類に参加し続けてきたものの、成果はなし。早々に家を買い、趣味や旅行をして楽しそうに暮らしている独身の先輩や、相談所で結婚を決めた後輩などと自分を比べては、「私ももっと努力すればよかった」と後悔しているそうです。「何も手元に確かなものがなくて、毎日、明日が来るのが不安」「(結婚が)無理だとわかっていたら、こんな無駄なことに年月をつぎ込まず済んだのでしょうか」と悩める心境をつづり、結婚を諦めるためのアドバイスを求めています。

夢に向けて頑張って、迎えたターニングポイント

 数年前に親御さんが急逝されたことも含め、「大きな喪失感を抱え、独身のまま40歳を迎えることになるとは驚き」だとご自身の現状を語っているトピ主さん。未婚で生きていく場合の生活設計をしていなかったこと、婚活パーティー以外の方法を試さなかったこと、婚活に10年以上も時間やお金を費やしてきたこと……等々を後悔されているようです。

 自己分析されているように、トピ主さんが本当に“恋愛や結婚に不向きな人”かどうかはわかりませんが、ともあれ40歳になった今、「誰かと結婚する」という人生設計一本に懸けて歩むことをやめたいと思ったわけですよね。人生における方向転換の時期が来たという“事実”のみを、まずはシンプルに受け止めてみましょう。

 「憧れの仕事に就きたい」「特定の分野で活躍したい」といった目標の場合もそうですが、人生ではひとつの夢に懸けて頑張る時期があるものです。それがかなわなくとも、夢への努力を「やり切った」と思えたとき、「別の道を行こう」と自然に決める瞬間が来ます。周りがどう言おうとも、その時期は本人にしか決められませんし、とことん頑張ったからこそ次の人生を選べるようになる、という側面もあります。

 トピ主さんにも、そうした決断の時期が来たということなのかもしれませんね。結果は伴わずとも、「理想の相手との結婚」という夢を叶えるべく、10年以上頑張ってきたご自身の努力は、「よく頑張ったね」とぜひ認めてあげてください。その上で、「後悔は無用!」と心がけて。有用なネタやアドバイスに昇華させるくらいしか使い道がありませんし、気分を落ち込ませ、表情を曇らせるばかりなら、過去は過去と割り切って忘れることに努めたほうが、はるかにトピ主さんのためになるでしょう。“ここから先の未来”だけに目を向けていきましょう。

人が「生活」だけでなく、「恋愛や結婚」を求める理由

 その後の投稿には、「引き続き貯金をしっかりして」という記述もありました。貯金ができるくらい余裕のある収入や仕事を持っていることだって、十分に誇るべきことではないでしょうか。生活を自分で維持できていることを、背筋を伸ばす力に変えていきましょう。

 恋愛や結婚に関しては、「今更男性にときめいたりワクワクすることもない」けれども、一方で「まだ夢のようなことを妄想して切なくなる」「幸せになりたいのに足りないものばかり数えてしまう」瞬間もあるとのこと。希望を持ち続けるより、あきらめたほうが今のトピ主さんにとっては幸せで、楽に生きられる……というならば、それもひとつの道です。手放してしまえば、時間もお金も自分の“確かなもの”に使うことができる。平穏な心の状態をキープでき、新しい趣味や興味を持てることがあるかもしれません。

 しかし、それなら、なぜ多くの人は恋愛や結婚を求めるのでしょう。思うに、それらが人生や心に大いなる“彩り”を与えてくれるものだからではないでしょうか。先日、小泉今日子さんが出演映画の舞台あいさつで、「(人生では)何もないより、間違えても何かあったほうがいいと思う」と語っていたのが印象的でした。積極的に婚活はせずとも、「恋愛や結婚を求めるのは無意味」とまでは決めつけないでおくのも一案。「彩りを感じられる出来事に出会えたら」という願いは持ちつつ、自分の生活をきちんと遂行していくのも、ひとつの生き方だと思います。

恋愛・結婚は諦めたとしても、人生は諦めないで

 一般的に考えれば、何十年かある残りの人生。どんな楽しい出来事を迎えたいのか。どんな幸せな時間を望むのか。それは、人それぞれ違います。トピ主さんは、どんなことをしている時間が一番幸せですか? その答えを見つけ、大切にしていくと、人生の見え方は随分違ってくると思います。

 「40歳という年齢はいろんなことを諦め、手離す時期ではないか」「些細ささいなことで未婚の歯痒はがゆさを感じながら歯を食いしばる」といった記述もありますが、今の自分の年齢や状況に合った楽しみや時間を持つことも、ぜひ考えてみてください。仮に恋愛や結婚を諦めたとしても、「自分の人生をいいものにしようとすること」は、絶対に諦めないでほしいなと願います。応援しています。

発言小町のトピはこちら⇒「愚痴・結果の出なかった婚活」 

【エキサイトからのおすすめ】
外山ゆひら (とやま・ゆひら)

 女性誌の編集を経て、フリーランスに。主に対人関係、恋愛心理、コミュニケーションに関する記事や、エンタメ・カルチャーの紹介コラムを担当。芸能人から一般企業の方まで、例年100人前後のインタビューを実施。産業カウンセラー・心理相談員資格有。

【恋愛で悩んでいるあなたへ】

“いい感じ”だった相手とダメになりそう。打つ手はある!?

アプローチして引かれてしまった。どうすれば「好きな人」に好かれるの?

忙しい彼氏と会えない…理解したいけど我慢の限界です!