40歳過ぎたら、婚活を諦めるべき? 覚悟を決められません

恋活小町

 「婚活・40歳女性どうしたらいいのか…」と題する投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。あと1か月半で40歳になるトピ主さん。長年婚活をやってきたものの、ここ3年は出会いすらない状況。周りには結婚相談所に申し込んで、あっという間に結婚した人もいますが、トピ主さんは「自然な形で出会いたいので覚悟を決められずにいる」といいます。そして、「40歳過ぎたら婚活ってどうしたらいいんでしょうか」と悩める心境をつづっています。

「40歳代以上でも結婚に前向きな人」とは、何が違う?

 40歳代で婚活をしている人や結婚した人の話ならば、昨今さまざまなメディアで目にすることができます。「40歳代でも結婚したい(する!)」と前向きに取り組んでいる人や、取り組み方を探すのも、そう難しくはありません。以前に比べれば、結婚のタイミングは比較的“本人次第”になってきているように思います。

 もちろん、若い頃に比べれば簡単ではない部分はあるかもしれません。でも、だからといってネガティブな気持ちにばかりとらわれていれば、世の中はより暗いものに見えてしまうでしょう。状況はどうあれ、自らの結婚願望に対して前向きに取り組んでいる40歳代以上の人は、意識的にしろ無意識的にしろ、明るい光の方向を向いている人なのかもしれません。

 「結婚しなくてもいい、別の形で自分なりに幸せに生きる」と決めて踏み出すのも、ひとつの“明るい生き方”です。しかし、トピ主さんには強い結婚願望がある様子。諦めたくない思いがあるならば、意識的にでも明るい方向を見るようにして、希望を持って努力をしていくのがベストではないでしょうか。「40歳代で結婚した人もいる。私もそうなりたい!」。そんな決意をしても、誰もトピ主さんを批判する権利はありません。まずは「諦めない」と決意してみましょう。

「自分で自分を認めることができている状態」を目指そう

 “わりと美人”ではあるものの、取り柄もなく家事も苦手。仕事も正社員の経験はない。体力も低下しており、体調や気持ちが落ち込み気味だというトピ主さん。「褒められるべきものを持っていないから、自分の人生を誇りに思えない」という心境が伝わってきます。でも、正社員でなくても、家事が苦手でも、体力がなくても、自分の人生を愛し、誇りに思っている人はいます。

 異性や他人と円満に生きていくためには、実は細かな条件よりも、「自分で自分を許容できるか」ということが重要になってきます。それは、大人としての精神的自立ということでもあります。100%でなくとも、「私の人生もそれなりに悪くない」程度に思えれば、表情も発言も健やかになり、結果的に異性との良縁も生まれやすくなるでしょう。

 どうしても今の自分に自信が持てないなら、今から努力をしてみるのもオススメです。下手でも家事をする習慣をつけてみるのもひとつですし、正社員の職を探したり、副業を模索したりすることもできます。気持ちに元気がないなら、夢中になって楽しめることを探してみるのもいいでしょう。

 ネガティブな気持ちにさせられるような人や情報から離れることも大事です。できるだけ、前向きな気持ちになれる人や情報のほうに積極的に触れていきましょう。「生きにくい世の中」という記述もありますが、世の中のせいにしても何も変化は起きないし、落ち込んでいても、誰かがトピ主さんの結婚を決めてくれるわけではないですよね。「落ち込む日もあっていいけれど、ずっと落ち込んだままではいないようにしよう!」くらいの心がけは、ぜひ身につけていきましょう。

若い子と同じ土俵で戦っても仕方ない!? 自然な形で出会うには?

 また投稿には「最近はあからさまに若い子との対応に差をつけられるため、ガッカリすることも多い」という記述も。女性の魅力が若さにしかないと本気で思っているならば、若い子には当然、負けてしまうかもしれません。しかしながら、年齢を重ねて身についた寛容さや生きる知恵、様々な経験をしたからこその賢明さや強さがある……などと自分なりに今の自分に誇りに思えている部分があるならば、「すてきだな」と思われる機会は決してゼロではないと思います。

 世の中には、「尊敬できる点を持っている」「心地よくいられるすべを身につけている」といったことに魅力を感じて、女性を選ぶ男性もいます。若さ“だけ”で女性を判断する男性なら、こっちだって用はないしね、くらいに捉えて、今の年齢の自分に見合う魅力を磨いていきましょう。

 最後に、出会い方について。投稿内容にあるように恋愛の過程が不要だとか、条件が気になるというならば、相談所のほうが正直、効率はいいと思いますが、あくまで自然な出会いにこだわるならば、“異性と知り合うための努力”だけは積み重ねるほかありません。どこでも積極的に出かけていき、出会えない日が続いても、足を運んだ自分のことを褒めながら、とにかく足を止めないことです。ずっと頑張るのが疲れるならば、緩急をつけて。まずは「39歳の残り1か月半、出会い活動に励むぞ!」と決めて、頑張ってみてもいいかもしれませんね。不安や葛藤は誰しもあると思いますが、としを重ねていく自分を嫌っていても、いいことはひとつもありません。年齢とはうまく付き合っていきましょう。応援しています!

発言小町のトピはこちら⇒「婚活・40歳女性どうしたらいいのか…」 

【エキサイトからのおすすめ】
外山ゆひら (とやま・ゆひら)

 女性誌の編集を経て、フリーランスに。主に対人関係、恋愛心理、コミュニケーションに関する記事や、エンタメ・カルチャーの紹介コラムを担当。芸能人から一般企業の方まで、例年100人前後のインタビューを実施。産業カウンセラー・心理相談員資格有。

【恋愛で悩んでいるあなたへ】

婚活10年選手。休みたくなる気持ちに喝をください!

「告白を断るんじゃなかった!」 30代後半になり、後悔しています…

子どもが欲しいので婚活中ですが、男性が苦手です