男性に「誠実さ」ばかりを求めてしまう…。どうすれば信頼できる?

恋活小町

 「男性に誠実さや一途いちずさばかりを求めてしまう」という悩みを打ち明ける投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。これまで何人かとお付き合いしてきたものの、すべて「浮気に対して異常におびえて疲れきってしまう」「相手を信用出来ない」といった理由で1年以内に別れている……というトピ主さん。愛することや信頼関係がどういうものかピンとこないため、アドバイスが欲しいとつづっています。

原因を探っても、解決策が生まれないことも

 交際相手ができると、起こるかどうかも分からない悪い未来に思いを巡らせ、精神的に疲れてしまう、という状況なのですね。しかし、トピ主さんはもともと悩みがちな性格というわけでもない。のちの投稿によれば、「細かい事は気にしないポジティブさ」や「生きてりゃどうにかなる~くらいの呑気のんきさ」がある性格で、「仕事、趣味、友人。恋愛以外はかなり充実している」ようです。にもかかわらず、「なぜ恋愛になった途端ここまで恐怖心に狂うのか、自分でもわからない」とつづられています。

 「周りの環境で遊び人が多い事や、過去に父の浮気があった事が原因の一つにあるかも」とのことですが、原因を探り当てても解決策にならないケースもしばしばあります。それよりも、今、「過剰に誠実さや一途さを求めてしまう自分」から変わりたいと思っている……という事実だけを強く意識してみることを勧めます。

 トピ主さんは、「裏切られてもいないのに別れたり、過剰に誠実さや一途さを求めることの無意味さ」に気付き始めているのですよね。それだけでも、大きな一歩です。「男性を心から信用したい、愛してみたい」と思い始めた“新しい自分”を、まずは歓迎してあげましょう。

他者の心はコントロールできない。それなら?

 その上で、悩みを具体的にひも解いてみましょう。交際相手に一途さや誠実さを求めてしまうのは、要するに「相手の心を、こちらの望むようにコントロールしたい」ということになるかと思います。そのような願望を持つと、なぜ恋愛がダメになりやすいのか。

 例えながら説明していきますね。「暗闇を走るジェットコースター」の乗り場にいる自分の姿をイメージしてみてください。どんなコースが待っているのかは見えません。激しい急勾配があるかもしれない。でも、そのコースを自分でコントロールすることはできない。

 このようなときでも、コースターのかじを取ろうとあらがうのか。それとも肩の力を抜き、流れに身を任せてしまうのか。どちらがいいと思いますか?

 「人を信じ、愛すること」もこれと同じではないかと思うのです。他者の心はコントロールできないにもかかわらず、その事実に抗ってばかりいれば、トピ主さんの恋愛のように、ただただ無用に疲れてしまうだけ。であれば、ハッピーなゴールへたどり着くと信じて身を任せてみたほうが、自分にとってラクだし、しかも幸せなのではないのか――。

 そのように大らかに構えるためには、「私はきっと大丈夫」という自分への信頼感や、人生そのものに対する「安心感」が必要になってきます。

「私は大丈夫」という“安全ベルト”を、心のなかに作っていこう

 トピ主さんはきっと“先の見えないジェットコースター”に乗るのが怖かったのでしょう。だから今まで、「本当に誰かを好きになること」から本能的に逃げてきた。心の距離が縮まれば、その部分に向き合わなければならなくなる。だから、交際期間が長くなるほど、不安が増してしまう。その不安から逃げたいあまり、何かと理由をつけては相手を否定して、別れを繰り返していたのではないでしょうか。

 これから少し時間をかけて、心のなかに「安全ベルト」を作っていきましょう。それはつまり、「何が起きても、私は大丈夫だと信じる力」であり、「少しくらい傷ついても、立ち直れる自分を信じる力」のことです。誰かを愛するという道程で、多少ジェットコースターが揺れても、振り落とされないように。心を鍛え、確かな安全ベルトを持てれば、今感じているような「怖さ」はきっと少なくなるはずです。

 心を鍛える方法はいろいろありますが、一番簡単な方法を紹介しますね。毎日鏡に向かって、「私は強い。私は素敵すてきだ。私は絶対に大丈夫!」と唱えてみてください。そして、一日の終わりに、「今日良かったこと」を一つ以上書き出してみてください。それだけでも、小さな変化が起きてくると思います。

 そうしていつか、「何が起こるかわからないけど、怖がらず愛してみよう」と思えるように。「その先に望む幸せがあるならば、信じて身を委ねてみよう」と思える日が来るように。堅実に心を鍛えながら、自分や人生への安心感を獲得していきましょう。応援しています。

発言小町のトピはこちら⇒「恋人を信用すること・愛する事とは」 

【エキサイトからのおすすめ】
外山ゆひら (とやま・ゆひら)

 女性誌の編集を経て、フリーランスに。主に対人関係、恋愛心理、コミュニケーションに関する記事や、エンタメ・カルチャーの紹介コラムを担当。芸能人から一般企業の方まで、例年100人前後のインタビューを実施。産業カウンセラー・心理相談員資格有。

【恋愛で悩んでいるあなたへ】

短命交際ばかりで長続きしない31歳の私。いったいどうしたらいいの?

失恋から進めない“引きずり三十路女” 私は結婚できるの?

仕事は楽しいけれど…。40歳独身で親不孝をしています