「妥協婚」が当たり前? 結婚との向き合い方がわかりません

恋活小町

 「理想のタイプの男性とは、結婚できないのが当たり前なの?」と問いかける投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。婚活疲れで、2年ほど彼氏がいない状況というトピ主さん。既婚の男友達から「世の中の人はほとんどが、そこそこの相手と結婚してほどほどの幸せで満足している」「いつまでも理想の相手を探したり出会いを待ち続けたりするのは意味がない」と言われたことが気にかかっているそうです。結婚との向き合い方について、心の持ちようを教えてほしい……と問いかけています。

「妥協婚」をしたくないなら、しなければいい

 仮に、世の中の多くが彼の言うような結婚をしているのだとしても、トピ主さんはそれを受け入れたくないのですよね? 投稿からは「自分の好きな人と結婚したい」という思いが伝わってきます。誰がなんと言おうと「妥協婚」をしないという選択はある。しかし、迷ってしまうのは、「出会いもないまま時間が過ぎていること」に不安が募っているからのようですね。妥協婚をしなくて済むためには、どうすればいいのか。一緒に考えていきましょう。

「相手に感謝の気持ちを持てるかどうか」は、幸せの鍵かも!?

 ひとつ、ヒントになると思う事例をご紹介します。長らく婚活をしていたものの、うまくいかず、精神的に不安定になり、病気にまでなりかけていた女性がいました。その頃、今の旦那様と出会い、理想のタイプとは正反対ではあったものの、心落ち着くものを感じ、結婚を決めました。そして今、彼女はとても幸せそうです。「あの頃は本当につらかった。結婚してくれた旦那に本当に感謝している」と言っていました。

 “ひとりでいること”の不安を、“ふたりでいること”は和らげてくれる。一度きりの人生を自分と歩むと決めてくれたことに、感謝の気持ちを持てる。「相手が理想のタイプか」ということよりも、「このような感謝の気持ちを持てるかどうか」が幸せな結婚の鍵になるのかもしれない、と私は感じました。

 もちろん、理想を持つのは、悪いことではありません。誰にだって好みはありますし、嫌いな相手を無理に選ぶ必要もない。ただ、「自慢できる見た目や条件の相手」といった観点で異性選びをしているならば、上記のような幸せの境地は見えてこないでしょう。

 そう書いたのは、「相手を自分好みに改造できるのか?」という一文が少し気になったからです。綺麗きれい事に聞こえるかもしれませんが、相手を敬う気持ちは多少なりとも持っていないと、結婚したところで、結局は破綻してしまう可能性が大。「妥協で、渋々一緒にいてやっている」なんて気持ちでいれば、相手が誰であっても、絶対に幸せは感じられないことでしょう。

 自分の理想のタイプを選んだところで、必ずしも“幸せな結婚”になるとは限らない――。そう考えれば、トピ主さんの本当の目標は「幸せな結婚がしたい」ということではないでしょうか? もしそうであれば、そういう相手を見抜く力を持ち、自分も幸せを感じられる人間になる必要があります。その点はしっかり自覚しておきましょう。

「妥協婚」といった男友達の真意は?

 「自分は妥協婚をした」と言ってきた、男友達。その真意には、2つの可能性を感じました。まずは、「そう言いながらも、結局はのろけているだけ」という可能性。世の夫婦のなかには、お互いに悪態を付き合いながら、心の底ではそれなりに思い合っている、という方々もたくさんいます。その男友達も、「最初は妥協だと思った相手でも好きになれるし、幸せだから大丈夫だよ」と背中を押したくて、そんなことを言ったのかもしれません。

 あるいは逆に、彼は今、あまり幸せを感じていないからこそ、後付けで「これは妥協婚だ」なんて心境になっているのかも……という推測もできます。今の満足いかない状況を自分に納得させるために、「結婚なんて、どうせそんなもの」と考えたいのかもしれません。

 どちらにせよ、人の言葉には、その人の現在の状況や心理背景が色濃く反映されるもの。もしも状況が変われば、彼が「やっぱり結婚は妥協でするべきじゃないね!」などと言い始める可能性だって大いにあります。「そこまで一貫した信念があって言っていることではないだろう」と考え、話半分に受け止めるのがベストではないかと思います。

 「トキメキがなくても結婚できるのか?」といった問いかけもありますが、「トキメキはないけど、なんだか楽しいな」と思える相手に出会えれば、そんな迷いもどこかへ吹き飛んでしまうもの。リアルな誰かに出会うというのは、それくらい力のあることです。まずは異性との関わりを増やしに外へ出かけていくことが、「妥協婚ではない結婚」をするための一番の解決策になるのではないでしょうか。

 また、生き生きと過ごしていたほうが恋愛のチャンスも増えるでしょうから、自分の日々を充実させていくのも手です。どちらにしても、まだ見ぬ相手を想像して悶々もんもんと悩むよりは、トピ主さんを幸せな方向へ導いてくれるはず。周りの意見は適当に吹っ切って、自分の人生をしっかり生きていきましょう! 応援しています。

発言小町のトピはこちら⇒「好きな人と結婚した方、どこで出会いましたか?」 

【エキサイトからのおすすめ】
外山ゆひら (とやま・ゆひら)

 女性誌の編集を経て、フリーランスに。主に対人関係、恋愛心理、コミュニケーションに関する記事や、エンタメ・カルチャーの紹介コラムを担当。芸能人から一般企業の方まで、例年100人前後のインタビューを実施。産業カウンセラー・心理相談員資格有。

【恋愛で悩んでいるあなたへ】

大好きだけど、彼とは「結婚したい」と思えない。どうしたらいいの?

短命交際ばかりで長続きしない31歳の私。いったいどうしたらいいの?

30代にもなって、「恋愛に振り回される自分」が嫌いです