友人関係を壊さずに、男友達に告白する方法は?

恋活小町

 「異性の友達に告白したい」という内容の投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。トピ主さんは20歳代後半。この2〜3年、仲良くしている同世代の男友達のことが気になっています。告白したいと思っているものの、「とても良い友人なので、この関係まで壊れたら、と思うとなかなか切り出せません」とのこと。「友人関係を壊さずうまく気持ちを伝えたり、少し関係性を変えたりするにはどうしたらいいのでしょうか」と問いかけています。

「友人関係が壊れても仕方ない」という覚悟は必要

 「一応女性として見てもらっていることは間違いない」けれど、「恋愛対象なのかはよく分からない」とトピ主さん。遠距離に住んでいるため、年に数回、仕事の用事で会うたびに2人きりで遊んでご飯を食べに行って解散、というのが常。「双方ともお酒はあまり飲まないので、どうも健全な雰囲気で余計に(話を)切り出しにくい」といった記述もあります。

 二人きりでたくさん会っているとなれば、彼がトピ主さんに人として好意を持っているのは確かだと思います。しかし現状、彼のほうからのアプローチはない。理由はどうであれ、「これ以上は踏み込まない」という選択をお互いが続ければ、状況は変わらないでしょう。となると、やはり「恋人になりたい」と願う側が行動してみるしか、関係を変えるきっかけはない、ということになります。

 ただその場合、「友人関係を失うかもしれない覚悟」は必要です。逆の立場になって想像するとわかりやすいと思いますが、片方だけが友達のラインを越えたいと願って、それを行動に移した場合、それまでと同じように“友人”として付き合っていくことは、すぐには難しいケースが多いように思います。

 「はっきり言ってしまうと、友人としてもダメになってしまうのでは?と堂々巡り」とのことですが、ダメになってしまう覚悟ができてから、アプローチを始めてみるのもひとつ。その覚悟がないままにアプローチをしてしまうと、望まない結果となってしまったとき、「やっぱり、しなきゃよかった」という強い後悔が残ってしまうように思います。

 それに、好きになってしまった以上、トピ主さんにとって彼はすでに“友人”関係ではない、という考え方もできます。会えなくなるのが嫌ならば、もうしばらく友達でいるのもひとつですが、「今の関係ではもう我慢ができない」という段階まできているならば、その覚悟ができるといいですね。

できるだけ関係がこじれないように、アプローチをするには?

 最大限、慎重にアプローチをしていくことは可能です。彼はあまり恋愛経験がないとのこと。今までトピ主さんがしてきたアピールは、全く気が付いてもらえなかった様子。そういう相手だからこそ、いきなり告白してしまうと、逃げ道がなくなり、追い詰められてしまうかも。「友達か恋人かを今すぐ決めなければ」というプレッシャーで、逃げてしまうかもしれません。

 ですので、まずは、今までよりは強くほのめかす形で、反応を探ってみてはいかがでしょうか。例えば、別れ際に「もう少し一緒に過ごさない?」と提案してみる。「◯◯くんと付き合ったら、こんな感じで楽しいのかな?」などと軽くジャブを打ってみる。じっと何秒か見つめてみる。肩や背中に触れてみる……などの方法が考えられます。告白は最終手段として取っておき、急がず焦らず、彼のほうにも考える時間をあげましょう。

 彼が多少戸惑ったとしても、そこからトピ主さんと距離を取るような態度をしないようであれば、また次の機会にもう一歩……と少しずつ近づいてみる。彼も好意を持っているならば、どこかの時点で、グッと仲が深まるタイミングが来るかもしれません。

NOだとしても、今回の結果がもたらす未来は必ずある

 しかし、「これ以上、距離を縮められたくないのだな」と思えるような拒否の態度を彼が取ったときは、スッと引くことが肝心です。その後はこちらから「会おう」とは誘わず、しばらく受け身での関係に徹するのがベストだと思います。「やはり、トピ主さんとのことを失いたくない」と思えば、彼のほうから行動してくるでしょうし、友人に戻るにしても、ほとぼりが冷める時間を少し設けたほうがベターでしょう。

 もちろん、そのまま疎遠になってしまう可能性もあります。その場合は、残念ですが「アプローチした結果だから、受け入れるしかない」と受け止めましょう。

 それに、1対1の異性の友人関係は、どちらかに特定の相手ができてしまうと、意図せずとも自然に疎遠になってしまうケースも少なくないもの。「早めに答えが出てよかった」「私の運命の相手はこの人じゃなかった、というだけだ!」とすっぱり諦め、前に進んでいくのが最善だと思います。

 何度かの片思いを経て、ようやく交際相手にたどり着いたときに、「今回はスルスルと付き合うことになって……」なんて語る人は少なくないもの。タイミングなども含め、運命の相手とは、それほど難なく交際にシフトしていくものなのかもしれません。今回の彼がそういう相手かどうかは神のみぞ知るところですが、人を好きになれるというのは、それだけで喜ばしいことではないでしょうか。その喜びを胸に、明るい気持ちでアプローチできるといいですね。応援しています!

発言小町のトピはこちら⇒「異性の友達に告白したいのですが…」 

【エキサイトからのおすすめ】
外山ゆひら (とやま・ゆひら)

 女性誌の編集を経て、フリーランスに。主に対人関係、恋愛心理、コミュニケーションに関する記事や、エンタメ・カルチャーの紹介コラムを担当。芸能人から一般企業の方まで、例年100人前後のインタビューを実施。産業カウンセラー・心理相談員資格有。