2か月も会えない彼氏。「キープされている」だけなの?

 発言小町に、「キープでしょうか?という投稿がありました。トピ主さんは交際3か月の彼がいます。最初の1か月、彼はトピ主さんと会う時間を作っていたようです。しかし、その後は1度しか会えていないとか。彼は「仕事が忙しい」と言っているそうですが、トピ主さんは「キープなのでは?」と疑問に感じ始めているようです。

「交際前にどれだけの関係を築いたか」も判断材料に

 彼からLINEの連絡はあり、忙しいという仕事の内容も教えてくれているそうですが、トピ主さんはどこかで信じられないからこそ、「キープされているのでは」と不安になっているのでしょう。

 この場合、「交際前の期間の長さ」が判断基準になるかもしれません。半年から1年以上、それなりの友人期間があってから交際し始めたのだとしたら、二人の関係の“基礎”はそれなりに築かれており、忙しさが落ち着いたらまた会えるようになる可能性もあるように思います。

 ですが、二人が知り合ってすぐ交際を始めたのであれば、「3か月で会えなくなった」という事実は少し気になります。完全に心が離れたわけではないものの、「少し冷めかけてきている」という状況かもしれません。

 知り合って3か月以内の恋愛は、いわば“お試し期間”のようなもの。建物の基礎部分ができる前に進展がストップしてしまった場合、「縁がないのだろう」と判断して次へ進むか、もう少し頑張ってみるかはその人次第。トピ主さんはどちらを選びたいのでしょうか。

「キープされるかどうか」を決めるのは、自分自身

 いい機会なので、「キープ」について考えてみたいと思います。キープというのは、自分本位に異性をきつけておこうとする異性の行動を指します。「口では関心や好意があるようなことを言いながら、時間や労力を全く使おうとしない」というのは、キープかどうかのひとつの判断基準になるでしょう。

 ただ、「キープしよう」としてくる異性がいたとしても、自分がその状態を望まなければ、いつでも自分の足で逃げることはできます。幸せになるには、主体的な姿勢がとても大切です。「自分がよくない状態にあると思ったら、それを変えようと行動する」というシンプルなルールだけが、人生をいい方向に導いていってくれるように思います。キープだと感じるときは、無策にただ不満をこぼすのではなく、必ず何かしらの選択と行動が必要です。

女性側が構っているかぎり、男性は走り寄ってこないかも

 彼からのアプローチで付き合ったそうですが、トピ主さんは彼にどのくらいの愛情を感じていますか。 「もう別れてもいい」と思っているならば構わないのですが、「彼が好きで、自分からは去りたくない、別れたくない」と思うのであれば、少し長期戦で考えてみるといいと思います。

 ただ、今までのような「キープされているの? どうなの?」なんてスタンスでは、関係は悪くなる一方と予想できます。彼の愛情の目盛りが下がっているときは、自分も同じように下げ、バランスを保つこと。その間に、トピ主さんが“余裕”のある精神状態と態度を取り戻せたら、再び彼の愛情の目盛りを上げられることもあるかもしれません。

 以前、公園でこんなシーンを見かけました。5歳くらいの息子さんを連れたお母さんが友達家族と遊びに来ていました。息子さんはすぐにボール遊びに夢中になり、あっという間に蹴りながら遠くへ行ってしまいました。お母さんは友達とおしゃべりをしていましたが、ふいに友達の赤ちゃんを抱っこしてかわいがろうとします。すると、彼女の息子さんが駆け寄ってきて、「ダメ、ママ!」「僕を抱っこ!」と甘え始めたのです。

 「自分のしたいこと」に夢中になりがちな男の子。でも、お母さんのことはチラチラ気にしていたようで、自分以外の人に取られるのは絶対に嫌だったのでしょう。母親と恋人は違いますが、もし、彼にもこの男の子と同じような心理があるとしたら、トピ主さんが別の対象に目をそらして初めて、彼は心配になって走り寄ってくるようにも思います。

 ということで、彼と別れたくないならば、ひとまず生活の中での恋愛の優先順位をぐっと下げ、しばらく自分が楽しいことや頑張るべきことに没頭することをおすすめします。トピ主さんが「時間作らないなら、別に会えなくてもいいわよ」くらいの“余裕”の態度をとれたとき、彼はどんな反応を見せるか。キープなのかどうかも含め、そのときに彼の本音や愛情が見えてくるように思います。

 

外山ゆひら (とやま・ゆひら)

 女性誌の編集を経て、フリーランスに。主に対人関係、恋愛心理、コミュニケーションに関する記事や、エンタメ・カルチャーの紹介コラムを担当。芸能人から一般企業の方まで、例年100人前後のインタビューを実施。産業カウンセラー・心理相談員資格有。