臆病者の私。「長年の男友達」に、どうアプローチすればいい?

イラスト・いわしま ちあき

 20歳代半ばの女性から、発言小町に「長年の男友達を好きになってしまいました」という投稿が寄せられました。

 学生時代の後輩でもある“長年の男友達”を好きになった、というトピ主さん。しかし、今まで彼氏がいたこともなく、その彼と二人きりで遊んだこともないため、「何をどうすればいいのかわからない」状態。「臆病者で、全く行動ができない」と心境を吐露し、「私に一歩踏み出す勇気とアドバイスを」と求めています。

「友達でいれば、いつまでも仲良しでいられる」とは限らない

 その彼とは大学を卒業して会う機会が減ってしまったものの、「今もSNSでつながっており、くだらない話で盛り上がることもある」そうですね。「長年の友達」である2人の今後には、どんな展開が考えられるのか。以下の4つがあると思います。

(1)どちらかが恋心を伝え、「恋人」となる
(2)恋心を伝え、恋人にはなれないものの、「友達」として関係を続ける
(3)恋心を伝え、今までどおりの関係ではいられなくなり「疎遠」になる
(4)恋心は伝えず、ずっと「友達」として付き合っていく

 トピ主さんが一番(かな)え たいのは、(1)ですよね。彼からの告白があればベストでしょうが、待っていても変化がないようなら、やはり、トピ主さんが行動していく必要があるでしょ う。思いきって恋心を伝えたとしても、成就しない可能性はもちろんあります。その後(2)のように、友達として今までどおり付き合っていくか、(3)のよ うに気まずくなって疎遠になってしまうかは、お互いの考え方や性格によるでしょう。世の中には、恋愛でのいざこざがあっても友情を続けていける人もいま す。ですが、やはり振られた後も友達として接するには、かなりの精神力も必要です。「こんな苦しい思いをするくらいなら距離を置きたい」と考える人もいる でしょう。

 自分から行動をせず、彼からのアプローチもなければ、 (4)ずっと友達、ということになるでしょう。しかし、だからといって、永遠に今のような関係でいられるとは限りません。時とともに、人の優先順位はどん どん変わっていくからです。そのうち彼に特定の恋人や奥さん、子供などができて自然に疎遠になっていったり、SNSが廃れて疎遠になったり、仕事で遠方に 行ってしまったり……なんてこともあり得るでしょう。

 そうなってから「あのとき告白しておけばよかった」なんて 思っても、後の祭りですよね。「何もせず思い続ける」という選択もありますが、それで心から満足できる結果になることは少ないです。アプローチのタイミン グを見極める必要はありますが、恋愛での幸せをつかみたい気持ちがあるならば、「勇気を出して進んでみる」か、「(その相手のことは)この場で諦める」 か。基本的にはこの2択で考えていくのがベストではないか、とは思います。

「相手に負担をかけない告白」のコツは?

 トピ主さんは「自分からアプローチしたい気持ち」があるものの、「断られるのも、関係が壊れてしまうのも、自分が傷つくのも、彼に負担をかけるのも、怖くて怖くて仕方がない」とのことですね。不安について具体的に見ていきましょう。

 まず、「彼に負担をかけるのが怖い」という点について。女性に好意を持たれただけで「負担」とまで感じる男性は滅多(めった)にいないと思います。負担になってしまうのは、相手が「迷惑だな、嫌だな」と感じられるような言動をしたとき。そうならないためには、アプローチの上で「相手の自由を拘束しない」「気まずい雰囲気にならない」といった配慮をするのがおすすめです。

 彼の意思もあって無理なく会える機会に、落ち着いて思いを 伝えてみる。もしダメだったときは明るく引き下がり、以後は今までと変わらず「友達」の距離感でほがらかに接する――。一例ではありますが、このようなア プローチならば、彼にとっても大きな負担にはならないはず。相手本位の配慮ができる人はそう多くはいませんし、こうした姿勢が「いい子だな」「本当にこち らを思ってくれているのだな」と彼の心を打つこともあるかもしれません。

まずは「2人で会える関係」を目指そう

  続いては、「断られ、傷つくのが怖い」という不安について。投稿には、彼のSNS投稿に「俺って愛されてるな」とあったので、「私も愛してるよ」とコメン トしたら、「いいね」を返された……なんてエピソードも披露されています。「結構私なりに踏み込んだアピールだった」ものの、冗談で流されたような形で終 わった。トピ主さんはこの出来事に軽くショックを受け、傷つくことがさらに怖くなってしまったのかもしれません。

 彼の真意はわかりませんが、今回の件は、他の人にも見える ような場所でノリよく書かれたコメントが、まさか「本気のアプローチ」とは思わなかっただけのような気もします。SNSやメールでは顔が見えない分、大胆 なことも言いやすいですが、そのように中途半端な姿勢で相手の気持ちを探ろうとすると、“それなりの反応”しか返ってこないことも多いです。自分がきちん と勇気を出した分だけ、相手もその本気に真面目に応えようとしてくれる確率が上がる……ということは、ひとつ覚えておくといいかもしれません。

 告白して断られるかどうかは、もう少し先の問題にしておい て、まずは「二人きりで会うこと」を目指してみてはいかがでしょうか。簡単な相談事を持ちかけてもいいと思いますし、彼の趣味嗜好に合わせて、「○○に行 きたいから一緒にどう?」「チケットがあるんだけど一緒に行ってみない?」などと誘ってみるのもいいでしょう。彼が二人きりで会うことをOKするかどうか は、この恋の可能性を見極める上で、ひとつの判断基準にもなると思います。

 2人で会えるようになってくれば、どこかのタイミングで、「男性として素敵(すてき)だと思う」といった褒め言葉を正直に伝えてみるのもいいと思います。もし彼のほうにも好意があれば、「好き」「付き合って」とまで言わなくても、そのひとことだけで十分な進展のきっかけをつかめるはず!

「臆病者」を卒業する方法は? 自分の意思で決断していこう

  臆病者だと自称しているトピ主さん。臆病さで守っているのは、「現状」と「自分の心」ですよね。でも最初の項で説明したとおり、「関係が壊れてしまうこ と」を恐れて何もしなかったとしても、自然と疎遠になってしまう可能性もあります。好きになってしまった以上、「現状維持」を考えるより、「進む」か「諦 める」かを考えたほうが、トピ主さんの明るい未来につながるのではないか……とは思います。

 どうするかは、自分で決心することを大切にして考えていきましょう。誰かのアドバイスを鵜呑(うの)み にして勢いで告白し、失恋となってしまったら、「ほら、やっぱり、勇気を出しても、ろくなことがない」などと後ろ向きになり、今以上に臆病者になってしま うかもしれません。恋が成就すれば万々歳ですが、うまくいかなくとも「これでよかった」と思えるかどうかは、自分の意思で決断したかどうかにかかっていま す。

 「とても優しくて、気さくで、誰の話も真剣に聞いてくれる 素敵な人」だと思えるような恋を、さあどうするか。何もせずに諦めるとしても、トピ主さんが「今回はそうしよう」と決めるならば、それがベストな選択で す。でも、もし自分の意思で「失恋しても構わない、それでもこの恋を頑張ってみたい!」と決断して行動するならば、どんな結果になったとしても、この恋は きっと大きな自信と経験になると思います。自分で自分の背中を押せるといいですね。微力ながら応援しています。

外山ゆひら (とやま・ゆひら)

 女性誌の編集を経て、フリーランスに。主に対人関係、恋愛心理、コミュニケーションに関する記事や、エンタメ・カルチャーの紹介コラムを担当。芸能人から一般企業の方まで、例年100人前後のインタビューを実施。産業カウンセラー・心理相談員資格有。