しんどい遠距離恋愛…。別れずに済む方法は?

イラスト・いわしま ちあき

 発言小町に「海外勤務の彼氏と別れたくない」という投稿が寄せられました。

 トピ主さんは1年半交際していた彼が海外勤務となり、3 か月前から遠距離恋愛が始まりました。月に1度は会っているものの、以前は毎日会うような生活をしていたため、つい「(遠距離が)しんどい」とメールで、 彼に別れを伝えてしまったそうです。しかし、数日後に「やはり別れたくない」と思い直し、毎日電話して泣いてお願いしましたが、彼は「やり直す気持ちはグ レー」との返答。

 トピ主さんは「もう遅いかもしれないけど、前みたいになりたい」「私は何をすればいいですか?」と読者に問いかけています。

「トピ主さんと遠距離をやっていく自信」がなくなっているのかも……

 別 れた後も、彼は電話に出てくれるし、かなり減ったとはいえメールも来るそうですね。彼のほうにも、まだトピ主さんへの愛情が残っているのでしょう。しかし 彼は、復縁を渋っている。話し合った際には、「嫌いなわけじゃなくまだ好き。一緒にいれば何よりも楽しい事はわかってる」「我慢をさせた俺が悪い。トピ主 さんは悪くなくて、自分が悪い。お互い近くで新たな相手を見つけるのがいいのか」などと言ったそうですね。

 これらの言葉には、彼の真意がよく表れています。彼は「今の状 態では、トピ主さんを幸せにできない」と感じているのではないでしょうか。そして彼のほうも、今の関係では、幸せだとは思えなくなっているのでしょう。彼 女に「しんどい」と言われたら、男性は「今の自分と付き合っていても幸せではないのだな」と解釈するでしょう。トピ主さんは毎日電話し、「嫌だ、考え直し て、私頑張るから」と散々泣いて復縁を申し出ているとのことですが、そういう態度に出られると、彼はますます復縁にYESとは言えないのではないでしょう か。

 「頑張るから」と言われても、恋人に無理をさせなければいけな い状況は、彼にとっては望ましくないはず。なぜなら、多くの男性は「自分と一緒にいることで、好きな女性が幸せにしていてくれること」を望むからです。無 理強いして頑張らせたり、泣かせたりするのは本望ではない。自分のせいで好きな女性がそうなっていると思うと、男性は無力感でいっぱいになり、恋愛を手放 そうとする傾向もあります。

 彼はこの3か月を経て、「トピ主さんと遠距離でやっていくのは 難しそうだ」「寂しい思いをさせるばかりだし、近くにいられる相手を見つけたほうが結果的に幸せなのではないか」と思い始めたのではないでしょうか。遠距 離なことはどうしようもないのに、つらい気持ちを訴えられてばかりなことに少し嫌気がさしてきた、毎日なだめることに疲れてきた、そんな状況のなかで、ト ピ主さんを「まだ好き」なものの、近くにいる別の女性と話しているほうが気楽だと思う自分に気づいてきた……なんてことも、もしかしたらあるのかもしれま せん。

 いずれにせよ、彼には「今の自分ではトピ主さんを幸せにできない」という諦めがあり、それが復縁をためらっている一番の理由ではないかと推測します。

環境の変化で大変なのは、むしろ彼のほうかも!?

 今、大変なのは、むしろ彼のほうでしょう。大きな環境の変化で、知らず知らずのうちにストレスや疲れも()まっ ていると思います。見知らぬ土地、見知らぬ人々、そして外国語。この環境の中で暮らさなくてはならない。慣れている方もいるでしょうが、通常、海外転勤は 楽なことではありません。渡航後しばらくは新しい環境での刺激で気が紛れますが、数か月すると心身の疲れがどっと出てきて、強いホームシックにかかってし まうことも。勤務地にもよりますが、海外転勤になった方の中には、環境変化による疲れから体調を壊してしまう方も少なくないと聞きます。

 そんな時に支えてあげられるのは、変わらず自分を思ってくれ る家族や恋人、友達といった存在でしょう。恋人と離れたとはいえ、トピ主さんは住みやすい母国にいて家族や友達もいる――と考えれば、彼のほうが非常事態 です。自分の寂しさはさておき、「彼の大変さ」を思いやって励ませる頼もしい彼女になれれば、彼にとってトピ主さんは本当に掛け替えのない存在となってい けるような気もします。

「近くにいられる相手」がいいのか、どうしても「彼」がいいのか…

 もちろん、「無理や我慢をしてまで、そうすべき」と言っているのでありません。(つら)い 恋愛を続けなければならない理由はありません。ただ「彼との復縁」を望むのであれば、今後は遠距離でもうまくやっていける形を探らなくてはならないですよ ね。トピ主さんが本当に「彼中心の生活から切り替えられるかどうか」という点は、十分に考えたほうがいいと思います。海外にいて、月に1回以上会うのは難 しいでしょうし、「無理をして我慢する」ではなく、本心から「会えなくても大丈夫な自分」に変われなければ、復縁してもうまくいかない可能性が高いように 思います。

 何か新しい趣味を始めてみるとか、仕事やキャリアアップ、資 格取得に励んでみるとか、恋愛以外の何かに没頭できそうでしょうか。「恋愛が一番大事で、それがない日々は考えられない」というならば、近くにいられる別 の男性を探したほうが、結果的には幸せを感じられるかもしれません。あるいは、2人がどうしても「一緒にいたい」「遠距離で心が離れるのが怖い」と思うな らば、どちらかが仕事を辞める、あるいは転職するなどして、近くで暮らせる暮らしを作っていく……という選択肢もありますが、そうした選択は難しそうで しょうか。

 自分は「恋人のいない生活」も楽しめる人間になれそうか。なれそうにないならば、別の恋愛を探すか、あるいは彼と一緒に暮らす手立てを考えるか――。寂しさから焦って復縁を迫るのではなく、まずはそうした選択について、落ち着いて考えてみましょう。

「期間限定の今」と考えて。復縁したければ強くなろう

  彼は今、慣れない環境で精一杯でしょうし、復縁について考える余裕もないのかもしれません。しばらくは連絡を控え、お互いに「どうするのがベストか」を自 問自答する時間を作ったほうがいいように思います。その上で、「遠距離でも絶対に前向きにやっていくんだ」と決意できたときには、その旨を“明るく”彼に 伝えてみましょう。時間を置けば彼の気持ちにも変化があるでしょうし、復縁を承諾してくれるかもしれません。

 復縁できたら、海外にいる彼の苦労も思いやりながら、恋愛以 外のことも楽しみながら、前向きに暮らしていく。そして彼と連絡をとったり会ったりできるときには、できるだけ元気で魅力的な自分でいる――。そんな風に できれば、遠距離期間も乗り越えられる確率はグンと上がると思います。「彼は一生、一緒にいたい相手だし」と長い目で見てみれば、「何十年かのうちの、 たった1年や2年くらいのこと」と思えるかもしれません。「期間限定の今なのだし、今しかできないことをして有意義に過ごそう!」なんて考えてみるのもい いと思います。

 大きな試練だとは思いますが、これを乗り越えれば、より確かな絆が生まれることもあるでしょう。愛を貫くためには、強くならなければならない時もあるもの。泣いてすがるだけではない、愛の強さを見せていきましょう。復縁が(かな)うよう願っています。

外山ゆひら (とやま・ゆひら)

 女性誌の編集を経て、フリーランスに。主に対人関係、恋愛心理、コミュニケーションに関する記事や、エンタメ・カルチャーの紹介コラムを担当。芸能人から一般企業の方まで、例年100人前後のインタビューを実施。産業カウンセラー・心理相談員資格有。