もう結婚は諦めたい……。後悔するでしょうか?

イラスト・いわしま ちあき

 発言小町に、「結婚を諦めたら」という投稿が寄せられました。

 トピ主さんは「婚活が苦しい」と語る30歳女性。「皆さんこんなに苦しい思いをして結婚されたんでしょうか」とつらい心境を吐露しています

 「正直もう結婚を諦めたい」と思うものの、「何年後かに後悔する日が来るのでしょうか? 結婚を諦めた後はどうなるんでしょうか?」などと、“婚活をやめる選択”の不安を語り、アドバイスを求めています。

今の気持ちは永遠ではない。不安を減らすのに「計画」は有効

  「何年後かに後悔する日が来るのか、結婚を諦めた後はどうなるのか」とのことですが、結婚をしない選択をしたとしても、その後もただ自分の人生が続いてい くだけです。その選択で後悔をしないか、結婚をしない人生にもやりがいや楽しさを感じられるかどうかは、自分次第でしょう。

 でも気持ちが落ち込んでいる今、「自分次第」なんて言われても、余計に気が滅入(めい)りそうですよね。結婚のように、人生を左右するほどの出来事については、そう簡単に決められるものではないはず。今のところは、「しばらく結婚のことは脇に置いておこう」と決めておく――くらいがベストではないかと思いました。

 それに、「婚活が苦しい」「結婚を諦めてしまいたい」というの は今この瞬間の気持ちであり、「結婚を諦めよう」と決めてみたところで1か月後、1年後、5年後には、また「やっぱり結婚したい」と思うようになるかもし れません。「今はこう思っているけど、気持ちは変わることもあるしね」くらいに、ふんわりと自分の気持ちを捉えて、特に決断をしないでおくのもおすすめで す。あるいは先々の後悔が怖いならば、「とりあえず3か月、婚活は休もう」などと期限を決めてみるのも一案です。「◯月に改めて考え直そう」と計画してお けば、当面の不安は和らぐでしょう。

 不安は、放っておくと無為に時間を食い潰すだけでなく、マイナスな表情やオーラにもつながってしまい悪循環です。「不安で悶々(もんもん)と 過ごす時間」を減らす努力だけはしていきましょう。不安を減らす方法のひとつとして、「計画」は有効です。その時々の気持ちや状況を踏まえながら、「今月 は、こんなことに取り組んでみよう」と、できそうな範囲の小さな計画を立てる。小さな計画や目標だけでも実行できていると、自己肯定感や未来への前向きな 気持ちを持ちやすくなるでしょう。

結婚相手を探すのが「苦しい」のはなぜ?

 結婚相手を探すことが、「こんなにも苦しい」と記しているトピ主さん。パートナーと生きる幸せを求めて相手を探す過程が、それほどまでに「苦しい」と思うのはなぜなのか。思いつく限り、5つの原因をピックアップしてみました。

<1>自分が「選ばれない女性」だと痛感させられて苦しい
<2>「早くしないと行き遅れる」という年齢的な焦りがあって苦しい
<3>「周囲の人は結婚できているのに、自分だけなぜ?」と疎外感に(さいな)まれて苦しい
<4>好きだと思える異性が一向に現れないから、苦しい
<5>成果が出ないことが苦しい、結婚が「達成できない目標」に感じて苦しい

 まず1について。恋愛や結婚は相手とのマッチングなので、お 互いが選ばれなければ成立しません。どんな人でも少なからず「選ぶ」作業をしているわけです。しかし「自分も選んでいる」という意識を忘れて「異性から選 ばれないこと」にばかり敏感になり、そこに自分の価値を見いだそうとすると、恋愛は苦しいものになりがちです。

 もちろん人の魅力には個人差があるので、「多くの人に選ばれ やすい人」というのは確かに存在します。そういう人は成就の“確率”は高いでしょうが、たとえ100人に選ばれても、自分が選ぶ相手に選ばれなければ、 マッチングは成立しません。逆に、たった1人にしか選ばれない人でも、その相手が自分を選んでくれれば成立する。その点はぜひ意識しておきましょう。

 「異性に選んでもらえない」という思いが苦しみの原因になっ ているならば、「受け身」にならないで、主体的に臨むことです。「誰かに選んでもらおう」とばかり考えて人と接していると、自分の持っている魅力も正しく 相手に伝わりません。「多くの人にモテなくていい」「自分らしく、自分の目でいいと思う人を選んでいき、その思いが重なる相手がいたらラッキーだな」くら いの気持ちで臨めると、苦しさは軽減すると思います。

「他人と比べる気持ち」や「自分への無理強い」が理由なら……。

  続いて、2の「年齢的な焦り」や3の「周囲と比較しての焦り」が原因の場合を考えてみましょう。独身でも素敵に生きている女性を身近に見つければ、モデル ケースとして焦りは多少軽減するかもしれません。しかし、他者と比較することの無意味さに気付かない限り、根本的な苦しみはなくなりません。結婚したら、 今度は裕福な家庭や子供のいる女性に引け目を感じ、子供を産めば、優秀な他人の子供を羨み……と延々と続いていくだけ。人と比較して不満足になる人生を送 りたくないと思うならば、「自分の人生、自分のペース」を大事にする意識を育てていきましょう。

 4の「異性を好きになれない」場合は、本心ではまだパート ナーを必要としていないことも考えられます。気持ちを偽って無理に行動しているから、“苦痛”になってしまう。であれば、「恋は自然体で見つけよう」「本 当に結婚をしたくなったら考えよう」「結婚をしてもしなくても、自分の人生を生きてみよう」などと考えを変えるのも一案。先々より「今」を大事にして生き たほうが幸福感は得やすく、結果的にいいことも起こりやすいように思います。

 5の「成果が出ないことが苦しい」場合は、もっと気軽な目標 に変えるのがおすすめです。いきなり「結婚相手」ではなく、まずは「時々ご飯に行ける異性を見つけよう」「一緒にいて楽しい時間を過ごせる異性を探そう」 くらいの目標で動いてみてはいかがでしょうか。「結婚、結婚」と考えて悶々としているより、そのほうが具体的な努力もしやすくなると思います。

婚活が不向きなら、他の方法も考えてみよう

  参加者全員が相手を探している婚活の場は、出会いの効率がよく、恥ずかしさも少ないと予想できます。トピ主さんもきっと、そういうメリットを頼って利用し てきたのでしょう。しかし、「苦しい」「短時間でうまくアピールできない」「条件だけで相手を好きになれない」といったデメリットを感じるならば、結婚は 諦めずとも「婚活」は自分には向かないと判断して、それ以外の方法で相手を探すこともできるかと思います。

 たとえば、異性も参加している趣味に取り組む、新しいコミュ ニティーに積極的に参加する、職場の異性との交流も大事にする、友人を通じて紹介を頼む、ブログやSNSなどを活用する(頻繁に更新する、反応や交流を大 事にする)……など、日常生活のなかでも出会う方法はたくさんあります。今やっている婚活とは「また別の努力」が必要になるでしょうが、自分の性格に合っ た方法を探してみてはどうでしょうか。

 結婚に限らず、人生において「何を諦めて、何を諦めないか」 は各人の自由です。特定の生き方を強制されない時代になってきた分、「自分が本当に望む幸せ」については、各自がしっかり考える必要がありそうです。トピ 主さんも、自分の性格なども踏まえながら「私が本当に送りたい人生とは、どんなものか」についてよくよく考えてみて、そのために“できる努力”に向き合っ ていってみてはいかがでしょうか。

外山ゆひら (とやま・ゆひら)

 女性誌の編集を経て、フリーランスに。主に対人関係、恋愛心理、コミュニケーションに関する記事や、エンタメ・カルチャーの紹介コラムを担当。芸能人から一般企業の方まで、例年100人前後のインタビューを実施。産業カウンセラー・心理相談員資格有。