80人限定!「安綱・古伯耆展」、大手小町・貸し切り鑑賞会開催

Information

OTEKOMACHI(大手小町)は、春日大社(奈良市)で開催中の刀剣の展覧会「最古の日本刀の世界 安綱やすつな古伯耆こほうき展」の夜間貸し切り鑑賞会(大手小町ナイト)を、1月26日(日)に開催します。

刀剣をモチーフとしたオンラインゲームが若い女性を中心に大ヒットするなど、今は空前の刀剣ブームです。本展では、源頼光が酒呑童子しゅてんどうじ退治に用いた刀と言い伝えられる国宝「童子切」や重要文化財「鬼切丸」(髭切ひげきり)など、平安時代に伯耆国ほうきのくに(現在の鳥取県中・西部地域)で活躍した刀匠・安綱とその一門の国宝・重要文化財のほとんどを集結させています。なお、古伯耆の作品ではないものの、源氏代々の太刀で源義経ゆかりの箱根神社所蔵の「薄緑丸(膝丸)」も特別出品されます。

特に、京都・北野天満宮所蔵の「鬼切丸」や大阪・石切劔箭つるぎや神社所蔵の「石切丸」などは1月26日までの展示となり、本展一般公開で鑑賞する最後のチャンスとなります。

大手小町ナイトでは、これらの展示物を80人限定でゆったりと鑑賞できるほか、春日大社国宝殿学芸員で権禰宜ごんねぎの荒井清志さんによる特別講演もあります。

加えて、鑑賞後は春日大社境内にある春日荷茶屋で人気の「大和名物膳」(万葉がゆ、一品、柿の葉すし(サバ)2個、季節の葛餅)を味わうことができます。大手小町からイベント記念ギフトのプレゼントもあります。

お申込みは終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

【タイムスケジュール】

15:30      春日大社の「感謝・共生の館」にて受付開始
16:00~17:00 特別講演、Q&A(感謝・共生の館)
17:05~18:05 貸し切り鑑賞(国宝殿)
18:10~19:00 食事(感謝・共生の館)
19:00      閉会

「『最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展』大手小町ナイト」開催概要
◆開催日時:1月26日(日)午後4時から午後7時まで
◆場所::春日大社(奈良市春日野町160)
◆参加費:4500円(入館料・食事・グッズお土産付き。税込み)
◆募集人数:80人限定(先着順。定員になり次第、応募を締め切ります)

「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」の公式サイトは、こちらhttps://kasugakatana.com