どうする? 仕事と出産(4)どちらも諦めないで!

「どうする仕事と出産」セミナー

働き方改革というチャンス…少子化ジャーナリスト、作家 白河桃子さん

活発な意見が交わされたトークショー(昨年11月28日、読売新聞東京本社で)=高梨義之撮影

 大森 テレワークなど日本の働き方が変われば、子供を産みやすくなることもあるかもしれません。不妊治療にも通いやすくなりますし。

 東尾 (不妊治療経験者の)お茶会で話した時に、治療と仕事のバランスを取るのがストレスで仕事をやめたのだけれども、「治療オンリーになると余計ストレスがたまった」という人がいました。反対に、やめてすっきりして「前向きに考えられた」という人もいました。

 白河 それぞれです。上司が1人変わっただけでも、全く違ったりするので。仕事と妊活のどちらかをあきらめることはないと思うんですよね。

 宋 私は35歳で妊娠しました。大学院に入ったところでした。トライし始めたらすぐにできたので、妊活歴は短いんです。ちょっと休んだけれども、博士論文は書くわ、生活のために働くわで、やってみたら両立しちゃった。諦めることはないと思うんですよね。

 大森 職場や社会の支援も必要だと思います。

 白河 めっちゃ必要です。でも、そのためには訴えていかないと。働き方改革の大義名分に乗じて、今は自分の望む働き方を実現するチャンスなんです。今の会社では、早く帰りましょうとか、休暇を連続で5日以上とらなきゃとか、人事はそういったことを発信しているけど、現場がそうなっていない。

会社も不妊治療に理解を…丸の内の森レディースクリニック院長 宋美玄さん

 大森 妊活中というのを周りに話せないという声もありますね。

 東尾 話したら、「じゃあ妊娠したらやめるの」って言われることもある。会社に伝えないまま、ただ「寝坊が多い人」になってしまっている人が多いですよね。

 宋 妊活って、宣言したから絶対にできるとは限らない。できるかどうかわからないのに、私、子供が欲しいんですって言いにくい。

 大森 会社に伝えても、不妊治療の現実が理解されないことがあります。卵子の育ち具合によるから、事前に予測ができない。それで頻繁に休むと、「何だあいつは」と非難されてしまう。

 宋 それに、治療はどこも混んでますよね。半日がかりは当たり前。

 東尾 お金もかかるし。

 宋 私は企業の側に、不妊治療に通いやすいよう、仕事時間内でも抜けられる制度にしてほしいと働きかけています。

 白河 がんの人が治療しながら働けるよう、国は職場での配慮を求めています。介護をする人も多くなる。これからは、みんなが何かしら、訳ありで働く。お互いさまなんです。

不妊治療も出産もゴールじゃない…プロゴルファー 東尾理子さん

 宋 前は「私は社会のために頑張って働いている」と思っていたけれど、今は子供を人に預け、「仕事をさせていただいている」。仕事は仕事でリフレッシュになって、帰って子供と100%向き合うほうが長時間労働よりしんどい。

 東尾 大変だよね。うちは上が5歳で下が1歳。虐待のニュースがあると、本当にかわいそうだなって思うけれども、そうなってしまうくらい子育てって大変だなとも感じる。不妊治療も出産もゴールではないから、子育てへのサポートは必要です。

 大森 仕事と子育て、どちらか一つだけに没頭せず、複線であることも、今後キーワードになってくるかもしれません。

 宋 邁進(まいしん)できる仕事があって、育児もあって、という状況は大変だけれども、視野が狭くなって子供に過干渉になったり、孤立して虐待に至ったりとかに比べると断然いい。

 白河 男性も分かち合ってほしいですね。女性の人生だけが変わるというのは、もうやめたい。これからは、男性の「両立」も考えないと、社会が回らないので。

 大森 「子育て」「両立」「妊活」というキーワードが入った記事を、女性は読んでくれますが、男性にはあまり響きません。その意識をどう変えていくかも、今後考えなければいけませんね。

 

白河 桃子(しらかわ・とうこ)

 相模女子大学客員教授。「働き方改革実現会議」「一億総活躍国民会議」の有識者議員も務め、女性のキャリア、働き方改革などをテーマに発信。「『婚活』時代」(山田昌弘共著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)で「婚活ブーム」の火付け役に。著書に「妊活バイブル」(共著、講談社+α新書)、「後悔しない『産む』×『働く』」(共著、ポプラ新書)など。OTEKOMACHIでコラム「スパイス小町」を連載中。

宋 美玄(そん・みひょん)

 産婦人科医。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「内診台から覗のぞいた高齢出産の真実」(中公新書ラクレ)など。子育てと産婦人科医を両立し、様々な女性の悩み、性、妊娠などについて、女性の立場から積極的な啓発活動を行っている。ヨミドクターでコラム「宋美玄のママライフ実況中継」を連載中。

東尾 理子(ひがしお・りこ)

 2009年に俳優の石田純一さんと入籍。仕事と子育てをしながら、妊娠を望む人たちの助けになりたいとNPO法人FINE のピア・カウンセラーの資格を取得したほか、妊娠や出産についての正しい知識を伝える活動「うむうむプロジェクト」の立ち上げに関わる。13年に、輝いた母親に贈られる「第1回マタニティ・オブ・ザ・イヤー」を受賞。プロ野球の元投手・監督の東尾修氏を父に持つ。

仕事と出産セミナー1 減る卵子、妊活はいつから?
仕事と出産セミナー2 女医にガツン!人生は分けられない
仕事と出産セミナー3 妊活 いつ始めればいいの?