麗しのベルギー

たび小町(PR)

 ヨーロッパの中心部に位置していることから貿易の中心地として栄え、多民族国家であるベルギー。周辺諸国の文化も柔軟に取り入れる多様性に満ちた、魅力ある国を訪ねてみましょう。

商業で発展を遂げた中世都市の栄華を訪ねる

 ベルギーは古くから交易の要衝として栄え、中世には北西部のフランドル地方のブルージュやアントワープ、ゲントが発展、中世後期以降はブリュッセルが商業や手工業で飛躍を遂げました。中世都市の発展に大きく寄与していたのは、「ギルド」と呼ばれる商工業者の間で結成された組合組織。職人の技術を保持し、団結することで政治的発言力を高め、利益を保守していました。
 文豪ヴィクトル・ユゴーが「世界一美しい広場」と称し、15 世紀に建てられた市庁舎や19 世紀の王の家など、壮麗なゴシック建築、ネオゴシック建築に囲まれた首都ブリュッセルのグランプラスやゲント、アントワープには、ギルドの集会所だった「ギルドハウス」が多く見られます。まるで権力を誇示するかのように建てられた壮麗な建物は、街の美しさを際立たせていますが、グランプラスを訪ねたならば、ぜひギルドハウスの壁に注目してみてください。

 包丁や樽、一輪手押し車など職業を表す紋章を見つけることができるはずです。また、各建物に「星」「白鳥」「天使」など愛らしいニックネームが付いているのも面白い点で、現在では店舗や美術館などに改装されているとはいえ、交易で栄えた往時がうかがい知ることができます。

落ち着いた雰囲気のある古い街並みを散策

 ロマネスク様式やゴシック様式をはじめ歴史的建造物が数多く残るベルギー。石畳の道を歩けば、まるでタイムスリップしたかのような、心躍る散策が楽しめます。

ブルージュ

 街の中を流れる運河を利用し、国際貿易で発展したブルージュ。赤レンガの建物が並ぶ、かわいらしい景観の中を進む運河クルーズも人気です。

ディナン

 切り立った断崖絶壁とムーズ川沿いの美しい建物が印象的な絵のような街並み。断崖の上にはシタデル(城砦)がそびえ建ちます。

アントワープ

 バロック絵画の巨匠ルーベンスの大作が残り、世界で活躍するデザイナーを多数輩出する美術大学も存在。芸術の街とも称されています。

ゲント

 街の中心に大きな運河が走り、運河沿いには切妻屋根のギルドハウスが並びます。街の中にも歴史的建造物が多く、落ち着きある雰囲気が漂います。

ベルギーらしさに触れる華やかなフェスティバル

 お祭りや行事は、その地域の個性をうかがい知るいい機会になります。ベルギーにも各地に個性豊かなパレードやイベントが数多くあり、観光客でも現地の人と一緒になって楽しむことができるので、機会があればお祭りの時期に出かけてみましょう。

イーペルの猫祭り

 ベルギー西部のイーペルで3年に一度開催される伝統パレードです。世界中から猫好きが集まり、街の中は猫の姿に仮装した人々であふれます。鐘楼から黒猫のぬいぐるみを投げる「猫投げ」で、ぬいぐるみを手にした人には幸せが訪れるといわれています。

ブリュッセルのフラワーカーペット

 2年に一度、世界遺産の広場グランプラスが花で埋め尽くされるあでやかなフェスティバルです。フラワーカーペットは横約24m、縦約75m と巨大なので、グランプラスに面する市庁舎のバルコニーから見学するのがおすすめ。夜はライトアップされます。

多彩な文化と美景あふれる小国

 西ヨーロッパに位置するベルギーは、九州ほどの大きさの小さな国です。お隣のドイツやフランスといった大国に比べると、街並み、文化があまり知られていない国ですが、首都ブリュッセルにある世界遺産「グランプラス」を筆頭に、中世の趣漂うアールヌーボーの建築や、絵本の中から抜け出したような美しい街並みが広がります。

 また、ベルギーは、フランドル美術を代表するブリューゲルやルーベンス、シュールレアリスムのマグリットなど、多彩で奇才の芸術家を輩出している国。交易の中心地であったことが、自由な感性を生み出し、新しいものを柔軟に受け入れる土壌となったと考えられます。中世の栄華を感じる街並みと多彩な芸術を堪能する旅をお楽しみください。

美しい町並み、多様性に満ちた国ベルギー

ベルギー海外旅行説明会

※ツアーは終了している場合があります。