賑やかな街を彩るイルミネーションやオーナメントの数々…歴史あるドイツのクリスマスマーケットを巡る旅

たび小町(PR)

 まだ少し先ですが、クリスマスの話題をお届けします。皆さんはクリスマスマーケットというイベントをご存知ですか?ドイツではクリスマス当日と、その準備期間の4週間に、ドイツ圏のほぼ全ての都市でクリスマスマーケットが開催されます。現在はヨーロッパの様々な地域で開催されるようになったこのイベントですが、その本場であるドイツでは、およそ2,500以上のマーケットが立ちならび、クリスマスの期間中、街を賑わせています。
 1つ1つの露店にはイルミネーションが施され、夜の街を美しく彩る様は、心あたたまる感覚とともに、思わずうっとりしてしまうような光景。今回は、そんなドイツのクリスマスマーケットについてご紹介します。

見て回るだけで楽しい! 屋台には飾り付けや人形がずらり

 広場に並ぶ屋台には、飾り付け(オーナメント)から、かわいらしい人形や雑貨、 生活用品までたくさんの品がそろえられています。内部が香炉になっていて口から煙を吐く名物のパイプ人形は、サンタクロースや雪だるま、衛兵などいろいろな種類があり、見て回るだけでも楽しめます。所狭しと置かれたクリスマスグッズは、まさに本場ならではのクリスマスの雰囲気を味わえ、心はずむひとときです。

ドイツのクリスマスには欠かせない「シュトレン」「グリューワイン」

 マーケットでは、忘れずにドイツのクリスマスならではの味も満喫しましょう。お土産にもピッタリな焼き菓子が、シュトレン。ドライフルーツやナッツたっぷりの食感を、ぜひ本場で味わいたいですね。他にも、クリスマス期間にしか登場しない特別なお菓子や食べ物もたくさん楽しめます。

 寒い夜にぴったりなのが、ワインを温めたグリューワイン。オレンジピールやシナモンなどを加え、マグカップに入れて提供されます。マグカップのデザインは場所や年によって異なるので、お気に入りを探すのも楽しみのひとつです。

 また、その華やかさから、世界で最も有名といわれるニュルンベルクのクリスマスマーケットでは、名物のニュルンベルガーソーセージやレープクーヘン(蜂蜜や香辛料が入ったクッキー)がおすすめです。

人気観光スポットのノイシュバンシュタイン城へも足を運ぼう

 バイエルン州最大の都市ミュンヘンのマーケットも、マリエン広場に登場する巨大クリスマスツリーや、ドイツ最大のクリッペ(キリスト生誕場面を模した工芸品)の市など、見ごたえ十分です。ミュンヘンからは南ドイツ観光のハイライト、名城ノイシュバンシュタイン城や世界遺産ヴィース教会にも足を延ばすのがおすすめです。

歴史ある旧市街もクリスマスムードに

 クリスマスを迎えた世界遺産の町の散策も楽しみのひとつ。ドナウ河畔のレーゲンスブルクは、神聖ローマ帝国の帝国議会も開かれた古都。ドイツゴシック建築の大聖堂や赤レンガの家並みを保つ旧市街は、2006年に世界遺産に登録されました。ここでも数か所で賑やかなクリスマスマーケットが催されます。

 このほか、木組みの家並みで知られる ローテンブルク、旧市街がライトアップされるハイデルべルクなど、各地それぞれの特色あるクリスマスを楽しむのはいかがでしょう。

地方色豊かなドイツのクリスマスマーケット

 もともとは、人々が町の広場で日用品やクリスマスを祝うのに必要なものを交換することから始まったとされるクリスマスマーケット。今も各地で見られる手作りの飾り付けや工芸品は、地方色豊かです。短い日程でも、ヨーロッパを訪れることができるツアーもあります。ぜひ、本場のクリスマスを味わってみてください。

マーケット、イルミネーション、世界遺産…今年の冬はドイツでロマンチックなクリスマスを過ごすのはいかがでしょうか?

ヨーロッパのクリスマス成田発羽田発3日・5日・6日・7日間で行く気軽なヨーロッパの旅

※ツアーは終了している場合があります。