混雑しない、とっておきの時間を求めて。東北、紅葉の名所に泊まる旅

たび小町(PR)

 窓にさす日差しがやわらかくなり、夕暮れの訪れが早まってくると、次の季節が到来します。山あいの木々が赤や黄色に染まる、美しい紅葉の便りに誘われて、東北へと旅に出掛けてみませんか。気がつけば、今年の紅葉が終わっていた…なんてことのならないように、今から秋の旅をご紹介します!

朝の十和田湖でぜいたくな時間を

 十和田湖は、十和田八幡平国立公園にある、青森県と秋田県にまたがる東北を代表する紅葉名所。見頃は例年10月中旬から下旬にかけてです。典型的な二重式カルデラ湖の澄みきった湖面は、吸い込まれるような青さ。湖を取り囲む山々はブナ、カエデ、ナナカマドなど、さまざまな樹木が混在しており、場所によって、紅葉が異なる彩りを見せてくれます。
 そんな十和田湖の紅葉を十分に堪能するために、余裕を持って1泊し、朝から過ごすのがオススメです。
 朝の十和田湖は清々しく、肌寒さを感じる空気も心地よく感じられます。朝もやが立ち込める中に立つ「乙女の像」も神秘的。御前ヶ浜から桂ヶ浜までの遊歩道をゆっくり散策して、ここで朝を迎えた人だけに訪れる、ぜいたくな時間の流れに身を委ねてみましょう。

 遊覧船に乗って十和田湖畔の紅葉を望めば、瑠璃色の湖に外輪山の紅葉が映し込まれ、格別の絶景を満喫できます。独特の形の半島やそそり立つ断崖のスリリングな光景も十和田湖ならでは。

たび小町編集部イチオシは八甲田山

 八甲田山は青森市の南側に位置する日本百名山の一つ。複数火山の総称で、ブナやナラなどの広葉樹林に覆われており、八甲田の山々が一斉に紅葉し、全体を秋の色に染めます。その山中に身を置き、秋色に身を包まれる感覚をぜひ体験してください。きっと忘れられない景色となるはずです。

紅葉の絨毯を一望 ロープウェイで空中散歩

 八甲田山の紅葉が織りなす絨毯をロープウェイの空中散歩で堪能するのもオススメです。田茂萢岳にかかるロープウェイで頂上へ。山頂公園駅のある田茂萢岳一帯は湿地が点在し、夏は高山植物が咲き競っています。八甲田ロープウェイは眼下にブナやナラ、ダケカンバなど広葉樹の見事な紅葉が楽しめます。また、アオモリトドマツなどの針葉樹の深緑色と織りなす様は、錦絵のように美しく豪華です。
 1995年に開通した、「津軽」と「南部」を結ぶ城ヶ倉大橋は上路式アーチ橋としては日本一の長さで、この橋もまた八甲田山中の人気の紅葉絶景ポイントのひとつ。360度ぐるっと一望でき、紅葉と雄大な眺望に圧倒されます。さらに10月下旬~11月には、八甲田山頂に初雪も見られ、紅葉と雪の見事なコントラストを醸し出します。

他にもたくさんあります。東北の秋の名所

 奥入瀬渓流の森林は黄葉が主体の色合いで、また別の趣があります。奥入瀬渓流の凛とした流れと紅葉の色合いの対比は見事で、人気のスポットです。
 ほかにも、紅葉のパノラマが広がる八幡平での散策やもみじ山など、多彩で美しい北東北の紅葉の名所がたくさんあります。
 自然あふれる北東北で、一足先に秋を感じてみませんか? 人気の紅葉名所も、宿泊の旅で訪れれば混雑も少なく、澄んだ朝一番の空気の中で、より一層紅葉狩りを楽しめるでしょう。

東北の紅葉名所に宿泊して、ぜいたくな時間を過ごす秋の旅はいかがですか?

十和田湖・奥入瀬渓流・八甲田山特集紅葉ツアー特集

※ツアーは終了している場合があります。