【世界自然遺産】生命輝く夏の知床半島。手付かずの森や野生動物たちに癒やされよう!

たび小町(PR)

 2005年に世界自然遺産に登録されて以来、さらにその名が知られるようになった知床半島。アイヌ語で「地の果て」という意味の「シレトコ」の地は、流氷を思い浮かべる方も多いかと思いますが、夏もオススメ。短い夏を謳歌するかのように、いきいきと活動する森や動物たちを見に訪れる価値があります。

原始林に囲まれた知床五湖を巡ろう

 知床半島で、まず訪れたいスポットは原生林に囲まれた知床五湖。美しく幻想的な湖は、夏になると木々が緑に輝き、生命の息吹を全身で感じることができます。また、晴れた日の湖面には知床連山が映り込むことも。

空から見る知床の絶景

 ちょっと特別な楽しい体験をしたい方におすすめなのが、ヘリコプターでの遊覧飛行。空から見下ろす知床五湖は、鬱蒼と茂る森に点在し、オホーツク海へと落ちる断崖の様子とともに、鳥になったような気分で眺めることができます。

夜の森でナイトウォッチング

 日中とはガラッと雰囲気が変わる夜の知床の森。足を踏み入れると、昼にはなかなか会えない夜行性のシマフクロウやエゾジカに出会うことも。晴れた日には、満天の星が。夜の森には、都会とは違うドキドキがたくさんです。

壮大なオホーツク海で迫力あるヒグマやクジラと出会おう

 知床の魅力は、その雄大な大地だけではありません。知床は海洋も含んで自然遺産に登録された珍しい地域。知床半島に面するオホーツク海を、ウトロ港から知床岬まで遊覧船でクルージングすることができます。海からしか見ることのできない特別保護地域の知床岬の断崖や豊富な海の恵みに集まる動物たちなど、自然遺産の貴重な様子を見ることができます。

勇猛な王・ヒグマウォッチング

 知床岬の手前にあるルシャ湾では、海岸に降りてくる野生のヒグマを見ることができます!体長約3m、体重約400㎏にもなるオスのヒグマや、可愛らしい親子のヒグマに出会えます。

北海の覇者・クジラウォッチング

 東岸の羅臼らうす港から出る遊覧船に乗れば、クジラウォッチングも楽しめます。夏には、四角い頭が特徴的なマッコウクジラがお目見え。体長18mにもなるマッコウクジラの存在感には圧倒されます。また、運が良ければイルカやシャチも姿を見せてくれます。

日本一!知床の海の幸に舌つづみ

 北海道旅行で外せないのはやっぱり海鮮グルメ。「知床しゃりブランド」と名付けられた知床の海鮮の美味しさの秘密は、プランクトン。知床半島の流氷に乗ってエサとなるプランクトンが大量に発生する豊かな海で育つ魚介は大きくプリプリ。ホタテやカニ、ウニ、ホッケなど、どれをとっても絶品です!

手付かずの大自然を空、海、陸から堪能!知床半島の大自然で癒しの旅へ

 生命の脈動を感じることができる夏の知床半島。火山が作りあげた急峻な山々とその裾に広がる原始的な深い森、流氷がもたらす豊かな海を、空、海、陸と違った角度からぜひ楽しんでください。夏の知床半島は、日頃の疲れも吹き飛ばしてくれる大自然が待っています!

世界自然遺産の大自然を体験しよう!夏の知床半島ツアーはこちら

知床ツアー特集

※ツアーは終了している場合があります。