プロの山ガールが伝授!初心者が山歩きを楽しむためのポイント

たび小町(PR)

 「山ガール」という言葉もすっかり定着したこの頃。女性向けの登山グッズや登山雑誌が充実してきて、「私も今年は山デビューしてみたいな〜」と考える女性も多いのでは?そこで、たび小町編集部では発言小町にて「山歩きのイチオシスポットやオススメのアイテム」を募集しました。

【やっぱり高尾山】 なはなはさん
やっぱり高尾山ですよね。
高尾山は最近流行りで何も持たずいけるとよく言われますが、それだと損!最初は服装もしっかりしたウインドブレーカーを着るのがオススメ。あと大事なのは靴!
トレッキングシューズを履いて出かければ周りから見てもちょっとプロに見られるかも!

【大事なのは登山靴】 鶫の友人さん
一番大事にしたい事は、「登山靴」です。
未だに、満足できていません。
急に難度の高い山に挑戦される事はないと思いますが、目的に合わせた「登山靴」が必要なのでしょうね。

 関東の方ならまず思い浮かぶ高尾山。ラフな格好で山歩きを楽しむ方も多い高尾山ですが、初心者からステップアップしたい方、どうせやるなら初めからちゃんと道具をそろえたい方は、プロに聞いてみてはいかがでしょうか?しかし、靴を含めた登山グッズはどれを選んだらいいのか、高尾山以外にもおすすめの山はあるのか……気になりませんか?
 そんな初めての山歩きのギモンを解決するため、今回は山ガール歴5年で100以上もの山を歩き、登山グッズ専門店「石井山専」(新宿東口ビックロ店)でアメリカのアウトドアブランドのマーモットを担当している八並(やつなみ)さんにお話を伺いました。山歩き初心者が買うべきアイテムやおすすめの山、さらに山の楽しみ方まで情報満載です!

まずはこれさえあればOK、山のプロが勧める「山歩き三種の神器」

後ろにずらりと並ぶのはすべて登山靴。専門店ならぴったりの靴が見つかりそうです。

-八並さんは今でこそプロの山ガールですが、最初の山歩きは大変だったんじゃないですか?

八並 私はたまたま山歩きや本格的な登山に詳しい人が周りにいたので、必要なものや山の歩き方、おすすめの山など、基本的なことを教えてもらえたんです。だから「山歩きしてみたい!」と思ったら、まずは経験者と一緒に行くことをおすすめしますね。
 あとは、やっぱり安全・快適に山を歩くために道具も大切です。一般的には「山歩きの三種の神器」って呼ばれてるんですけど。

-「山歩きの三種の神器」ですか?靴とか……?

八並 「山歩きの三種の神器」は「登山靴(トレッキングシューズ)」「ザック(リュックサック)」「レインウェア(雨具)」ですね。初心者でもこの3つをきちんと選ぶだけで、山歩きが快適で楽しくなりますよ!

-それはぜひそろえたいですね!三種の神器の選び方を教えてください!

八並 まずは登山靴の選び方から説明しますね。登山靴はサイズ選びが重要です。この時、縦のサイズだけでなく足の横幅もしっかり測ってください!縦幅・横幅ともに自分にぴったりのサイズの靴だと、体に負担をかけずに山歩きができますよ。
 登山靴を選ぶ時は、インソールも含めて自分の足に合うものを専門のスタッフにきちんと選んでもらうと、疲労や靴ずれなどのケガのリスクがぐっと抑えられます。

山歩きは足元から!自分の足にあった登山靴で山を楽しみましょう。

-まずはサイズなんですね!女性だと、色やデザインを決めてからサイズ選び〜という人も多いですよね。

八並 普段靴ならそれでも問題ないと思いますが、やっぱり山歩きなので普段以上に安全面や機能面を重視するべきですね。自分に合ったサイズの靴を決めてから、色やデザインの相談をするといいですよ。
 ただ、もちろん自分のお気に入りの色やデザインの靴のほうがテンションも上がりますから、デザイン面をないがしろにする必要はないと思います。

-ザックやウェアもまずは機能性が大事なんですか?

八並 そうですね。特にザックは「普段のリュックサックじゃダメなの?」と思う人も多いでしょうが、登山用のザックはベルトがついていて体に固定できたり、中の物が取り出しやすいように設計されていたりしていて、体へのストレスが少ないんです。
 体へのストレスが多いと、それだけで疲れやすくなっちゃって、注意力が落ちてしまって、その結果ケガをしてしまう……ということもあります。だから、ケガをしないようにするためにも、ちゃんとした道具を選ぶことが大切なんです!

機能性バツグンで、カラフルな登山ウェアが多くあります。

-快適さだけでなく、安全に山歩きを楽しむためのアイテムなんですね。ザックもいろんなサイズがありますが、日帰りだとどれくらいの容量のものがいいんでしょうか?

八並 日帰りならそんなに荷物も多くならないので、20〜30Lのもので十分ですよ。ザックも体に合う・合わないということや、人によって使い勝手も違うので、できれば実店舗で背負ってみて決めたほうがいいです。

-ウェアも各メーカーから色んな素材のものが出ていますが、おすすめの素材ってありますか?

八並 値は張りますが、ゴアテックスという素材でできたウェアがおすすめです。完全防水で雨はもちろん、汗ムレも防げますし、風を防いで防寒するウインドブレーカーの代わりにもなるんです。山は天候が変わりやすいですから、なるべく体温の低下を防ぐ素材がいいですね。

ムレない!冷えない!登山用靴下など、あると便利な専用グッズ

-確かに、山だとすぐ天気が変わるので着るものも大事ですよね!ほかに持っておくと便利なものはありますか?

八並 これは私の失敗談なんですが、靴下もちゃんと登山用のしっかりしたものを用意したほうがいいです。登山靴なのに靴下が専用のものじゃないと、靴ずれを起こすことがあります。あとはムレも心配ですね。
 おすすめはメリノウールという素材の靴下。メリノウールは保温性とクッション性がすごいんです。でもムレないので快適なんですよ。1足3,000円ぐらいで靴下にしては高いですが、本当に丈夫にできているんです!
 ほかにはスポーツブラなど、体を動かす用の下着があるといいですね。特にこれは悪天候の時ほど力を発揮します。たとえば普通のブラだとワイヤー部分に汗がたまって、それで冷えちゃうんです。

簡単に手のひらサイズに収納できる便利なウェアも!

八並 あとは、サコッシュやストック、ウインドシェルといったものもあると便利です。でも、これは山歩きからステップアップして、本格的に登山を始める時に用意すればいいですよ。山歩きにハマると、いろいろなグッズが欲しくなっちゃうんで(笑)
 最低限必要な「登山靴」「ザック」「レインウェア」の三種の神器をそろえて、まずは山を楽しんでください!
※サコッシュ:登山では中に小物や地図などを入れられる軽量なななめ掛けバッグのこと。
※ストック:歩行補助の役割を果たす杖のこと。登山に使う物は「トレッキングポール」とも呼ばれる。
※ウインドシェル:風を防ぐことで防寒するウインドブレーカーの中でも薄手で軽いウェアのこと。撥水性の高いもの、超軽量なものなど様々なモデルがある。

景色、温泉、グルメ……最初は山歩きそのものを楽しまなくてもいい

百蔵山から富士山をのぞむ1枚。まるで絵画のよう……

-三種の神器をそろえたら、次はどの山に登ったらいいか迷っちゃう方も多いと思います。八並さんおすすめの初心者向けの山ってありますか?

八並 東京からアクセスしやすいところでは、山梨県大月市にある「秀麗富嶽十二景(しゅうれいふがくじゅうにけい)」という山々がおすすめですね。すべて中央線の沿線にあって、ほとんどがバスに乗らず電車だけで行けます。
 しかも、この秀麗富嶽十二景の山頂はどこも富士山がキレイに見えるんですよ。

-キレイな景色は山歩きの醍醐味ですもんね!でも12もあったらどれに登ったらいいか迷いそうです……。

八並 特に私がおすすめしたいのは、「扇山(おうぎやま)」と「百蔵山(ももくらやま)」です。どちらも景色が開けていて、これからの季節は山桜を楽しむことができますよ!両方とも標高1,000m程度の山なので、初心者でも気負わずに楽しめますね。
 多摩方面だと、有名な高尾山もいいですね。実は高尾山の先におすすめの山があって。高尾山を登って、尾根をずっと歩いて行くと「小仏城山(こぼとけしろやま)」という山に行けるんです。こっちは高尾山とちがって人もそこまで多くなくて、ゆっくりと楽しむことができますよ。
 あとは秩父のほうだと伊豆ヶ岳もおすすめです。

秩父にあるのに伊豆ヶ岳って名前なんですね!

八並 伊豆ヶ岳は、天気がいい日だと伊豆半島まで見渡せることからその名前がついたんですよ。標高は850mほどですがやや急勾配なので、ちょっと体力がいるかもしれませんね。下りに「浅見茶屋」という茶屋があって、そこでゆっくりくつろぐのもおすすめです!お茶屋さんなのに手打ちうどんが有名なんです(笑)

山小屋では各山のグッズが売られていることも。グッズを集めに山歩きをするという楽しみ方もできます。

そうやって山歩き以外にも楽しみがあるっていいですね。八並さんの山の楽しみ方ってどんなものなんでしょうか?

八並 私は山頂での食事をけっこう楽しんでますね。コンロやカットした材料を持って山頂で鍋とか(笑)
 でも、初心者だとそんな重装備じゃつらいので、自分が好きな食べ物を持って行くのがおすすめです。果物とか、カップラーメンとか。カップラーメンは水筒に熱湯を入れて持っていけばOKですから。
 別に、はじめから山歩きそのものを楽しむ必要はないんです。山頂で食べるご飯や景色、下山後の温泉やグルメを目的にしてもいいんですよ!

金柑やみかんの甘酸っぱさが、山歩きで疲れた体に心地よく染み渡りそうです。

まずは自分に合った道具とやさしい山で、山歩きを「いいな」と思えることが大切

登ることへの楽しみを見つけていくと、山が好きになれそうです!

八並 最初の山歩きで「山ってつらいな」と思ってしまったら、次の山に行ってみようって気にはなれませんよね。まずは山を楽しむこと。そのために、「三種の神器」のような、安全だけでなく山歩きをラクに快適にするアイテムが大切になってくるんです。
 まずは無理のないところから始めて「山っていいな」「なんとなく楽しいな」と思ってもらえたら、山好きとしてはうれしいです。

山歩きを楽しむためにも、道具や自分に合ったレベルの山選びが大切なんですね。さっそく山に登りたくなってきました!お話、ありがとうございました!

取材協力:新宿東口ビックロ店

【募集したその他のトピックはこちら】

初めての山歩き! あなたのイチオシスポットは? オススメのアイテムは?

この春、あなたも山ガールデビューして山頂で美しい山桜を見てみませんか?

初めての山ガール、女性のための山旅特集

※ツアーは終了している場合があります。