古典×現代2020―時空を超える日本のアート

美術展ナビ

「仙厓×菅木志雄」の会場風景(撮影:上野則宏)

ユーモラスな書画で知られる江戸時代の禅僧・仙厓せんがいと「もの派」を代表する美術家・菅木志雄(すが・きしお)さん、刀剣と美術家・鴻池こうのいけ朋子さんなど、近世以前の作者・作品と現代のアーティストとの組み合わせで日本美術のエッセンスに迫る展覧会「古典×現代2020―時空を超える日本のアート」が6月24日、東京の国立新美術館で開幕しました。

現代作家8人が古美術品と自作を用いて展示・インスタレーションを行う企画。1組ごとに展示スペースが設けられて共演・競演が繰り広げられています。日本と東洋の古美術を中心に扱う美術雑誌「國華(こっか)」の主幹・小林忠さんと国立新美術館学芸課長の長屋光枝さんが共同監修しました。3月から6月までの予定でしたが、新型コロナウイルス感染の拡大防止のために同美術館が臨時休館となり、会期変更の上、夏の展覧会としてスタート。8月24日まで開かれ、会期中に展示替えがあります。事前予約制。詳細はホームページで。

禅僧・仙厓と「もの派」菅木志雄さん

仙厓は「円相図」に描かれた「〇」だけでなく「△」や「□」なども用い、菅さんは自然物と人工物を織り交ぜて、仙厓の抽象化した造形に呼応しました。

「仙厓×菅木志雄」の会場風景(撮影:上野則宏)

花鳥画と写真家・川内倫子さん

江戸時代の絵師・伊藤若冲らの花鳥図と、生命のサイクルをテーマに据えた川内さんの写真作品や映像作品が同じ空間に並んでいます。日本人の自然観や生命観を問うかのよう。

「花鳥画×川内倫子」の会場風景 (撮影:上野則宏)

江戸時代の僧・円空と彫刻家・棚田康司さん

「円空×棚田康司」の会場風景。高さ2メートルを超える円空の「護法神立像(ごほうじんりゅうぞう)」(左の2躯)、棚田さんの「つづら折りの少女」(中央) (撮影:上野則宏)

刀剣と美術家・鴻池朋子さん

牛革を用いた「皮緞帳かわどんちょう」が2枚、展示室の空間を支配しています。刀剣越しに見ると、あたかも1枚の「緞帳」を手前の刀剣で切り裂いたかのよう。2枚の間で人の頭の形をした銀色の振り子が揺れています。「殺気」の余韻を表しているのでしょうか。

「刀剣×鴻池朋子」の会場風景。刀剣「銘 兼房」(手前)と鴻池さんの「皮緞帳」(奥) (撮影:上野則宏)
緞帳の間を行き来する人の頭の形をした振り子。声を発するかのような表情(鴻池朋子さん提供写真)

仏像と建築家・田根剛さん

田根さんは光と祈りをテーマに、日の出や日没など日の移ろいを反映したインスタレーションを行いました。

「仏像×田根剛」の会場風景。「日光菩薩立像」(右)と「月光菩薩立像」(左)/いずれも鎌倉時代 滋賀・西明寺蔵 (撮影:上野則宏)

葛飾北斎と漫画家・しりあがり寿さん

「北斎×しりあがり寿」の会場風景。しりあがり寿「―葛飾北斎―天地創造from四畳半」2020年/作家蔵 (撮影:上野則宏)

江戸時代の陶工・尾形乾山とデザイナーの皆川明さん

皆川さんはファッションブランド「ミナ ペルホネン」を主宰するデザイナー。皆川さんの洋服やハギレには、乾山のやきものと共通する「ものづくり」の手触り感があります。

「乾山×皆川明」の会場風景(撮影:上野則宏)

「奇想の画家」曾我蕭白と美術家・横尾忠則さん

「蕭白×横尾忠則」の会場風景(撮影:上野則宏)

国立新美術館の長屋光枝さんは、図録に寄せた一文で「過去の偉業に現代の側からの応答を、様々な観点から示そう」とした、と企画の狙いを明らかにしています。時代を超えたアーティスト間の、遊び心も交じえた“対決”ぶりが見どころです。

(読売新聞東京本社事業局専門委員 陶山伊知郎)

古典×現代2020―時空を超える日本のアート

会期:2020年6月24日(水)~8月24日(月)
場所:国立新美術館 企画展示室2E(東京都港区六本木7-22-2)
観覧料金:一般1700円(事前予約制)
※日時指定券の予約は15分刻みで受け付けています。
休館日:火曜日
国立新美術館
展覧会ホームページ