歴史ロマンを感じる白山平泉寺、奥越前の森へ

リフレッシュ! 極上旅

福井県の北東に位置する奥越前。四方を山々に囲まれたこのエリアには広大な史跡や城下町が残り、美しいニッポンの風景を見ることができます。それまでは、印象は決して強くなかった奥越前でしたが、1泊2日の旅で得た感動は想像以上。なかでも、山中に潜む壮大な宗教都市の跡地は、歴史の面白さを再発見させてくれました。

まほろばの神秘的な風景に心が奪われる

辺り一面を覆い尽くす緑のこけや、木立の中にひっそりと延びる石畳の道……。その幽玄な雰囲気に、空想の世界に迷い込んだかのような気分になってしまったのは、勝山市にある「白山平泉寺はくさんへいせんじ」。白山のふもと、白山国立公園の中にある史跡です。

恵みの水をもたらす霊峰・白山は、古くから人々にあがめられていました。717年、その地に修験道の僧・泰澄たいちょうがお参りをするときの登り口として開いた霊場が、白山平泉寺のルーツです。当時は、修行者のための宿坊や、白山を礼拝する神社や寺院が並んでいたといいます。後に、ここは「平泉寺」と呼ばれるようになりました。

白山国立公園内にある白山平泉寺。境内の入り口となっている「精進坂」は、ここから先に魚や肉を持ち込むことが禁じられていたことから、この名が付けられた

目の前に広がる幻想的な景観もさることながら、私が強烈にひかれたのは、1000年以上にわたり築かれたドラマチックな歴史です。ここは、単に長い時を刻んだ古刹こさつというだけではありません。

もともと山岳信仰の拠点として、山伏や僧兵がいた平泉寺は、1084年、比叡山延暦寺の末寺になったのをきっかけに、僧兵集団として知られるようになりました。源平争乱で源氏側につき、土地を与えられると、さらにパワーアップ。土地を守るべく武力を持ち、武力を持てば戦に出て、戦に勝てば土地を得て、土地があれば年貢が入り……と、次第に財政基盤が築かれていったといいます。

杉木立と苔が美しい参道。雨がさらに雰囲気を神秘的にする

最盛期は戦国時代。都市計画によって整備が進められ、当時、日本最大規模の宗教都市として繁栄しました。8000人もの僧兵が暮らし、数十の堂や社、数千におよぶ坊院が立ち並んでいたとも言われています。

ところが、次第に年貢に苦しむ農民の恨みを買うように。1574年に勃発した一向一揆により全山が焼亡、一帯は焼け野原と化してしまいます。

その9年後、難を逃れた顕海和尚が2人の弟子と共に焼け跡に戻り、平泉寺を再興したものの、明治維新の頃、再び時代の波にのまれてしまいます。神仏分離令(神道と仏教を混合する日本古来の信仰の形を壊し、神道の国教化を進める運動)により、「平泉寺」の寺号は廃止され、白山社の本社や拝殿、鳥居などが「白山神社」として残されました。

平泉寺白山神社には約100種類の苔があると言われている。苔が美しい時期は、7月頃から秋にかけて

実に、開山から焼き討ちまで約850年、それから現在まで約450年。長い月日を経て、本格的な発掘調査が始まったのは1989(平成元)年のことでした。すると、石畳や石垣、僧侶の住居などの遺構が見事に残っていることが判明。今、栄華を誇った平泉寺の全容が、少しずつ明らかになりつつあります。

拝殿はかつて、平泉寺の僧が一堂に会するほど巨大だったという。現存のものは、19世紀に建立されたもの

そんな映画のような史実は、白山平泉寺の総合案内施設「白山平泉寺歴史探遊館 まほろば」で紹介されています。驚いたのは、これほど深い山中にありながら、暮らしは閉ざされたものではなく、世界に開いていたということ。最盛期は貿易も行い、国内だけでなく海外からもさまざまなものが運ばれていたといいます。これも、発掘調査が進んでいるからこそ分かったこと。館内には、出土した中国製やベトナム製のお椀やお皿が展示されていました。

白山平泉寺のビジターセンターともいえる「白山平泉寺歴史探遊館 まほろば」。ハイビジョン映像や発掘調査で出土した遺跡も紹介

とはいえ、掘り起こされた遺跡は全体の1%に過ぎません。まだまだ歴史ロマンは、緑の苔の中に眠っています。ちなみに、私が訪れたときは土砂降りで、雨がいっそう神秘さを増していました。まほろば(素晴らしい場所)と言われた昔日を思い描きながら歩くなら、こんな雨の日もなかなかいいものです。

滋味を楽しむ、優しい郷土料理

朝一番のりんとした空気のなかで白山平泉寺を散策した後は、地元でランチ。そばどころである勝山市の名物「おろしそば」をいただくことにしました。訪ねたのは、地元で愛される「八助はちすけ」。代々続く製麺所でもあり、石臼でひいたおそばが食べられるお店です。

通りから路地に入ったところにある「八助」。代々続く製麺所でもある店内は、雰囲気たっぷり

だしにおそばをつけていただくものをイメージしていましたが、勝山のおろしそばは一味違っていました。おそばとだしは別の器で用意されますが、ざるそばのような食べ方はしません。豪快に、だしをそばにかけて食べるのです。これはちょっと新鮮。

細くコシのあるおそばは、大根おろし入りのだしを豪快にかけて、かつおぶしとネギとともにいただく

大根おろし入りのだしは薄味で、そばはつるんとして食が進みます。あっという間に1杯たいらげてしまい、温かいかけそばをお代わりしてしまいました。こちらのお店は小ぶりでリーズナブルなおそばのため、2、3杯食べていく人も多いのだそうです。

温かいかけそばも絶品! おろしそば、かけそばともに470円とリーズナブル。だしは、最後に出てくるそば湯に加えて飲み干せてしまうほど、あっさり優しいお味

このほかに、勝山の雰囲気を楽しめるランチスポットが、旧料亭を改装した「花月楼かげつろう」です。かつて花街としてにぎわった通りにある建物は、歴史を感じさせるしつらえが、至るところに残されています。

かつて料亭だった建物を改装した「花月楼」。1904(明治37)年に建てられ、大正時代に増築された。リノベーションは最小限にとどめられ、風情たっぷり
勝山の郷土料理、ぼっかけ。昔からお祝いの席で食べられていたおめでたい料理

風情たっぷりの空間で楽しむのは、「ぼっかけ」。かまぼこや三つ葉が入っただしを温かいご飯にかけて、ノリやワサビを添えて食べる、昔ながらの郷土料理です。見た目はシンプルながらおいしいのは、お米とお水がおいしいからでしょうか。気取らず肩肘を張らないものがおいしいこの街を、もっと知りたくなりました。

国史跡白山平泉寺旧境内
花月楼

【オススメの関連記事】
リフレッシュ! 極上旅

芹澤和美
芹澤和美(せりざわ・かずみ)
旅行ライター

 編集職を経て、1996年、中国・上海へ短期留学。帰国後、フリーランスの旅行ライターとして活動。主なフィールドは、98年から通い続けているマカオや、中国語圏、アジア、中米、南アフリカ。主に、旅行雑誌やカード会員誌、機内誌、新聞などで国内外の旅行記事や紀行文を掲載。著書に『マカオノスタルジック紀行』(双葉社)。

JOURNAL HOUSE