野生のウサギの楽園 知られざる歴史を秘めた大久野島

リフレッシュ! 極上旅

瀬戸内海に面した歴史ある街、広島県竹原市。ヒストリカルな雰囲気の旧市街がある一方で、離島へのショートトリップやクルーズも気軽に楽しめます。1泊2日の竹原旅行、2日目は瀬戸内海のクルーズに出発。船上からみごとな多島美を眺めながら、可愛かわいらしいウサギたちが暮らす大久野島おおくのしまへと向かいました。のどかなこの島は、知られざる歴史も秘めています。

船を降りたとたん、ウサギたちによる熱烈歓迎が

瀬戸内海のなかでも、最も多島美に優れていると言われているのが、竹原の近海。クルーズ船に乗れば、個性豊かな島々や、広島県と愛媛県を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」を構成する橋を間近で眺めることができます。

多島美に優れた瀬戸内海をクルーズ

手軽な定期観光船からプライベートクルーズまで手段がいくつかあるなか、私が選んだのは、プライベートのチャータークルーズ。貸し切りのクルーザーは費用が高いイメージがありますが、「せとうちクルーザー」は1時間から利用することができて意外とリーズナブル。なによりマイペースでのんびりと楽しむことができます。

竹原港を出発して、まずは大久野島へ。ここは、野生のウサギが多く生息する島として知られ、外国からの旅行者も多い場所です。船が島に近づくと、なにやら港に向かって飛び跳ねてくる小さな影がたくさん……。なんだろう?と思っていたら、まさに野生のウサギたちでした。

ウサギは弱い動物。ストレスがたまりやすく骨を折る心配もあるため、追いかけまわしたり、抱っこしたりせずに、そっとエサをあげるのが思いやり

港で私たちを待ち構えていた彼らのお目当ては、エサ。この日は天候があまりよくなく、朝は定期観光船で訪れる来島者がほとんどいなかったため、おなかを相当かせていたのでしょう。思ってもいない熱烈歓迎ぶりでした。これも、一度に大勢が上陸することのないプライベートクルーズならではの醍醐味だいごみです。「せとうちクルーザー」からいただいたエサは、あっという間に彼らのおなかに収まってしまいました。

この島に生息するウサギは、現在900匹以上。これほどまでにウサギが増えたきっかけは諸説がありますが、1971年頃に地元の小学校で飼われていた8匹が放たれ、それが繁殖したという説が有力なのだそう。ウサギは繁殖力が強いとはいえ、ここはかなり居心地がよかったようです。

港でくつろぐウサギたち

こうしてウサギたちのパラダイスとなった大久野島ですが、一時、秘密の島として地図から消されていた時代もありました。なぜなら、ここには日本陸軍の毒ガス製造工場があったからです。素朴で穏やかなこの島に毒ガス製造工場が造られたのは、戦前の1932年頃のこと。多いときには1日5000人の従業員がこの島に上陸していたといいます。

戦争が終わり、工場は処理・解体され、再び地図に大久野島の名が復活しました。でも、戦争中に行われていた毒ガスの生産も、戦後の毒ガス処理も、いうまでもなく危険で過酷な仕事。これらに従事し、傷害を受けた人や亡くなった人は少なくありません。

毒ガス製造工場だった頃の遺跡が島内に何か所か残る

それにもかかわらず、その事実は慎重に秘匿され、1980年代までほとんど知られていませんでした。今は、実態を多くの人に知ってもらい、悲劇を繰り返さないようにと、島内にある「毒ガス資料館」に貴重な資料が展示されています。

瀬戸内海に浮かぶ小さな島の、光と影。歴史を知るとなおのこと、ウサギたちが無邪気にエサをねだる平和な光景が、いとおしく感じます。

海上で圧倒的な存在感を放つ、一島まるごと工場

大久野島のウサギとお別れした後は、ふたたび瀬戸内海をクルーズ。「瀬戸内しまなみ海道」の一部となっている橋を下から眺めるのは、クルーズだからこその楽しみです。

圧倒されたのは、契島ちぎりしま。ここは一島がまるごと、「東邦亜鉛株式会社」の亜鉛精錬工場となっています。産業のある島というと、長崎県の端島はしま(通称:軍艦島)が有名ですが、ここは軍艦島と違って今も現役。日本の亜鉛の多くがここで造られているのです。

24時間稼働している契島。島の中央部に立つ美しい煙突は、島のシンボル

工場は1899年に精錬所として操業を始めて以降、実に100年以上の時を刻んでいます。現役で稼働しているため、上陸して社会見学というわけにはいきませんが、クルーザーで近くまで行って、その景観を眺めることができます。この日は風もなく、空にまっすぐにのぼっていく煙突の煙が、りんとした美しさを放っていました。

すぐ近くには、大型船舶を造るドックもあります。船上から眺めたのは、その強く美しい光景。モノを生み出す場所はこんなにも美しいものなのかと、じんときてしまいました。

「今治造船広島工場」のドック。まるで鳥居のように並ぶ重機が美しい

せとうちクルーザー
休暇村大久野島HPより「うさぎからのお願い」

あわせて読みたい

気分はタイムトラベラー! 広島県竹原市の美しく古い町並みへ

芹澤和美
芹澤和美(せりざわ・かずみ)
旅行ライター

 編集職を経て、1996年、中国・上海へ短期留学。帰国後、フリーランスの旅行ライターとして活動。主なフィールドは、98年から通い続けているマカオや、中国語圏、アジア、中米、南アフリカ。主に、旅行雑誌やカード会員誌、機内誌、新聞などで国内外の旅行記事や紀行文を掲載。著書に『マカオノスタルジック紀行』(双葉社)。

JOURNAL HOUSE