穴場発掘! 蒲田でのんびり「女子さんぽ」のススメ

おさんぽダイアリー

 商業・工業の街。ノスタルジーを感じさせる路地裏の飲み屋街――。そんなイメージが強い東京・蒲田ですが、女子も楽しめる穴場スポットも充実しています。スイーツ店やパワースポット、新たな名所など、友達と探検するにはうってつけのエリアです。のんびりとした「女子さんぽ」で、お気に入りの場所を発掘してみてはいかがでしょう。

ピンクの車が目印 ほっこり大学いも

 「甘藷かんしょまれのや」は、ピンク色の車が目印の、サツマイモを使ったスイーツのお店です。 

 ホクホク系、しっとり系の甘いさつまいもを日本全国から厳選。季節ごとに産地と銘柄を指定し、手作りで提供しています。「大学いも(中)」は、外はちょいパリ、中はしっとりの揚げ加減。無添加で安心の優しい味がたまりません。

 ほかにも、「うすぎり」や「スイートポテト」「ふかしいも」を販売。ビタミンやミネラルが豊富なさつまいもの優しい甘味で、ほっと一息ついてみてはいかがでしょうか。

店一番人気! 老舗のジャンボ棒ひれかつ

 肉好き女子におすすめなのが、老舗精肉店「合資会社 安藤食品」。厳選したお肉を提供し、昭和初期から地元の人たちの食卓を支えてきました。

 4代目の店主の自慢は、たっぷり180グラムの「ジャンボ棒ひれかつ」です。店一番の人気商品は、注文を受けてから10分間、ゆっくり揚げるので、熱々のサックサク。

 お手頃価格の弁当やサラダ、の花などの副菜も販売しています。上質なお肉と特注パン粉・揚げ油など、すべてにこだわって作るとんかつも人気。電話予約で、揚げたてを楽しめます。

大田のお土産100選を受賞したティラミス

 蒲田探検のお土産に、洋菓子店「MIYAKO」のティラミスはいかがでしょう。

 しっとり濃厚なコクと甘味を持つ、最上のマスカルポーネチーズを使用。イタリアの名店で腕を磨いたシェフの高い技術が、ふんわりと優しい口どけのティラミスを生み出しました。

 ティラミスは、2016年度の「大田のお土産100選」に選ばれた一品。冷凍で1か月、そのままの味わいを楽しめるのもうれしいですね。

漁業の街のパワースポット

 かつては、漁業が盛んだったこのエリア。人々には、身の安全や生活の安定を神仏に祈る習わしがあったと言われ、羽田空港周辺には、漁業とかかわりのある神社や稲荷、記念碑が多く残されています。

 そのうちの一つが「穴守稲荷神社」。江戸時代後期、鈴木新田(現在の羽田空港内)を開墾する際、海が荒れ、堤防に大穴が生じて大洪水となりましたが、稲荷神をまつったところ、水害が収まったことに由来。持ち帰って家にまくと、願いがかなうとされる「あなもりの砂」で知られています。

趣味を満喫できるスポットも

 蒲田では、あなたの趣味を満喫できるスポットにも出会えるかもしれません。

 手芸女子に人気の手作りホビー材料チェーン「ユザワヤ」。本社は、大田区西蒲田にあります。JR・東急蒲田駅の南口を出てほどなく、本社に併設された「ユザワヤ蒲田店」が現れます。店内に所狭しと並べられた、かわいい布地やキラキラしたビーズには、誰もが胸を躍らせるはず。材料探しに訪れれば、眺めているだけで時間を忘れてしまうでしょう。

 大田区の新たな立ち寄りスポットとして気になるのが、「大田区立勝海舟記念館」。

完成イメージ

 勝海舟のお墓がある大田区・洗足池に19年9月、開館する予定です。勝海舟の記念館は、日本で初めて。幕末から明治にかけての激動の時代を駆け抜けた、勝海舟の人生に思いをせてみるのもいいかもしれません。

◇ ◇ ◇

紹介した中には、ハーフ・プライスHangaQooを持参すると、期間限定で、半額で楽しめるものもあります。

 ハーフ・プライスHangaQooは、「地域密着型“使える!”クーポン&ガイドブック」です。有効期間中、本冊子を提示すると、掲載特典のサービスが50%OFF(半額)で利用できます。従来のグルメガイド本とは異なり、魅力的なランチやディナーなどのグルメはもちろん、ショッピング、リラックス、エンターテインメント、スクールなど、様々なジャンルのサービスを掲載。入ったことがないけど商店街の気になるお店、ハードルの高い地元の老舗、知らなかった!地元の名店、生活にお得なサービスなどを集めております。地域を散策しながら楽しむ情報として、ぜひご利用ください。
ハーフ・プライスHangaQoo編集部

*ハーフ・プライスHangaQooのHPはこちら