他では味わえない、能登で体験する「本物の海」

リフレッシュ! 極上旅

 北陸新幹線の開通で、首都圏から旅がしやすくなった石川県の能登半島は、気軽に出かけられるデスティネーションの一つ。海に山、そしてなにより人々の温かさがうれしくて、訪れるたびに「またここに来たい」と思う場所でもあります。私にとって幾度目かの能登旅の目的は、他では味わえない“特別な体験”を満喫することでした。

満天の星の下、定置網漁船に乗って海に出発!

 金沢方面から車を走らせて、能登半島へ。日本で唯一、車で砂浜を走ることができる「千里浜ちりはまなぎさドライブウェイ」を過ぎると、次第に牧歌的な風景が目に飛び込んできます。雄大な海に山。ここは、いつ訪れてもドライブが楽しい場所です。

全長約8kmの「千里浜なぎさドライブウェイ」。砂浜を走るのは爽快!

 能登の醍醐味だいごみといえば、おいしい魚をいただくこと。能登の海は「天然のいけす」と呼ばれるほど魚が豊富なのです。でも、今回の旅は、ただレストランや旅館で味わうだけではありません。一番の楽しみは、漁師さんとともに海に行き、漁を見学して、とれたての魚を味わうこと! 

 体験したのは、大型定置網の乗船ツアーです。漁船に乗り、漁師さんたちの定置網の引き上げ作業を見学します。「定置網漁」は、海中の定まった場所に網を設置し、回遊する魚群を誘い込む漁法のこと。大事な水産資源をとり尽くすことがない、サステイナブルな(持続可能な)漁業ともいわれています。ふだんは海の街に行くと、何も考えず「おいしい!」とばかりに魚を食べていますが、そんなことを知ると、海のこと、自然環境のことも考えさせられます。

 漁が始まるのはきっと早朝なんだろうなあと思っていたら、朝どころか夜中の3時! まだ辺りが真っ暗なうちに、船は鹿渡島かどしま漁港を出港しました。

まだ真っ暗なうちに漁船は出発。見学の際に必要な長靴やかっぱ、軍手などは500円で一式レンタル可能

 定置網をしかけた漁場までは20分ほど。船の上、しかも未明の時間なので、最初は相当寒いのだろうと覚悟して縮こまっていたのですが、ふと気づくと、頭上は満天の星。そのなかを、一本の灯だけをつけてすいすいと進む船にいるなんて、とても爽快です。

 遠くの灯台が海面を照らすのを眺めていると、なんだか神聖な気分……と、感傷に浸っていると、だんだん船上が騒がしくなってきました。網にかかる魚を狙ったカモメたちです。カモメに迎えられたら、そこは漁場。漁師さんたちが、約1時間かけて網をひくのを見学します。

カモメの多さにびっくり!

 当然のこと、船は揺れます。でも、だからこその臨場感だし、テキパキと働く漁師さんたちの後ろ姿が記憶に残っています。

とれたての魚の味に食がすすむ、漁師飯の朝ごはん

 次から次へと網にかかる魚は、船倉ふなぐらと呼ばれる船底の貯蔵庫に入れて、港まで運ばれます。網をひく、魚群を船倉に入れる、という一連の作業は、とてもスムーズで、思いのほかシステマチック。若い漁師さんたちも、とても穏やかでジェントルマンです。「漁船=怒号が飛び交う」「漁師=荒々しい」というそれまでの勝手なイメージとは、まるで逆。定置網漁はチームプレーであることも関係しているのでしょうか。

定置網へ到着したら、網にロープを掛け、巻き上げていく。水深約50メートルから引き上げる作業は、30分ほどかかる(左)。とれた魚は船倉に入れて、港まで運ばれる

 引き上げ作業を終えた船は、再び港へ。帰港後、魚はすぐに選別され、市場へと運ばれます。春先にとれるのは、サヨリやハチメ(メバル)、マイワシやコノシロ(コハダの成魚)、小さめのスルメイカ。5月は、ここが一年で最も活気に沸く大漁のシーズンです。ときには、何トンもの大アジが一度に入ることもあるのだそう。

引き上げ作業を終え、港に帰る時間、美しい日の出に遭遇

 さあ、これからの楽しみは、とれたて魚の朝ごはん。この日は運よく大きなタラが網にかかり、私たちはそれをいただくことができました。タラをお刺身でいただくのは初めてのことですが、こんなにおいしいとは! 新鮮な魚が手に入る定置網漁だからこその恵みです。魚の出汁だしがたっぷりのみそ汁に、ほどよい脂と甘みが口いっぱいに広がる煮魚と、ごちそう尽くし。朝からつい食べ過ぎてしまいました。乗船体験から朝食まで約5時間。ちょっとハード……という人には、船に乗らず水揚げから見学するコースも。詳しくは、「俺たちの能登地域活性化協議会」へ。

天然の出汁がきいた風味豊かなみそ汁

 訪れるのが冬であれば、能登名物「かぶら寿司ずし」を作る体験も行われています。かぶら寿司は、かぶらの間にブリやニンジンなどを挟んで発酵させた、なれずしの一種。冬の味覚ですが、シーズン最後に間に合った私は、かぶら寿司作りを体験することもできました。

自分で作った「かぶら寿司」は能登旅の最高のお土産に

 発酵食品と聞いただけでも美容によさそうな、かぶら寿司。仕上がりはクリーミーで濃厚、思わず地酒が進んでしまうお味でした。

俺たちの能登地域活性化協議会

【オススメの関連記事】
リフレッシュ! 極上旅

芹澤和美
芹澤和美(せりざわ・かずみ)
旅行ライター

 編集職を経て、1996年、中国・上海へ短期留学。帰国後、フリーランスの旅行ライターとして活動。主なフィールドは、98年から通い続けているマカオや、中国語圏、アジア、中米、南アフリカ。主に、旅行雑誌やカード会員誌、機内誌、新聞などで国内外の旅行記事や紀行文を掲載。著書に『マカオノスタルジック紀行』(双葉社)。

JOURNAL HOUSE