人形町の老舗で「本物」に出会う

おさんぽダイアリー

 東京・日本橋人形町の魅力は、下町情緒あふれる町並み。確かなわざで、地元に愛され続ける名店が並んでいます。でも、老舗って「一見さんお断り」なんて書いてありそうで、入りづらいもの。そこで今回は、気軽に立ち寄れるお店を紹介します。春風に背中を押してもらい、お店をのぞいてみてはいかがでしょう。きっとあなたも「本物」に出会えるはずです。

50年以上愛される絶品カツサンド

 東京メトロ人形町駅から明治座まで続く小さな商店街「甘酒横丁」。1本路地に入った先にひっそりとたたずんでいるのが、昭和34年(1959年)創業の洋食店「Grill TSUKASA(グリル・ツカサ)」です。
 洋食店がひしめく人形町で、長年愛され続けてきた名店の人気メニューは「カツサンド」。オリジナルブレンドのソースがからまった厚さ3センチものカツは、食べごたえがあり絶品です。
 厳選して仕入れた食材だけを使った店主のこだわりが光る一品で、コース料理の中でも提供しています。お店の味をそのままテイクアウトできるので、差し入れとして買っていく人も多いそうです。
 古民家を改築した店内は、店名が刻まれたすりガラスの扉やモダンな絵画など、店主のセンスが感じられる装い。様々なバリエーションのコースもあるので、デートや女子会などにもおすすめです。

1760年創業 鳥料理「玉ひで」の親子丼

 宝暦10年(1760年)創業の鳥料理店「玉ひで」は、親子丼が生まれた店として全国的に知られる老舗です。今は8代目が、200年以上にわたる伝統に磨きをかけて提供しています。
 吟味した鶏肉と卵を使った親子丼には、関東の醤油しょうゆと上品なみりんの風味を生かすため、香りのある具を入れないそう。この「江戸前の味わい」こそが、受け継がれてきた玉ひでの味。発祥の店で、変わらぬ味を楽しんでみてはいかがでしょう。

 また、同店は、池波正太郎の時代小説「鬼平犯科帳」に登場する軍鶏しゃも鍋屋「五鉄」のモデルといわれています。鬼平も「うまい」とうなった「五鉄軍鶏鍋」にも挑戦してみたいですね。

名物おでんに舌鼓

 まだ寒さを感じる夜も多いこの季節。老舗で、「おでん」はいかがでしょう。
 長年、地元の方に愛され続けている、昭和2年(1927年)創業の居酒屋「うるま」は、おでんと串焼きが自慢のお店です。どこか懐かしい雰囲気の店内に入ると、明るい女将おかみさんがお出迎え。出汁だしがしっかりしみ込んでいる名物のおでんには、舌鼓を打ってしまうはずです。

 一度食べたらほとんどの人が、リピート注文するといううわさの「うなぎのくりから焼き」もおすすめ。友達と、おひとりさまで、ゆったりとした夜を過ごしてみるのもいいかもしれません。

伝統とポップカルチャーの融合

 散歩の途中で立ち寄りたいのが、明治6年(1873年)創業の劇場「明治座」。関東大震災や第2次世界大戦などの災厄に見舞われながらも、復興を遂げてきた歴史の深い建物です。

 漫画「サザエさん」や「銀河鉄道999」をテーマにした舞台、人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が出演する特別公演など、伝統芸能とポップカルチャーが融合した新感覚のエンターテインメントショーも楽しめます。

 また、創業145周年を記念して制作されたデジタル緞帳どんちょう「四季喜昇座-時を紡ぐ緞帳」(縦7メートル、横20メートル)も新たな見どころ。デジタルアート集団「チームラボ」が手がけたもので、デジタル映像によって、前身である劇場「喜昇座」を中心とした日本橋のにぎわいが再現されています。

 ハーフ・プライスHangaQooは、「地域密着型“使える!”クーポン&ガイドブック」です。有効期間中、本冊子を提示すると、掲載特典のサービスが50%OFF(半額)で利用できます。従来のグルメガイド本とは異なり、魅力的なランチやディナーなどのグルメはもちろん、ショッピング、リラックス、エンターテインメント、スクールなど、様々なジャンルのサービスを掲載。入ったことがないけど商店街の気になるお店、敷居の高い地元の老舗、知らなかった!地元の名店、生活にお得なサービスなどを集めております。地域を散策しながら楽しむ情報として、ぜひご利用ください。
ハーフ・プライスHangaQoo編集部

*ハーフ・プライスHangaQooのHPはこちら*