幻のウイスキーと絶品オイスターを求めて厚岸へ

リフレッシュ! 極上旅

 極寒期ならではの感動的な景色を求めて旅した、ひがし北海道。最後に訪ねたのは、厚岸あっけし町でした。お目当ては、極上の牡蠣かきはもちろん、新進気鋭のウイスキー。海と湿原に恵まれたこの街には、理想的な環境と作り手の情熱が生み出す国産ウイスキーがあるのです。

スコットランド・アイラ島に似た環境が生み出す極上ウイスキー

 私はとくに熱心なウイスキー・ラバーというわけではありません。でも、北の小さな街で造られるクラフトウイスキーと聞けば、テイストはもちろん、その誕生ヒストリーがとても気になります。訪ねた厚岸は、天然の良港で知られる、道東で最も古い歴史を持つ街のひとつです。

 本格的なモルトウイスキーを生み出しているは、「厚岸蒸溜所」。2016年に本格稼働をスタートし、18年に「厚岸NEW BORN FOUNDATIONS 1」「厚岸NEW BORN FOUNDATIONS 2」を発売して話題を集めた、新しいウイスキー蒸溜所です。

 3月5日には、待望の新作「厚岸NEW BORN FOUNDATIONS 3」が登場。北海道産の希少なミズナラ材のみを使用したたるで8~23か月熟成させたノンピーテッドモルト原酒をバッティングしています。

「厚岸NEW BORN FOUNDATIONS 1」はバーボン樽で、5~14か月熟成したノンピートモルト原酒をバッティング。「厚岸NEW BORN FOUNDATIONS 2」はバーボン樽で、8~17か月熟成したピーテッドモルト原酒をバッティング

 「厚岸蒸溜所」の母体は、食品の原材料の輸入も行う堅展実業(本社・東京)。もともとウイスキーの輸出も行っていましたが、ブームで人気が高まるなか、国産ウイスキーの確保が難しくなり、自社での生産に取り組むことに。風味の決め手となる“熟成を行う環境”を探して、厚岸にたどり着いたのだといいます。

 海の幸で知られる漁師町の厚岸が、ウイスキー造りの地として選ばれた理由は、気候と風土。冷涼で湿潤な気候や、豊富なピート(麦芽を乾燥させる際に使う、植物が炭化してできた泥炭)は、シングルモルトの聖地と呼ばれるスコットランド・アイラ島にとてもよく似ているのだといいます。ピート層を通ったホマカイ川の軟水を仕込み水として使用できる点も、アイラ島のウイスキー造りと共通しています。

「厚岸味覚ターミナル・コンキリエ」の眼下に広がるのは、厚岸の街並みと海

 「厚岸NEW BORN FOUNDATIONS 1」は、発売とほぼ同時に完売。話題を集めつつも少量生産のため、なかなか手に入りにくい厚岸ウイスキーですが、町内にある道の駅「厚岸味覚ターミナル・コンキリエ」内の三つの飲食店で飲むことができます。

 ウイスキーと牡蠣を味わうべく訪れると、高台にある建物の眼下に、海に面した街並みが広がっていました。海流の影響で立ちこめる海霧に包まれた日にはきっと、アイラ島とよく似た風景になるのでしょう。

どちらも厚岸産! 牡蠣とウイスキーのマリアージュ

 「厚岸味覚ターミナル・コンキリエ」にある「炭焼き 炙屋あぶりや」は、牡蠣やジンギスカン、野菜など、新鮮な食材を欲しい分だけ購入して、自分で炙って食べることができる、屋内バーベキュー施設。バーベキューが大好きなので、こんな場所は食欲をかき立たてられます。小ぶりだが、うま味が凝縮された「カキえもん」、殻が大きな「ナガえもん」、身がたっぷりの「マルえもん」と、厚岸名物の牡蠣を存分に味わいました。

「炭焼き 炙屋」。新鮮な食材の中から、好きなものだけを選んで購入できる

 厚岸ウイスキーは、2種類を飲み比べ。「厚岸NEW BORN FOUNDATIONS 1」は、樽と柑橘系のフルーティーな香りが心地よく鼻をくすぐります。「厚岸NEW BORN FOUNDATIONS 2」は、燻製くんせいのような香ばしさが。ウイスキーに詳しくないのでほぼ区別がつかないかな、と思いきや、香りの違いをはっきりと感じることができました。スコットランドを旅したときのように、殻付きの生牡蠣に数滴たらして口にすると……磯の風味とスモーキーな香りが口いっぱいに広がり、幸せな気分に。

まずは生で名物の牡蠣を堪能
ウイスキーを牡蠣の上に垂らして、ぱくっと食べる瞬間がたまらない

 4月からは、蒸溜所内をガラス越しに見学し、「厚岸味覚ターミナル・コンキリエ」で試飲するツアー(参加申し込みは、「厚岸味覚ターミナル・コンキリエ」のホームページで)もスタート。海が見える高台に貯蔵庫を造る計画もあるという厚岸産ウイスキーの将来が楽しみです。

蒸留の設備はスコットランド製を導入(見学はツアー参加時のみ)

 すっかり食とお酒に魅了されてしまった厚岸ですが、もちろん、アクテビティーの楽しみもあります。春以降、私がぜひ体験したいと思っているのが、別寒辺牛川べかんべうしがわでのカナディアンカヌー。別寒辺牛川は、日本の主要河川の中で最も人工工作物が少ないといわれ、原始的な風景も見られるのだとか。5~10月に開催され、「厚岸味覚ターミナル・コンキリエ」で参加を受け付けています。

【オススメの関連記事】
フロストフラワーが浮かぶ 冬の川をカヌーで漂う
ひがし北海道の恵みたっぷり 美食の街・帯広のおいしいお酒と料理で温まる
寒いから美しい! 冬だけの絶景を探して、ひがし北海道へ
リフレッシュ! 極上旅

芹澤和美
芹澤和美(せりざわ・かずみ)
旅行ライター

 編集職を経て、1996年、中国・上海へ短期留学。帰国後、フリーランスの旅行ライターとして活動。主なフィールドは、98年から通い続けているマカオや、中国語圏、アジア、中米、南アフリカ。主に、旅行雑誌やカード会員誌、機内誌、新聞などで国内外の旅行記事や紀行文を掲載。著書に『マカオノスタルジック紀行』(双葉社)。

JOURNAL HOUSE