クオーツ効果でデトックス、じんわり癒やされる至福の洋上スパ

リフレッシュ! 極上旅

 4日間にわたるプレミアム船「ゲンティン ドリーム」の旅も、いよいよ最終日。私がこのクルーズで一番楽しみにしていたのがスパです。4日目はゆったりと、ほかでは受けられない極上のトリートメントに身を委ねました。

熟練セラピストのマッサージで夢心地

 シンガポールを発って4日目。「ゲンティン ドリーム」の旅は、あっという間に最終日を迎えてしまいました。名残惜しいばかりですが、まだ最大の楽しみが残っています。それは、「クリスタルライフ スパ」でのトリートメント。この日は、予約していたスパで、ゆったりとした時間を過ごしました。

クオーツを敷き詰めたベッドで、ハーブボールを使ってトリートメント

 「クリスタルライフ スパ」にそろうトリートメントメニューのなかでも、唯一無二ともいえるのが「クオーツ・クリスタル・ベッド・マッサージ」。クオーツ(水晶によく似た鉱物)を敷き詰めたベッドの上で、熟練セラピストのマッサージを受ける、約1時間半のトリートメントです。

 トリートメントの前に、まずは質問票を使ってカウンセリング。すべて英語で書かれていますが、海外のスパにつきものの、答えようのないハートに突っ込んだ質問はなく、それでいて必要な情報が伝えられる(セラピストは男性と女性のどちらがいいか、マッサージの強弱、集中してマッサージしてもらいたいところなど)内容は、さすがは香港の船らしい簡潔さ! 

心地よい音が響くティンシャベル、ハーブボール、ハーブ入りのアイピロー。クオーツベッドとの相乗効果で夢の世界へと誘う

 約50度に温めたクオーツを敷き詰めたベッドは、ほんのりと温か。シーツを通して、ほどよい温度で肌に当たるように調整されているので、熱すぎることはありません。このあったかクオーツによる効果で、じんわりと汗をかき、デトックス効果も期待できるのだそうです。

天然ハーブを詰めたハーブボール。ほのかな香りに癒やされる(左)。シーツの下には一面にクオーツが

 流れるようなセラピストの手の動きや問いかけの優しい口調はもちろんのこと、この最新のクオーツベッドも、夢心地にさせてくれます。あお向けになって頭から足先まで丁寧にマッサージしてもらっている間、ベッドがマッサージチェアのようにかすかに電動で波打つのですが、これがとても気持ちがいい! 足をトリートメントする間だけ、足先が上がるようにベッドの角度が調整される工夫などは、最新設備ならではです。

更衣室には2種類のサウナやハイドロセラピープールも。トリートメント前後にここでリラックスすることで、施術の効果もアップ

 ハーブボール(天然ハーブを詰め込んでボール状にし、スチームして温めたもの)を身体に当ててゆく時間は最高。そっと押し当てているだけなのに、じわじわと癒やされていくのです。施術の終わりを告げるティンシャベルの音で目覚めるまで、すっかり夢の中を浮遊していました。

ヘルシーフードでエネルギーチャージ

 極上トリートメントが終わったところでランチタイム。体をデトックスし、癒やされた後は、ヘルシーなものが食べたくなります。そこで、フルーツや野菜をふんだんに使ったメニューがそろう「クリスタルライフ キュイジーヌ」へ。

「クリスタルライフ キュイジーヌ」はヘルシーなメニューが充実

 スパで汗をかいて乾いたのどを潤してくれたのは、「ウーマンズ・ケア」という名前のドリンク。バナナや日本ではあまりお目にかかれないフレッシュなビーツ、ヨーグルトをミックスしたジュースです。ほかにも「フォーエバー・ヤング」「リキッド・サンシャイン」など、ユニークなネーミングのドリンクが。それぞれ、名前を反映した食材が使われています。

 フルーツの盛り合わせは、南国果物のドラゴンフルーツがたっぷりと入っていて食べ応えあり。クルーズの間、ステーキに北京ダックにシーフードと、ずっとごちそうを食べ続けていたので、こんなヘルシーな食は、ほっとします。

海を眺めながら、ヘルシーなランチを

 夕方にシンガポールに入港するまであと数時間。頭のなかでは、そろそろ下船後のことを考えてしまいますが、船内ではまだまだイベントが開催されています。私は、人気公開オーディション番組をステージに再現した「China’s Got Talent」をシアターで観賞。最後までしっかりと、この船の楽しみを満喫しました。

「船のショーはどこも同じ」と思っていると、度肝を抜かれるハイクオリティーなショーの数々。最終日もしっかり満喫

 なお、「ゲンティン ドリーム」には、バトラー付きのスイートルーム「パレス」も用意されています。専用のレストラン、プール、ラウンジのほか、ジムやカジノも備える贅沢ぜいたくな空間です。私が宿泊した「バルコニーステートルーム」に1泊1~4万円ほどの追加料金で宿泊できるので、いつかラグジュアリーな旅も体験してみたいと思っています。

 カジュアルにも、ゴージャスにもプランが立てられる「ゲンティン ドリーム」。船はたんなる移動手段ではなく、乗ることそのものが旅の目的になるということを教えてくれました。

ドリームクルーズ

【オススメの関連記事】
女性の一人旅にもオススメ! 安心、退屈知らずのクルーズ
移動の煩わしさから解放! クルーズ寄港地の観光を存分に楽しむ
お手頃なのにリッチ、3泊4日のアジアクルーズへ!
リフレッシュ! 極上旅

芹澤和美
芹澤和美(せりざわ・かずみ)
旅行ライター

 編集職を経て、1996年、中国・上海へ短期留学。帰国後、フリーランスの旅行ライターとして活動。主なフィールドは、98年から通い続けているマカオや、中国語圏、アジア、中米、南アフリカ。主に、旅行雑誌やカード会員誌、機内誌、新聞などで国内外の旅行記事や紀行文を掲載。著書に『マカオノスタルジック紀行』(双葉社)。

JOURNAL HOUSE