三島で見つけた、小さなスイーツ 太宰治も愛した洋菓子店

リフレッシュ! 極上旅

 ぶらりと訪れた三島(静岡県)の旅のお土産は、かばんいっぱいのお菓子でした。三島は、知られざるスイーツどころ。創業100年を超える老舗や、文人も愛した洋菓子店、路地裏にあるのに大人気の甘味茶屋さん……。小さなお菓子には、歴史や作り手の思い、いろいろなストーリーが秘められていました。

世代を超えて愛される老舗の和菓子

 三島に100年以上続く和菓子屋さんがあると聞いて訪ねたのは、「あさ木」。住宅街にあるお店は、老舗であることを主張するでもなく、温かくて素朴な雰囲気にあふれています。

 創業は1910年(明治43年)。ルーツは、あめやせんべいなどを売る「朝木商店」に遡ります。外観こそ「街のお菓子屋さん」ですが、店内に入ると目に映るモノクロの古い写真や、かつてお祝いの席に出されていた落雁らくがんを焼くための型が、この店の歴史を物語ります。

かつて、落雁を作るときに使っていた道具や、昭和初期の写真が飾られた店内

 三島の人たちに「チョコまん」と呼ばれ、愛されているのが、ロングセラーの「チョコレート饅頭まんじゅう」。生クリームを入れた黄身あんとココア生地を焼き上げ、チョコレートでコーティングしたお菓子です。食べてみると、甘すぎず、とても上品な味。シンプルな見た目からは想像がつかない独特の風味は、しっかりと味わって食べたくなります。

チョコレート饅頭は、見た目はいたってシンプル。食べてみると、しっとりとした餡とチョコレートが口で溶けて上品なお味(左)。ご主人手書きの商品札が、なんともいえないいい味

 このチョコまん、人気商品でありながら、9月下旬から翌年5月頃までの間しか販売されていません。理由は、気温や湿度が高い時期は、チョコレートを均一にコーティングするのが難しいからです。これも、一つ一つていねいに手作りしているからこそ。「いまだ試行錯誤の毎日ですよ。ただただ、気持ちを込めて作っています」。菓子職人歴50年以上の3代目、朝木保博さんの控えめな言葉に、このお店が世代を超えて愛される理由を垣間見た気がしました。

「街のお菓子屋さん」としてずっと愛される「あさ木」は、伊豆箱根鉄道駿豆線・三島広小路駅からゆっくり歩いて5分弱。ウェブサイトはないけれど、住所を頼りに行ってみたい(静岡県三島市加屋町10-10)

 三島の誰もが知る洋菓子の老舗といえば、1932年(昭和7年)創業の、太宰治も愛した「ララ洋菓子店」です。当時は「喫茶ララ」という名だったこのお店に太宰治が通っていたのは、小説を書くため三島に滞在していた34年の夏。洋菓子とコーヒー、そしてレコードからBGMが流れるハイカラな環境を気に入り、毎日のように訪れていたといいます。

 太宰がここに足しげく通ったもう一つの理由は、お店の美人ママのファンだったからとも。そのママこそ、初代オーナー・菊川儀雄さんの妻・千代子さん(ともに故人)です。千代子さんは東京から三島に嫁ぎ、「これからは洋菓子も人気が出るはず」と、三島で初めて洋菓子店を夫婦で開業した、チャレンジ精神旺盛な女性です。

三島広小路駅からすぐの「ララ洋菓子店」。1階はスイーツや天然酵母のパンが並ぶパティスリー。購入したものは、2階のイートインスペースでのんびりと味わえる

 55年頃から看板商品となっているのが、「ベビーシュークリーム」。その名のとおり、一口サイズの食べやすいシュークリームです。「小さければ、和菓子のあめ玉のように簡単に口に放りこめて食べやすい」と考案したのは儀雄さん。確かに、直径4センチほどのかわいらしいシュークリームは、散策しながら食べるのにもぴったりです。

名物のベビーシュークリーム。小さくて甘~い、三島のソウルフード。「カスタードクリームは時代に合わせて甘さを抑えていますが、作り方は昔とあまり変わっていません」と話すのは、2代目の恒明さん

 発売開始から長い年月がった今、ベビーシュークリームは三島のソウルフードに。2代目の恒明さん、3代目の儀明さんが、時代に合った新商品を開発しつつ、伝統の味を守り続けています。奇をてらわないけれど探求心もある、こんなお店が私は大好きです。

和と洋がミックスした、三島風スイーツをお土産に

 三島きっての名所、三嶋大社のすぐ近くで1936年(昭和11年)から続いているのは、「兎月園とげつえん」。三島のおいしい水で炊き上げたあめを使った美しい上生菓子は、舌だけでなく目も楽しませてくれます。

 お土産にしたくなるのが、桜の花の塩漬けをあんに入れた焼き菓子の「三島ざくら」です。繊細な花びらを模したパッケージをワクワクしながら開いて口にすると、しっとりとしたカステラ生地が舌に乗って、幸せな気分に。その後は、こしあんの優しい風味と、桜の花の塩漬けのしょっぱさが、絶妙に混ざり合います。

「三島ざくら」。三島桜の白い大輪を模したパッケージのお菓子。餡は黒糖、栗、しその3種類

 お酒が好きな私が一番気に入ったのは、洋酒入りの栗あんをココア風味のソフトクッキーで挟んだ「ブイマロン」。コーヒーや紅茶だけでなく、ウイスキーにも合いそうです。

「ブイマロン」は、真ん中に季節を表す焼き印つき

 老舗ながら、スポンジケーキに和三盆を使うなど、和菓子と洋菓子のテイストをミックスしているのは、3代目ご主人のアイデアです。上品ながらも冒険心のあるお菓子は、オリジナル感にあふれています。

 ここからすぐ近くの「甘味茶屋 水月」は、表通りではないにもかかわらず、地元で話題のお店です。名物は、糖度がとても高い三島甘藷かんしょ(サツマイモ)を使った「三島甘藷どらやき」。見た目はごく普通のどら焼きですが、あんにはバターや生クリームが入っています。ふんわりとした皮といい、あんのクリーミーな舌触りといい、和菓子というよりケーキのよう。三島のスイーツはどれも、見た目はシンプル、食べて「おお!」と思わせるお菓子が多いような気がします。

「三島甘藷どらやき」は、「甘味茶屋 水月」の名物。三嶋大社の近く、路地を入ったところにある。各地の老舗店で修業したご主人がオープンした気鋭のお菓子屋さん

 スイーツをたっぷりと味わった後は、地元の方が薦めてくれたベーカリーにも足を延ばしてみました。市街地からは離れた住宅街にありますが、石蔵を利用した建物は、とても存在感があります。その名も「蔵のパン屋 堂の前」。パン職人の女性が工房でパンを焼き、そのお母さんが店頭に立つ、家族で営むアットホームなベーカリーです。

 小さな店内には、個性的なパンがずらり。自家製マンゴー酵母を使ったハード系のパンや、トーストするのが惜しくなるようなきめ細やかな「食ぱん」など、パン好きの好奇心を誘うものが並んでいます。香ばしいにおいに誘われて「岩塩クロワッサン」をいただくと、表はさくっ、中は意外にももっちりとした食感に驚かされました。岩塩のしょっぱさも、生地の甘みを引き立てています。

「蔵のパン屋 堂の前」はイートインもできるベーカリー。家の前にお堂があったことから「堂の前」という屋号になり、ついた屋号をそのままお店の名前に使っているとか。午前中には売り切れてしまうことが多いので、電話で問い合わせを

 手作りの無農薬野菜や箱根西麓三島野菜など、旬の食材を使う総菜パンも、三島の風土を感じさせてくれます。隠れ家のような石蔵の中で、ゆっくりと焼きたてパンをいただくのは、ぜいたくな時間でした。

ララ洋菓子店
兎月園
蔵のパン屋 堂の前

【オススメの関連記事】
わがままな旅心をかなえてくれる 水の都・三島
リフレッシュ! 極上旅

芹澤和美
芹澤和美(せりざわ・かずみ)
旅行ライター

 編集職を経て、1996年、中国・上海へ短期留学。帰国後、フリーランスの旅行ライターとして活動。主なフィールドは、98年から通い続けているマカオや、中国語圏、アジア、中米、南アフリカ。主に、旅行雑誌やカード会員誌、機内誌、新聞などで国内外の旅行記事や紀行文を掲載。著書に『マカオノスタルジック紀行』(双葉社)。

JOURNAL HOUSE