音楽のあふれる街シカゴ 深夜までブルース&ジャズ三昧!

リフレッシュ! 極上旅

 旅先での夜は、ディナーを食べたり、夜景散策をしたりと、いろいろな楽しみ方があります。シカゴなら、断然ブルース! 街のブルースクラブでは連日ステージが行われ、チャージもリーズナブルなことから、外国人を含むたくさんの観客が音に酔いしれています。今宵はグラスを片手に、渋い音楽の世界へ――。

本場のブルースに心地よく酔う

 酔わせるようなブルースハープの響きと、おなかにズシンと響く渋いボーカル。学生時代、私はポップスよりもロックよりも何よりも、ブルースが大好きでした。社会人になってからはさまざまな音楽に出会い、ファッションを知り、旅をするようになり、すっかり自分自身の中で“懐メロ”になってしまったブルースに、再び出会わせてくれたのが、この旅なのです。

 そもそもブルースは、19世紀後半、南部の黒人霊歌や労働歌から発展しました。自らの境遇に対する悲しみや憂い、恋愛の喜びや失望などを歌詞にし、独特の音階で歌い上げたものです。その後、黒人音楽としてアメリカ各地に広まっていきました。なかでも、エレキギターを取り入れ、バンドスタイルに発展させたものが、シカゴのブルースです。

 マディ・ウォーターズやハウリン・ウルフと並ぶブルース界の大御所のひとりが、御年82歳のバディ・ガイ。歯でギターを弾くプレイ(!)も、派手なパフォーマンスも、もちろんその実力も伝説的な彼がオーナーを務めるブルースクラブがシカゴにあります。その名も、「バディ・ガイズ・レジェンズ」。

「バディ・ガイズ・レジェンズ」はランチタイムも営業。夜に出かけるのはちょっと不安……という一人旅の女性でも昼ならトライしやすい

 店内には、名だたるミュージシャンの秘蔵写真や愛用のギターが飾られていて、ステージが始まる前から、心が高揚してしまいます。

 伝説の男の店、と聞くと思わず身構えてしまいますが、予約不要のランチタイム(水~土曜)なら、気軽に雰囲気を楽しむことができます。昼からシカゴの地ビール「グースアイランド」を飲みながらブルース、というのもなかなか粋な時間。本場のブルースをしっかりと楽しむなら、夜のステージをウェブサイトで予約することをおすすめします。

伝説のミュージシャンがオーナーを務める「バディ・ガイズ・レジェンズ」。夜のライブはウエブサイトから予約ができ、ミュージックチャージは10ドル~とリーズナブル

 ブルースクラブの老舗ともいえるのが、1968年にオープンした「キングストン・マインズ」です。二つのステージに二つのバンドが交互に出演し、夜通し音楽を奏でています。明け方まで途切れなくライブが行われていて、ブルースにどっぷりと浸れることは間違いなし。もちろん、バンドとの相性や好みもありますが、まぎれもない本場の、本物の空気はやっぱり格別です。

夜も更けた頃、「キングストン・マインズ」に。入口にいる用心棒らしき男性に笑顔で迎え入れてもらう
朝4時までステージが続く「キングストン・マインズ」。こちらもウエブサイトで予約可

 ブルースクラブをハシゴしたこの日。ホテルに帰ったのは深夜2時近くでしたが、久々に音楽のシャワーを浴びて、心地よい眠りにつくことができました。

老若男女が楽しむ「ウインターズ・ジャズ・クラブ」。ちょっとだけおしゃれをして出かけたい。人気店なので、早めにウエブサイトで予約を

 ブルースには親しみが湧かないけれど、シカゴならではのライブも体験してみたい、という人には、ジャズがぴったり。「ウインターズ・ジャズ・クラブ」は、ちょっとおしゃれをして行きたいジャズクラブです。ステージで奏でられる曲は世界的ヒットソングや往年の名曲も多く、お酒を片手にムーディーな場を楽しむことができます。

ブルースの聖地「チェスレコード」

 アメリカ南部の黒人音楽だったブルースがシカゴで発展し、やがて世界中に広まったのは、名だたるミュージシャンを数多く輩出したブルース専門のレコード会社「チェスレコード」の功績です。日本の地方に暮らす女子高生だった私が、ある日、ラジオから流れてきたブルースにはまったのも、この会社があったおかげなのです。

 そんな「チェスレコード」は今、世界で唯一無二のブルースのミュージアムとなっています。シカゴブルースの立役者ともいえるミュージシャン、故ウィリー・ディクソンが、ブルースの振興とアーティストの支援を目的に立ち上げたブルース・ヘブン財団が運営しています。

シカゴのブルース・シーンをリードした旧「チェスレコード」が、今はブルースのミュージアムに(上)、秘蔵のグッズやミュージシャンたちの愛用品に目が釘付け

 館内には、華々しいステージから、普段着のミュージシャンたちの写真、ステージ衣装、大事にしていた楽器が展示され、契約に使ったオフィスやオーディションを行ったスタジオも見ることができます。ブルースの影響を強く受けていたローリング・ストーンズが録音を行ったスタジオも!

 ここはブルース・ファンにとっては聖地ともいえる場所です。まさか見学ができるとは思っていませんでしたが、予約すれば丁寧にツアーガイドをしてくれます。訪れた日は、自身もミュージシャンとして活躍する方が、ブルースへの愛があふれるガイドをしてくださいました。

 さて、ブルースのスポットばかりを歩きましたが、シカゴはそのほかの音楽も盛んです。ダウンタウンにあるミレニアムパークには巨大な野外シアターがあります。6~9月には「グラントパーク・ミュージックフェスティバル」がほぼ毎週末、開催されており、様々なジャンルの音楽コンサートを楽しむことができます。

夏の間、ミレニアムパークで毎週末のように開かれる野外コンサート。赤ちゃんからおじいちゃん、おばあちゃんまで、楽しそうに音楽を楽しむ環境がすてき

 都心に野外シアターがあるという便利な環境はもちろんのこと、何より、有料の椅子席のほかに、無料で開放されている芝生エリアがあるのが素晴らしい。一日の仕事や学校を終えた人々が芝生にピクニックシートを広げ、そこでワインを飲んだり、お弁当を食べたりしながら、思い思いに音楽を楽しんでいる様子が印象的でした。気負うことなく、普段着感覚で音楽を楽しめるなんて、すてきです。

 シカゴは音楽のあふれる街。きっと、一部の人の音楽だったブルースがシカゴで発展した背景には、街の人たちの音楽好きも影響していたのだと思います。2019年はさらに、「イヤー・オブ・シカゴ・シアター」と題して、市を挙げて劇場芸術に関連した一大キャンペーンを行うとのこと。来年のシカゴは、ダンスやオペラ、即興劇など、音楽と芸術三昧の旅が楽しめそうです。

バディ・ガイ・レジェンズ
キングストン・マインズ
ウインターズ・ジャズ・クラブ
ブルースヘブン
グラントパーク・ミュージックフェスティバル
シカゴ観光局

【オススメの関連記事】
シカゴの風を体感しながら、ヒストリカルな建築物を巡る
街そのものがアートスポット! 知的好奇心を刺激するシカゴ
リフレッシュ! 極上旅

芹澤和美
芹澤和美(せりざわ・かずみ)
旅行ライター

 編集職を経て、1996年、中国・上海へ短期留学。帰国後、フリーランスの旅行ライターとして活動。主なフィールドは、98年から通い続けているマカオや、中国語圏、アジア、中米、南アフリカ。主に、旅行雑誌やカード会員誌、機内誌、新聞などで国内外の旅行記事や紀行文を掲載。著書に『マカオノスタルジック紀行』(双葉社)。

JOURNAL HOUSE