紅葉の季節、滋賀県大津市の情緒あふれる町家ホテル

リフレッシュ! 極上旅

 江戸時代に東海道五十三次の最後の宿場町として繁栄を極めた滋賀県大津市。現在は隣接する京都という一大観光地の陰になりがちですが、琵琶湖や比叡山などの美しい景勝地に恵まれたステキな場所です。そんな大津で、とっておきの隠れ家を見つけました。それは、築100年以上の町家をリノベーションした情緒あるホテル。商店街というロケーションも、町家に泊まるというシチュエーションも斬新で、旅好きの心をくすぐります。

ホテルのような町家のような、唯一無二の空間

 JR京都駅から9分の大津駅で下車し、花屋やお総菜屋、雑貨屋などが並ぶ商店街を歩くこと約7分。人々の営みが感じられる温かな日常風景のなかに、「商店街HOTEL 講 大津百町」はあります。レセプションがある建物の暖簾のれんをくぐると、重厚な和のしつらえにモダンな北欧のインテリアをさりげなく置いた、明るい空間に迎えられました。

レセプションのある「近江屋」。リノベーションを手掛けたのは、地元の谷口工務店。そこには、「大津のにぎわいを復活させたい」という熱い思いが

 チェックインを行うこの建物を含め、「商店街HOTEL 講 大津百町」は、徒歩圏内に点在する7棟の町家で構成されています。うち5棟はダイニングキッチン付きの一棟貸し切りタイプ、2棟は1つの建物にいくつかの客室があるホテルタイプ(全8室)。ホテルタイプの2棟にはすべてのゲストが使えるラウンジがあり、ドリンクやお菓子類を自由にいただき、くつろぐことができます。

ホテルタイプの「近江屋」と「茶屋」には、ゲストが自由にコーヒーやクッキーをいただけるラウンジを完備

 ひとくちに町家ホテルといっても、7棟の由来や内装、風情はさまざま。たとえば、明治時代の長屋を改築した「鍵屋(一棟貸し切りタイプ)」は、落ち着いた雰囲気の書斎や吹き抜けがあり、文筆家の別荘を思わせる佇まい。旧花街の路地奥に潜む「糀屋こうじや(一棟貸し切りタイプ)」は、小粋さがあって、いまにも三味線の音が聞こえてきそうな趣です。

「ここで仕事をしたい!」と思わせる書斎のある鍵屋(左)、粋な風情に洋の家具がしっとりと調和する糀屋

 元茶商の家を改築した「茶屋(ホテルタイプ)」には、しっとりとした日本庭園を望むジュニアスイートや、出格子から旧東海道を見下ろせるスーペリアツインがあります。呉服屋を営む大旦那の家を改築した「近江屋(ホテルタイプ+フロント)」では、障子越しに差し込む光が、太いはりや欄間を優しく照らしていました。

眼下に日本庭園を望む、「茶屋」のジュニアスイート

 町家を改築したホテルと聞いて、すっかり純和風の空間をイメージしていたのですが、置かれている家具の多くは、デンマークのデザイナー、フィン・ユールやハンス・ウェグナーらのもの。木のぬくもりを感じる日本家屋に、北欧の上質な名作家具が調和して、すてきな広がりを見せていました。

家具はデンマークのフィン・ユールなどを採用。見た目が美しいだけでなく、使い心地も申し分なし

 どの建物もあまりにも興味深く、迷いに迷った結果、私が宿泊先に選んだのは、アーケード商店街の真ん中に位置する「丸屋」。
贅沢ぜいたくに一棟タイプを貸し切りました。

古いけれど新しい、「現代版町家」の居心地のよさ

 「丸屋」の玄関を入ると、広い吹き抜けと天窓があって、思いのほか開放的な造り。そして、いたるところに、元々あった梁や柱、中庭など、町家ならではの風情が残されています。滞在中、昔の人はこんなふうに風を感じ、こんな風景を家から眺めていたのだなあ……としみじみと思うことが何度もありました。

建物はすべて暗証番号で開錠されるシステム。「丸屋」の玄関を入ると、吹き抜けの明るい空間が

 雰囲気こそ古風ですが、断熱・遮音工事も施され、機能面はすべて現代のものが採用されています。最新式のバスやトイレ、冷暖房やWi-Fiまで完備されているので、不便を感じることはいっさいなし。築年数のある建物だけに、寒かったり暑かったり、照明が暗かったり、水回りに不便があるのでは? という心配は無用でした。

 古い建物がこれほどまでに生き生きとしているのは、実用性と快適性を重視して建物をリノベーションしているから。単に昔の雰囲気をよみがえらせるだけでなく、現代人の暮らしに合わせ、さらに100年後も使用できるように、改装プランを立てたのだといいます。

100年先も使えることを見据えてリノベーション。ただ古さを懐かしむだけでなく、機能性や快適性も追求している

 建物もユニークですが、私が何より興味をひかれたのは、「泊まることで街を活性化させる」というコンセプトです。「商店街HOTEL 講 大津百町」がある周辺は、かつては東海道五十三次の宿場町として、「大津百町」と呼ばれるほど繁栄していました。しかし、現在は空き家が目立つように。

 そこで、宿泊ゲストが商店街で食べたり、飲んだり、買い物をしたりすることで街をよみがえらせるプロジェクトとして、このホテルが生まれたのです。宿泊料金のうち150円が商店街に寄付され、活性化に使われるとは、なんて粋な試み!

街を歩いていると、モダンなマンションが建つ中に、昔ながらの建物を見つけることも

 大津の街をよみがえらせようという熱い思いから誕生したホテルだけに、サービスも一味違います。「近くで食事がしたい」「こんなところに行きたいな」と思ったときは、フロントに常駐しているコンシェルジュに相談を。街を熟知した彼らが、近隣のレストランや見どころを詳しく教えてくれます。私も利用しましたが、けっして有名店だけを勧めるのではなく、こちらの好みを聞いてアドバイスしてくれるので、とても役立ちました。

朝ごはんの調達にぴったりのパン屋、モーニングのあるレトロな喫茶店など、コンシェルジュに街のおすすめスポットを聞いたら、地図を持って散策へ
「茶屋」のラウンジ。「商店街HOTEL 講 大津百町」では、町家という特別な空間に滞在しながら、ホテルに劣らないサービスが受けられる

 滞在中のサプライズは、商店街の息吹が思いのほか心地良かったこと。通りからおぼろげに聞こえてくる人々の会話や、お店の準備をする元気な日常の音はどこか懐かしくて、今まで泊まったホテルにはない居心地の良さを感じました。

商店街HOTEL 講 大津百町

【オススメの関連記事】
リフレッシュ! 極上旅

芹澤和美
芹澤和美(せりざわ・かずみ)
旅行ライター

 編集職を経て、1996年、中国・上海へ短期留学。帰国後、フリーランスの旅行ライターとして活動。主なフィールドは、98年から通い続けているマカオや、中国語圏、アジア、中米、南アフリカ。主に、旅行雑誌やカード会員誌、機内誌、新聞などで国内外の旅行記事や紀行文を掲載。著書に『マカオノスタルジック紀行』(双葉社)。

JOURNAL HOUSE