悠久の時を超えて愛される古都、鎌倉を歩く

リフレッシュ! 極上旅

鎌倉のシンボル、鎌倉大仏

 老若男女に愛される旅行先といえば、鎌倉。いつの時代も、変わらない姿で迎えてくれる美しい古都には、悠久の時が流れているかのようです。折しも、12月には、主人公が時空を超えて活躍する冒険ファンタジー映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」が公開されます。ますます気になり、晩秋の鎌倉へと出かけました。

いにしえの風景が息づく古刹を散策

 鎌倉と聞いてまず思い浮かべるのは、鎌倉大仏。名刹・高徳院のご本尊です。その堂々とした気高い姿はあまりにも有名ですが、詳しくは知らないという人も多いのではないのでしょうか。私も鎌倉を訪れるたびに拝観していますが、知っていることといえば、大仏様は国宝の阿弥陀如来あみだにょらい像であること、13世紀半ばに造立されたことぐらいでした。

境内に奉納されている、大仏さまの大わらじ。長さは約1.8メートル

 この旅であらためて知ったのは、造立された頃のユニークな時代背景。当時は、旧来の古い考えに代わって、新しい価値観が求められていたと言われています。それまでは、庶民には教義が難解で、貴族のため仏教でしたが、若い僧侶を中心に分かりやすく説かれ、武士階級や一般庶民にも浸透していきました。奈良の大仏が国の発案で造られたのに対し、鎌倉大仏は民衆から少しずつ浄財を集めて造立されたといいます。はるか遠い鎌倉時代の人たちに思いをせながら拝観するのも、旅の醍醐味だいごみと言えるでしょう。

 さて、鎌倉散策で必ずといっていいほど利用するのが、江ノ電(江ノ島電鉄)。4両編成の電車や小さな駅舎が、古都の風景にしっくりとなじんでいます。なかでも、鎌倉駅から4駅目の極楽寺駅は、木造の駅舎がレトロでかわいらしい! この駅に降り立つと一瞬、昭和にタイムトリップしたかのような気分になります。

江ノ電唯一のトンネル、極楽洞から出てくる電車

 極楽寺駅から近い桜橋という赤い陸橋の下に見えるのは、江ノ電唯一のトンネル「極楽洞」。レンガ造りの坑門が風情を醸し出すこのトンネルは、1907年(明治40年)に造られました。駅舎といい、陸橋といい、トンネルといい、極楽寺周辺には写真を思わず撮りたくなるような風景がたくさん。

藁葺き屋根が印象的な、極楽寺の重厚な山門
境内のさるすべりの古木は枝ぶりがすばらしく、思わず登ってみたくなる

 陸橋を渡ったところには、1259年に創建された極楽寺があります。小さな茅葺きの山門をくぐると、「これぞ古刹こさつ」といった静かで落ち着いた雰囲気の境内がありました。立派なサルスベリの木が立つ庭の向こうには山が見えて、いにしえを感じさせる鎌倉らしい風景。人間が妖怪や神様と共存する、不思議な世界を描いた「DESTINY 鎌倉ものがたり」も、こんな風景から生まれたのかもしれません。

散策の後は、おいしい和スイーツでほっこり

 極楽寺駅から江ノ電に乗って向かったのは、鎌倉駅の一つ手前の和田塚駅。ここで下車した目的は、手作りの和スイーツです。駅のすぐ目の前にある「甘味処 無心庵」は、ていねいに手作りするあんを使った甘味が愛される名店。古民家を改装した店内も心地よく、鎌倉に流れるゆるやかな時間とともに甘味を味わうことができます。

江ノ電の線路沿いに立つ甘味処、無心庵。門をくぐると、すてきな庭が広がる

 北海道産の赤えんどう豆を1晩から2晩、じっくりと水にさらして煮込んだ餡は、しつこくない上品な甘さ。クリームあんみつ(800円)、あんころ餅(850円)、豆かん(600円)など、どれも「手作りって、手間がをかけた分、おいしいんだなあ」と実感する一品です。

なめらかなあんこがたっぷりのクリームあんみつ。黒蜜との相性は最高!(上)、つきたてのお餅に甘さを抑えた特製あんこをからめて食べる、あんころ餅

 庭を眺める縁側の席に座って味わっていると、時おり、ガトゴトと通り過ぎる江ノ電の音が聞こえて、ほっこりとした気分に包まれました。

◆無心庵

芹澤和美
芹澤和美(せりざわ・かずみ)
旅行ライター

 編集職を経て、1996年、中国・上海へ短期留学。帰国後、フリーランスの旅行ライターとして活動。主なフィールドは、98年から通い続けているマカオや、中国語圏、アジア、中米、南アフリカ。主に、旅行雑誌やカード会員誌、機内誌、新聞などで国内外の旅行記事や紀行文を掲載。著書に『マカオノスタルジック紀行』(双葉社)。

JOURNAL HOUSE