夏の若狭路 驚きの絶景に感動がとまらない!

リフレッシュ! 極上旅

「北陸のハワイ」と呼ばれる水島。行けるのは夏だけ、無人島、アクセスは渡し船……とわくわくするシチュエーション

 息をのむほど美しい海、人の手で守られてきた自然とノスタルジックな町並み……。そんな素敵すてきな風景に出会える場所が日本海沿岸にあります。それは、福井県南部に広がる若狭地方。夏を迎え、ますます海が輝く若狭へ、癒やしの旅に出かけませんか?

夏の間だけ渡れる無人島と神秘的な湖

 エメラルドグリーンの穏やかな海と、白い砂浜。若狭旅行の起点となる敦賀駅から車を走らせて若狭湾に出ると、数々の絶景に目を奪われます。日本屈指のリアス式海岸である若狭湾沿岸には、とっておきの絶景スポットがあるのです。

 その一つが、三方五湖みかたごこ山間やまあいに、色が微妙に異なる五つの湖が点在しています。湖はすべてつながっているのに、色が異なるのは、塩分濃度と水深が違うため。そんな科学的な理由を知っていても、独特の風景は神秘的に思えてなりません。

夏の三方五湖。五つの湖は色が微妙に異なる神秘の湖

 三方五湖を眺める絶好の場所が、全長約11キロの有料道路、レインボーラインの途中にある「レインボーライン山頂公園」です。片道約2分のケーブルカーかリフト(入園料込みで800円)で山頂をめざしましょう。そこで目にする風景は、日常とは別世界! 日本海と五つの湖、越前岬から敦賀半島、そして若狭湾に浮かぶ島を眺めていると、なにか特別なパワーを得たような気持ちになるから不思議です。ちなみに、ここは恋人の聖地でもあるそうで、幸せな恋愛を願う「誓いの鍵」がずらりとチェーンに掛けられていました。

レインボーライン山頂公園のチェーンに掛けられた「誓いの鍵」

 ほかにも、若狭の絶景は枚挙にいとまがありませんが、夏に旅行するのであれば、ぜひ、敦賀半島の先端に浮かぶ水島にも足を延ばしてみたいもの。夏だけ対岸の色ヶ浜から船(1200円)で渡ることできる無人島で、透明度抜群の海の中、遠浅の砂浜に囲まれた島がぽっかりと浮かぶ光景は「北陸のハワイ」とも呼ばれています。*2017年の渡し船の運行は7月8日~8月31日。

 若狭高浜にある若狭和田ビーチの美しさも格別です。ここは厳しい基準をクリアしたビーチのみに与えられる国際環境認証「ブルーフラッグ」を、アジアで初めて取得した場所。海の透明度に驚かされます。

 ここから車で約10分の明鏡洞めいきょうどうの美しさも忘れられません。奇岩の前には、穏やかな海とサラサラの白い砂浜が広がっています。私は若狭を訪れて、「海が荒れている、ちょっと寂しげな日本海」のイメージがすっかり覆されてしまいました。若狭の海の美しさは、これまで訪れた南国のリゾートにも負けていません。

景観が間近に迫る、蘇洞門の遊覧船めぐり

 若狭の美しい海は、クルージングで楽しむこともできます。若狭小浜にある「蘇洞門そとも」は、米CNNテレビの「日本で最も美しい場所34選」に選ばれたこともある景勝地。押し寄せる波に削られてできた自然の造形美は、遊覧船「蘇洞門めぐり(乗船料2000円)」で楽しむことができます

蘇洞門めぐりで観る「夫婦亀岩」。波が作った海の芸術

 約50分の船の旅で目にするのは、2匹の亀が並んでいるように見える「夫婦亀岩」や、岩の中が打ち落され洞門のようになっている「大門・小門」など、約6キロにわたる断崖美。奇岩や断崖のすぐ近くまで迫るクルージングは、なかなか迫力があります。

「大門・小門」。ダイナミックな景観にため息

 なんと、ここは江戸時代から人気の観光地で、1749年に書かれた地誌「若狭国志」にもその素晴らしさが紹介されているのだそう。江戸時代の日本人も、現代のアメリカのメディアも絶賛するこの風景は、ぜひ記憶におさめておきたいものです。

【若狭へのアクセス】
東京からJR新幹線で米原経由、特急に乗り換えて敦賀まで、約3時間。
敦賀駅から「三方五湖」まで車で約40分、そこから若狭和田ビーチまで車で約50
分。

芹澤和美
芹澤和美(せりざわ・かずみ)
旅行ライター

 編集職を経て、1996年、中国・上海大学文学院へ短期留学。帰国後、フリーランスの旅行ライターとして活動。主なフィールドは、98年から通い続けているマカオや、中国語圏、アジア、中米、南アフリカ。主に、旅行雑誌やカード会員誌、機内誌、新聞などで国内外の旅行記事や紀行文を掲載。著書に『マカオノスタルジック紀行』(双葉社)。

JOURNAL HOUSE