祈りの島バリ 懐かしいアジアの光景

癒やしの楽園 by 三好和義

 スピリチュアルなリゾートとして人気の高いインドネシアのバリ島。島を歩いていると、いたるところに、ヒンズー教の寺院があり、人々の祈りの声が聞こえてきます。美しい海岸、田園風景に懐かしさを感じ、癒やされていく自分に気が付きます。ここが、ほかのアジアのリゾートとは違うバリの魅力です。

 世界遺産にもなっているバリ、タナバン県のジャティルイの棚田。
 ここは700mの高地。日本各地でも棚田を撮影しているが、バリとも共通する棚田の魅力は生活感のある懐かしさ。こんな風景を目にすると、お米を主食とするアジア人だなと思って安心する。

 現地では「ムルカット」と呼ばれる沐浴。現地の人には「聖なる儀式」。信心深いバリのヒンズー教徒にとって重要な儀式。沐浴する場にはいつも多くの人がいる。激しい水流に打たれた女性たち。色とりどりの民族衣装が水に滴り、美しく映えた瞬間。

 バリの祝日。「ガルンガン祭り」に遭遇した。祈りを大切にするバリの人たち。捧げものを頭に乗せた女性たちが、長い列を作り寺院へ向かう姿は壮観、かつ壮麗。かわいい子どもたちも真剣にお祈りをしている。僕も地元の人と同じ衣装を身につけ敬意を表して撮影。

 沐浴する場所にある像。バリの文化には詳しくないので、この像が意味することがどんなものなのか、正確にはわからなかった。高温多湿の地にあって藻がまとわりついた像を見ていると、日本のこま犬を思い出した。

 インドネシア本島に近い。バリ北西部、ウェスト・バリ・ナショナルパーク。
この周辺の水の透明度は抜群。ダイバーにも人気のエリア。泊まったホテルから船を出してもらい半島をグルッと回った。

三好和義(みよし・かずよし)
写真家

 1958年徳島県生まれ。「楽園」をテーマに、タヒチやハワイなどの南国の島々から日本の世界遺産まで幅広く撮影。84年当時最年少で木村伊兵衛賞を受賞。近著は世界中のリゾートを集めた「青の楽園へ」(PHP)。Amazonプライム・ビデオで「RAKUEN 三好和義と巡る楽園」を配信中。