仏の国の安らぎ 日タイ修好記念の年に訪れるタイ

癒やしの楽園 by 三好和義

 気軽に行ける観光地として人気のタイ。今年は日タイ修好130周年の節目で、記念の特別展「タイ~仏の国の輝き」が福岡と東京で開催されます。そのポスター撮りで、タイを訪れました。ビーチリゾートは何度も撮影していますが、街や仏像の撮影は初めて。仏教が盛んな国だけに、奥が深い。そこには「心の楽園」がありました。 バンコクを代表するお寺、ワット・ポー。ここに何時間も滞在し、時間とともに変化するお寺の情景を撮影。夕日に照らされ、夜にはライトアップされる。そのたびに違った姿を見せるお寺の姿。セラミックの細工がとても美しいことを再確認。

  タイの古都、アユタヤ。喧騒けんそうのバンコクから車で1時間程度の距離とは思えない落ち着きが、ここにはある。京都や奈良の風情を思い出す。写真はワット・マハータートの仏像の頭。木の根に一体化した、この姿をじっくり見ていると生命の力を感じる。
 バンコクの有名寺、ワット・スタット。ラーマ王朝との関係も深い、この寺には見どころがたくさん。その一つがこの巨大な黄金の扉。極彩色が美しいタイのお寺の中でも、この黄金の輝きは格別。

 400年以上、5つの王朝が君臨した古都のアユタヤ。町中で僧侶の姿を見かける。敬虔けいけんな仏教信者の多いタイ。僧侶を見かけると手を合わせ、お供えをささげる姿を頻繁に目にする。そんな心の安らぎが、この国を「微笑ほほえみの国」にしている。

三好和義
三好和義(みよし・かずよし)
写真家

 1958年徳島県生まれ。「楽園」をテーマに、タヒチやハワイなどの南国の島々から日本の世界遺産まで幅広く撮影。84年当時最年少で木村伊兵衛賞を受賞。近著は世界中のリゾートを集めた「青の楽園へ」(PHP)。Amazonプライム・ビデオで「RAKUEN 三好和義と巡る楽園」を配信中。