ゴーギャンの楽園タヒチ 透き通る海とシエスタと

癒やしの楽園 by 三好和義

 僕の「楽園」の原点とも言えるのが「タヒチ」です。ゴーギャンの絵のイメージがずっと、 僕の頭の中にありました。初めて訪れたのは雑誌の取材。その時に「これぞ、僕が、求めて いた『楽園』がここにある」と思いました。それ以来、何度となくタヒチへ通っています。美しい海に、ポリネシアの文化、さらにフランスの影響がタヒチを特別な場所にしています。

  夕刻のパペーテ。ゆっくりと日が沈んで行く時間は一番好きな時間です。撮影をする時も、 夕日を眺めてリラックスしてシャッターを押しています。そんな優しい気持ちが写真に表れると思っています。人々が部屋に戻り、静けさが訪れた瞬間。

 テティアロア島に向かう飛行機の中から。島への移動は小型の飛行機で。飛行場は空き地 を開拓した広場です。舗装などされていない滑走路。移動の途中には、こんな美しい風景 を楽しめます。環礁の内側の透き通る海の美しさと、外側の深い青海が印象的です。

 タヒチのシンボルといえば、このオテマヌ山。この山を見ると「タヒチ」に来たと実感する人も多いはず。ボラボラ島に滞在する間は、いつでも、この山が目に入ります。夕刻、空が曇り、スコールがやって来ます。そのあとは、大きな虹。南国のご褒美はこれです。

 テティアロア島。ここは昔「ゴッドファーザー」で有名なオスカー俳優マーロン・ブランドが所有していた島。現在は「超」高級ホテルとして、ご家族が経営されている。ラグジュアリーという言葉にぴったりのリゾート。周囲はこんなに透明な海に囲まれています。

 高級リゾートがあるテティアロア島。ここは人も少なく、静かに時間が流れていきます。 人の少ない真っ白なビーチ。ここをのんびりと散歩してあると「ああ、楽園だな」と思います。 青い空に鳥が飛ぶ姿を見ながら、浜の木影でシエスタを楽しみます。

 

三好和義
三好和義(みよし・かずよし)
写真家

 1958年徳島県生まれ。「楽園」をテーマに、タヒチやハワイなどの南国の島々から日本の世界遺産まで幅広く撮影。84年当時最年少で木村伊兵衛賞を受賞。近著は世界中のリゾートを集めた「青の楽園へ」(PHP)。Amazonプライム・ビデオで「RAKUEN 三好和義と巡る楽園」を配信中。