「幸せって何?」と思ったら見てみたい「ブータン  山の教室」

All That Cinema

ⓒ2019 ALL RIGHTS RESERVED

幸せって、なんだっけ。

それは人にとって、映画にとって、永遠の問い。一度見つけたと思っても、世の中が変われば、価値観も変わる。だが、どんなに社会が変わっても輝きを失わないものがあるのではないか。

近代化の波に直面するブータンを舞台にした本作の主人公、都会育ちの教師ウゲン(シェラップ・ドルジ)は、転勤先の辺境で、そうした揺るぎないものに触れる。都市生活者が田舎で目覚めるなんて、よくあるパターンのようだけれど、見れば、きっと驚く。彼が出会う人々の美しさに。その多くを、撮影地で実際に暮らす人々が演じていることに。

写真家、作家でもあるパオ・チョニン・ドルジ監督が、北部ルナナ郡、ヒマラヤ山脈の山懐の集落を主な舞台に撮った初長編だ。

ウゲンは今どきの若者。首都ティンプーで教職に就いてはいるが、本当の望みはオーストラリアに移り住み、歌手として生きていくこと。どうにも仕事に身が入らない。そんな彼が、辺境ルナナの学校に赴任することになった。険しい山道を1週間以上かけて登り、標高4800メートル、電気も通っていない集落へ。ウゲンはその遠さ、不便さにたじろぎ、とって返そうと決めるが、「先生」を待ち望んでいた人々の思いに触れて心が動く。生徒たちに教えながら、教えられる日々が始まる。

きらきらと輝く目をしたルナナの子供たちと、その未来をひらこうとする大人たち。自然と共にあるつつましく、たくましい暮らし。雄大な風景の中、響き渡る伝統歌――。そのすべてが心から離れなくなる。なぜ、そんなにも美しく、力強いのかと思う。

映画に描かれている通り、たどりつくだけでも困難な場所で撮影を敢行し、「本物」を生かしたことももちろん、大きいだろう。中でも生徒役のルナナの少女、ペム・ザム=写真左=の輝きといったら。だが、見えるものだけが、この映画の力ではない。ドルジ監督は、ルナナにブータンの原風景を見いだし、そこでの暮らしを貫く哲理を、伝統歌、そして共に生きる動物ヤクの存在を通して鮮やかに浮かび上がらせる。根無し草になりかけていた主人公ウゲンが、自分の根っこを思い出していくさまとともに。

示唆に富むのは「その後」のウゲンの姿。どこで何をしていようと、しっかりとした根を持っていれば、強くいられる、世界を豊かにもできると思わせる。原風景の郷愁にひたるのではなく、未来を見据えるための映画だ。

(読売新聞文化部 恩田泰子)

「ブータン  山の教室」(ブータン) 1時間50分。神保町・岩波ホール。公開中。

◇   ◇   ◇

読売新聞文化部の映画担当記者が、国内外の新作映画の見どころを紹介します。
読売新聞オンライン「エンタメ・文化」コーナーはこちら

あわせて読みたい