ジャニーズJr.に定年制導入 遅咲きアイドルはもう生まれない?

ミドリのJ見守り隊

ジャニーズJr.が出演した公演のグッズ
ジャニーズJr.が出演した公演のグッズ

1月16日、ジャニーズ事務所がジャニーズJr.について制度の一部を改定し、活動に年齢制限を設けると発表しました。発表によると、新制度は約2年後から適用され、Jr.としての活動を満22歳までとし、継続するには事務所との合意が必要になります。突如発表された「定年制」は、「事実上のリストラ」などと評され、大きな話題になっています。

ジャニーズJr.は、先輩グループのコンサートや舞台で踊り、ステージに欠かせないバックダンサーたち。東京と大阪(関西ジャニーズJr.)で計200人ほどが在籍しているとみられています。近年ではJr.だけでコンサートを行い、ドラマや映画に出演するなど、活動の幅を広げています。CDデビューがJr.からの卒業と位置付けられていますが、生田斗真さん(36)のようにデビューをせずに卒業し、俳優などとして活動するタレントもいます。

22歳の年齢制限 「基本に立ち返る」

今回発表されたルールは、満22歳に達してから最初の3月31日までに、Jr.としての活動継続について事務所と合意に至らない場合、同日で活動を終了するというもので、2023年3月31日から適用されます。ジャニーズ事務所は、制度改定の背景や狙いについて、「恵まれた環境であるが故に、一般的に人生の岐路と言われる年齢を迎えたジャニーズJr.が、適切な進路を決定し難くなっているのではないか、ということも懸念されるようになってきた」「アイドル・タレントとしてデビューを目指すことが大前提であるという基本に改めて立ち返る」などと説明。また、この制度が適用される時点で22歳以上のメンバーが所属するグループおよび一部の個人に関しては、既に活動継続について事務所と合意していることも発表されました。

整理すると、「22歳になったら自動的にさようなら」という制度ではないようです。ただ、22歳までに目立った実績がなく、芽が出なければ「進退を考えましょう」と肩をたたかれるということ。また、どういった活動をしているJr.が規定の年齢を超えても在籍できるのかは、現時点では明かされていません。

新制度の発表以降、当事者である何人かのJr.はそれぞれの考えを発信しています。関西ジャニーズJr.のグループ「Aぇ!group」の福本大晴さん(21)は、情報番組で、自身は活動継続について事務所と合意済みであると述べ、ファンを安心させました。ソロで活動する冨岡健翔さん(28)も、舞台の制作発表で「これから事務所に入ってくる子たちに一つの目安になる。目の前にあるボーダーラインを見据えるのは、とても大切な時代になってくる」とコメントしました。

Jr.の質の向上、きめ細かい指導に期待

これまで、進退について一人で悩んだJr.もいたし、ズルズルと活動を続けたJr.もいたでしょう。それが、これからはルールにのっとって本人と事務所がきちんと話し合い、将来の方向性を決める――。当たり前のことかもしれませんが、他の道に進もうと考えた時に、新制度が背中を押してくれるのではないでしょうか。スターとして活躍できるのは、ほんの一握り。事務所から引導を渡すのも、ある種の責任や愛情だと考えます。22歳という区切りも、大学を卒業して社会に出る頃の年齢という点を踏まえると、適切だといえるでしょう。

新制度には、「22歳までにデビューはできなくても、必要とされる人材になるようスキルを磨け」というメッセージも垣間見えます。22歳という明確な目安があることで、自分の才能を信じてよりレッスンに打ち込む人もいれば、芸能活動以外の進路も視野に勉学や資格取得に励む人もいるでしょう。メリハリが生まれ、Jr.内の切磋琢磨せっさたくまや質の向上につながることも考えられます。

ここ数年、闇カジノ通い、ベッド写真の流出、コロナ禍での未成年Jr.のお泊まり報道など、Jr.は不祥事が相次いでいます。そのたびにジャニーズ事務所は「監督や指導を見直し、徹底していく」などとコメントしていますが、残念ながらスキャンダルは続き、Jr.が増えすぎて指導が行き届かなくなっているのでは……と思わざるをえません。少数精鋭にすることで、教育が行き渡ることも期待されます。

ジャニー喜多川さんが存命だった時は、目に付いたJr.を急にステージに上げ、オーディションに落ちた子をJr.に採用するなど、「ひらめき」で運営されていた部分もありました。ジャニーさんが亡くなってそうした眼力に頼ることもできない今、膨れ上がった組織を正常化しようという狙いも感じられます。

スターの原石の見極めが短期間に

アイドルといえば10代でデビューするイメージですが、ここ10年を振り返ると、デビュー時のメンバーの平均年齢が10代だったのはSexy Zoneぐらい。若いメンバーが多い印象だったKing & Princeですら、デビュー時の平均年齢は20歳を過ぎていました。さらに、昨年デビューしたSixTONESとSnow Manは、Jr.歴15年以上など遅咲きのメンバーばかりで、今では25歳を超えてデビューすることも珍しくなくなっています。

デビュー年齢の高齢化は「年数がかかっても、頑張れば報われる」「粘り勝ち」という前例をあまりにも作りすぎ、Jr.たちが退所するタイミングを見失った感も否めません。人材育成の観点からも、10代、遅くとも20歳ぐらいでデビューし、次の世代にバトンを渡すのがアイドル事務所としてあるべき姿なのかもしれません。

一方、長いJr.時代を経てのデビューは、既に多数のファンを獲得しているため、一定のセールスを見込めるという利点もあります。また、ジャニーズファンが若年層だけではなく、30代、40代にも広がっている現状を踏まえると、未熟な若者たちより、経験豊富なJr.たちのほうがパフォーマンスやトークのレベルが高く、大人ファンを納得させることもできます。

実際、SixTONESとSnow ManはCDセールスが好調で、飛ぶ鳥を落とす勢いを見せています。2グループの成功をみると、22歳で一度区切りをつけることが奏功するか、事務所の手腕が問われます。

YouTubeの動画の再生回数を上げたり、グッズを大量に購入したり、「恋人にしたいJr.」を選ぶ雑誌の企画に投票したり……。こうした人気のバロメーターがデビューや仕事量の増加につながると考えられ、Jr.のファンは何かと大変です。好きなタレントが22歳で事務所から肩たたきに遭わないためには、今まで以上に推さなければならないのか――。そんなファンのため息も聞こえてきそうですが、新制度がどんな効果を与えるか、長期的にみていきたいと思います。

【あわせて読みたい】

山村翠 (やまむら・みどり)

読売新聞東京本社生活部に在籍。中学生の頃に先輩のバックで踊るKinKi Kidsの堂本光一さんを見て沼に落ち、20年以上、ジャニーズを応援。ジャニーズのコンサートや舞台を取材・執筆し、タレントにインタビューをするほか、プライベートでも様々なグループの公演に足を運ぶ。