「美しい20代」川瀬莉子、先輩・米倉涼子にさすがと感じたこと

DTDX×OTEKOMACHI

写真:読売テレビ提供

人気医療ドラマで看護師役にばってきされた川瀬莉子さん(23)。オスカープロモーション主催の「第2回ミス美しい20代コンテスト」でグランプリを獲得し、昨年10月に同ドラマで女優デビューを果たしたばかりです。ゲスト出演した「ダウンタウンDX」(日本テレビ系、30日午後10時から放送予定)の収録後にインタビューし、気になる経歴や素顔に迫りました。

ネタ帳をつけるほどお笑い好き

――きょうの収録はいかがでしたか?

写真:読売テレビ提供

すごく緊張しましたが、それよりも楽しかったし、好きなお笑い芸人のネルソンズさんにお会いできてうれしかったです。

――お笑いが好きなんですか?

劇場にも見に行くぐらい大好きで、好きなお笑い芸人さんのネタをノートに記録しているんです。

写真=好きなお笑い芸人のネタをまとめたノート

――一番好きな芸人さんは?

ラフレクランさんです。

いきなり人気ドラマで女優デビュー

――「第2回ミス美しい20代コンテスト」でグランプリに輝き、「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)への出演が決まったそうですが、いきなり大先輩の米倉涼子さんとの共演でした。

うれしいのと同時に、子供のころから大好きで見ていたドラマに出演させていただくことになり、「本当に私でいいんだろうか」というプレッシャーと不安が襲ってきました。

――米倉さんとの共演はいかがでしたか?

勉強になりました。シリアスなシーンの撮影で、本番が始まるまで普通にお話ししていたのですが、スタートがかかると、がらっと表情が変わって、いきなりスイッチが入ったように大門先生になるんです。さすがだなと思いました。私もいつかそうできるようになりたいです。

それに米倉さんは、主演として大変なのに、出演者、スタッフさん全員に気遣いをしてくださって。居場所がなくて、モニターを見ながらぽつんとたたずんでいると、「こっちにおいでよ! ちゃんとごはん食べてる?」と優しく声をかけてくださったこともありました。語学やフラメンコなどのダンスも身につけられていて、努力の人だと尊敬しています。

――演技で苦労されたことは?

演技のレッスンで、一人芝居をすることがありました。そこで涙を流すのですが、1回で涙を流すことができて安心していたら、2回目はなかなか泣くことができませんでした。まだまだ練習が必要ですね。

――将来、どんな役を演じてみたいですか?

悲劇のヒロイン役です。そのためには、涙を流す演技を練習しなければなりませんね。あとはサイコパスな役にチャレンジしてみたいです。

――目標とする女優さんは?

米倉涼子さんはもちろんですが、満島ひかりさんや、二階堂ふみさんのように演技で評価される女優さんになりたいです。

――出演してみたい番組は?

名古屋出身なので、「ケンミンSHOW(読売テレビ、日本テレビ系)」にも出てみたいです

――オスカーに入る前はどのような活動を?

父親が厳しくて、東京に行くことを反対されていたので、生まれ育った名古屋で1年ちょっと、モデルとして活動していました。NHK名古屋制作の「中学生日記」に出演したこともあります。短大生の時に地元の企業から内定をもらいましたが、卒業するのを機に父を説得して上京しました。

――コンテストに応募したきっかけは?

写真:読売テレビ提供

東京に行くことは父親の反対もあり、迷いはありました。でも、普段は私の芸能活動に対してあまり興味がなさそうで、何も言わなかった4歳年上の兄が「やりたいことがあるならやればいいじゃん」と言ってくれたんです。兄の一言に背中を押されて、コンテストへの出場を決めました。

――300万円の賞金の使い道は?

父に洋服を買ってあげました。あとは上京のための費用に使ったら、いつのまにか消えてしまいました。

――お兄さんには?

まだです(笑)。兄の影響でRADWIMPSラッドウインプスが好きになり、兄が東京に来たときに、一緒にコンサートに行きました。

――東京生活はいかがですか?

名古屋にはなかった大好きなお笑いの劇場がたくさんあるので、楽しいです。

――川瀬さん自身は、ものまねとか一発芸はできますか?

何もできませんが、何かできるようになったほうがいいでしょうか。なにか特技といえるものを見つけられるよう、がんばります!

――得意なことは?

中学、高校とバドミントンに打ち込んでいました。東京オリンピックで日本人選手の活躍を見るのを楽しみにしています。

――プロフィルには「和装歩き」が特技と書かれていましたが、どのようなものですか?

着物ショーにモデルとして出演したときに、着物をきれいに見せて、和装に合ったウォーキングやポージングをします。自分で着付けもできます。

――今、はまっているものは?

チョコレートが大好きなので、おいしいチョコレート屋さんを巡っています。あとは、鉛筆で絵を描くことにはまっています。

(取材:メディア局編集部・遠山留美)

川瀬莉子(かわせ・りこ)

1996年12月9日生まれ。愛知県名古屋市出身。 2018年9月、オスカープロモーション主催の「第2回ミス美しい20代コンテスト」でグランプリを受賞。19年10月から放映された「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)に看護師・飯野加菜役で出演し、注目を集める。

【あわせて読みたい】
「奇跡」のデビュー20周年・磯山さやかの仕事が長続きしたワケ
美と健康の伝道師・Atsushi、奇縁で結ばれた人とは?
映画「記憶屋」佐々木蔵之介と蓮佛美沙子の「消したくない記憶」