「奇跡」のデビュー20周年・磯山さやかの仕事が長続きしたワケ

DTDX×OTEKOMACHI

写真提供・読売テレビ

タレントの磯山さやかさんが、今年10月にデビュー20周年を迎えます。テレビのバラエティー番組やドラマなどで活躍する傍ら、現役のグラビアアイドルでもある磯山さん。ゲスト出演した「ダウンタウンDXDX」(日本テレビ系、1月9日午後9時から放送)の収録後、仕事への思いや今年の抱負などを語ってくれました。

緊張するけど安心感も

――今日の収録の感想から聞かせてください。

いろんなジャンルからゲストが出演されて、ふだんお目にかかれないような方にもお会いできたので、すごく楽しかったです。でも、やっぱり緊張しますね。芸能界の諸先輩方やお客さんの前で、自分のエピソードをしっかりお話ししなければいけないので、いやぁ、緊張しました。でも、出演者の皆さんが優しくて、フォローしてくださるんです。特にMCのダウンタウン(松本人志さん、浜田雅功さん)のお二人は、私がうまく話せなくてもフォローを入れてくださって、必ず面白くしてくれます。だから、めちゃくちゃ緊張するけれど、安心感もある。そんな番組ですね。

――先月、磯山さんのオフィシャルカレンダーが2年ぶりに発売されました。水着姿やランジェリー姿も披露して話題を呼んでいますが、ご自身として出来栄えはいかがですか。

スタッフの皆さんといろいろ話し合いながら作ったので、すごくいいカレンダーに仕上がりました。今までに出させていただいたカレンダーは、壁掛け型が多かったのですが、今回は卓上型です。毎月のカレンダーの裏表に異なる写真を使ったりしているので、すごく楽しんでいただけると思います。

大ブレイクしなかったから続けられた

――今年10月、デビュー20周年を迎えます。とかく浮き沈みの激しい芸能界で、20年間も仕事を続けてこられたことについて、ご自身はどんな思いを抱いていますか。

デビュー当時は、3年続くか5年続くかと思っていたので、20年も続けられたのは奇跡のようです。日々いろんな方と出会って、いろんなお仕事をさせていただいて、その繰り返しで今日まで続けることができました。大ブレイクしなかったから続けてこられたのかもしれません。今となっては、本当に周りの皆さんのおかげだと思います。

――元々、芸能界入りを熱望していたわけではなくて、気軽な気持ちで芸能事務所のオーディションに応募したのだとか。

ミーハーな気持ちで「芸能界って楽しそう」とか「モーニング娘。に入りたい」と思っていました。実際に芸能界のお仕事を始めた時はプロ意識というものがなくて、今振り返るとアルバイト感覚だったと思います。だから、このお仕事を30代になるまで続けられるなんて思ってもみませんでした。

――仕事をやめたいと思ったことは?

10代の頃にも思ったことがありますし、20代の頃にもあります。でも結局、やめる勇気がなかったというか……。「芸能界の仕事と別の仕事、どっちがいいんだろう?」と考えてみたら、芸能界のことが頭から離れなくて。「やっぱり、私はこの仕事がしたいんだ」と改めて感じました。

――気持ちが完全に吹っ切れたのは、30代に入った頃だったとか。

別に何かきっかけがあったわけじゃないんですが、30歳を過ぎた頃、心にゆとりができたというか。年齢的に大人になったことも関係していると思います。心にゆとりができたことで、「仕事を楽しもう」と前向きに思えるようになりました。

結婚にこだわらず

――恋愛観、結婚観を聞かせてください。

10代、20代の頃は、「30歳になる前に結婚したい」と思っていました。でも、今の時代は、結婚にこだわらずに仕事やプライベートで頑張る女性も多く、今は「結婚できたらいいな」ぐらいの気持ちですね。

――お休みの日はどんなふうに過ごしていますか。

仕事場でいろんな方と出会うので、その分、お休みの日は一人で家にいることが多いです。愛犬を散歩に連れて行ったり、近所のカフェでお茶したりして、気分をリフレッシュさせています。あとは、サスペンスドラマ、刑事ドラマが好きで、朝起きて、ご飯を食べたら、テレビのBS放送で2時間ドラマの再放送を見ています。その後も、BS、地上波とチャンネルを替えながらずっと(笑)。よく見るのは、「赤い霊柩車れいきゅうしゃシリーズ」、「科捜研の女」、「浅見光彦シリーズ」などですね。

――最近、関心を抱いたことはありますか。

6年ほど前に犬を飼い始めてから、動物たちの置かれている現状が気になるようになりました。杉本彩さんや浅田美代子さんが、捨て犬・捨て猫の保護や動物虐待防止などの活動に取り組んでいらっしゃいますが、私も動物たちの小さな命を守るための活動ができたらいいなと思っています。

――磯山さん自身は、どんなワンちゃんを飼っているのですか。

チワワとトイプードルのミックス「チワプー」を飼っています。茨城の実家では雑種の中型犬やゴールデンレトリバーを飼っていましたが、一人暮らしをしてから飼うのは初めてなんです。何かと大変だけど、飼ったおかげで生活のリズムが整うようになりました。ワンちゃんのためにも仕事を頑張らなければという責任感も強くなりました。ワンちゃんを飼って、いいことずくめです。

写真提供・読売テレビ

――健康や美容のために実践していることはありますか。

家で食事を作る時には、野菜を極力多く使ったり、1日1食でもいいから発酵食品を食べるようにしています。体の内側からケアすることが大切だって、30代になってひしひしと感じているので。

――磯山さんは茨城のご出身ですから、発酵食品と言えば、納豆でしょうか。

納豆はやっぱりよく食べますね。納豆があると気持ちが落ち着くんです。納豆とお漬物、キムチなどを食べて、胃腸から健康になるように心がけています。それから、運動も過度なものではなくて、マッサージ用のボールで筋肉をほぐしてストレッチをするとか、40代を楽しく過ごせるように(笑)、今からじんわりと体作りをしています。

――最後に、今年の抱負を聞かせてください。

デビュー20周年の記念すべき年ですが、まずは「初心に帰る」です。初心に帰りつつ、今までずっと応援してくださったファンの方や、最近ファンになってくださった方に恩返しがしたいです。具体的には、ファンイベントを開いたり、バラエティーやお芝居に出演したりして、皆さんの目に触れる機会を増やし、喜んでいただきたいですね。

――グラビアの仕事も続けますか?

そうですね。できたら頑張りたいなと思います。

(取材/読売新聞メディア局 田中昌義)

【あわせて読みたい】
・ショップ店員・タレントのひかぷぅが激辛以外に好きなこと
・「ミス・ジャパン」土屋炎伽が夜に妹の太鳳と一緒にすること
・演歌歌手の杜このみ「ダメと言われてもやっちゃう」こと

磯山 さやか(いそやま・さやか)

1983年生まれ、茨城県出身。2000年10月に芸能界デビュー。以降、雑誌のグラビアやテレビのバラエティー番組などを中心に活躍。06年から茨城県をPRする「いばらき大使」を務めている。