美男美女YouTuber・ヴァンゆん「芸チューバ―」になるために

DTDX×OTEKOMACHI

ヴァンビさん(右)とゆんさん(写真提供・読売テレビ)

「美男美女のYouTuberコンビ」として人気上昇中の「ヴァンゆん」(ヴァンビさん、ゆんさん)。YouTubeの「ヴァンゆんチャンネル」では、相手にドッキリを仕掛けて反応を探るモニタリング企画や大食い企画などにチャレンジする動画を連日投稿。2人の息の合ったトークが好評で、チャンネル登録者数は160万人を超え、総再生回数は約6億2000万回に達します。9月には大手芸能事務所に入り、テレビ番組出演などタレント活動も本格化させました。ゲスト出演した「ダウンタウンDX」(日本テレビ系、24日午後10時から放送予定)の収録後、YouTuberとしての仕事ぶりや芸能界入りへの意気込みなどを聞きました。

――「ダウンタウンDX」初出演の感想を聞かせてください。

ヴァンビさん 楽しかったけど、悔しかったです。頭の中には「こうしゃべろう」ということがいっぱい浮かんでいたのに、他の出演者のトークの間に入っていくタイミングがつかめなくて。番組の進行も速いので、どんどん流れていってしまう感じでした。「言いたいことはいっぱいあったのに。ああ、悔しいな」というのが率直な感想です。

ゆんさん めちゃめちゃ楽しくて、「テレビで観ていた通り、皆さん面白いな」と思ったんですけど、反省点もあります。「(共演者と)話がかぶったらどうしよう、失礼じゃないかな」とか、いろいろ考えすぎちゃって。勇気を出して、もっとガツガツいかなきゃダメだって、反省しています。

――緊張はしなかった?

ゆんさん 今まで一番緊張しましたよ!

ヴァンビさん 緊張で口の中が乾いてカピカピでしたもん(笑)。

コンビを組んだら、化学反応が起きる

――YouTuberになる前、ゆんさんはアイドル活動をしていたそうですね。

ゆんさん 地元の名古屋でアイドルをやっていましたが、お父さんが亡くなり、お父さんが経営していた人材派遣会社を継ぎました。元々マルチタレントになりたいという夢があって、会社を継いだ後もその夢を諦められず、3年ぐらい前に上京して、あるファッションショーで行われたミスコンテストに出たら、グランプリに選ばれたんです。そこでYouTuberの事務所の方にスカウトされたのが、YouTuberになったきっかけです。

――ヴァンビさんは、2016年春まで、ビジュアル系バンドのボーカルとして活動していたんですよね。

ヴァンビさん そのバンドが解散して、お金がなくて路頭に迷うような時期があって。「これからどうしようかな」って考えた時に、とりあえず次のバンドを組むまでトーク力が鈍らないように、バンド時代のファンとのコミュニケーションの一環としてYouTubeを始めたんです。そうしたら、いつの間にかYouTuberになっていました。

――2人が出会ったのは?

ヴァンビさん 2年ぐらい前に、YouTuberが集まる食事会があって、そこでたまたま席が隣だったんです。

ゆんさん 私はその頃、家賃を稼ぐために毎日アルバイトばかりしていて、YouTubeでは全然動画を更新できていなかったんです。そしたら、ヴァンビくんが「そんなんじゃダメだよ。バイトはやめなよ。ゆんちゃんはもっと伸びるんだから」と言ってくれて。次の日、バイトをやめたんですが、それがきっかけになって、YouTubeで波に乗れるようになったんです。だから、ヴァンビくんには今でも感謝しています。もしあの時、ヴァンビくんが私に言ってくれなかったら、今もバイト生活を送っていたかもしれないから。

――18年2月に初めて2人がコラボした動画を投稿して、7月に正式に「ヴァンゆん」としてコンビを組むことになったのですね。なぜ、コンビを組もうと?

ヴァンビさん YouTuberになったのは僕の方が1年ぐらい先で、知り合った時は、チャンネルの登録者数も僕の方が多かったんですが、それから1年後、ゆんちゃんのチャンネルも登録者数が増えてきたので、「それじゃあ、コラボしようか」となって。コラボしたら、再生回数がいきなりバンッと増えたんです。お互いのチャンネルが10万回とか20万回ぐらいだったのが、それぞれ100万回ぐらいになった。「これはコンビを組んだら、何か化学反応が起こるぞ」と感じたんです。

付き合ってるの? 付き合ってないの?

――「ヴァンゆんチャンネル」は今では、総再生回数が約6億2000万回にも達しています。支持されている理由は何だと思いますか。

ヴァンビさん 人間って、誰かのスキャンダルみたいなことが絶対に気になるものなんです。例えば、学校でも「あの子とあの子が付き合ってるらしいよ」ってうわさ話をしたりしますよね。僕らはそういう部分をYouTubeで見せているんです。動画を観た人が「(ヴァンビさんとゆんさんが)付き合っているの? 付き合っていないの?」って気になる。そこが、僕らのチャンネルに火が付いた理由だと思います。今までに、本当のカップルで出ているチャンネルはあったし、男女が友達だって割り切って出ているチャンネルもありました。でも、「付き合っている? 付き合っていない? どっち?」というチャンネルはなかったと思うんです。それが良かったんじゃないかと。

ゆんさん 動画に付いたコメントは毎晩、一つも欠かさず読んでいるんです。SNSでエゴサーチもしています。そうして、私たちの何を楽しんでくれているのか、どんな企画が求められているのかをチェックして、企画に生かすようにしています。

――企画、撮影、編集など、すべての作業を2人で行っているんですよね。動画は1本15分ぐらいの長さですが、1本の動画を制作するのに、どれぐらいの時間をかけているのですか。

ヴァンビさん だいたい朝の6時か7時に起床して、8時から撮影を始めて、その後、企画会議を開いたり、画像の編集をしたりで、夜の8時か9時ごろに動画を投稿します。その後もなんだかんだといろいろあって、寝るのは夜中の2時ごろ。それが毎日です。

ゆんさん しかも、今日のように一日中テレビ番組の収録がある日は、ヴァンビくんは前日に徹夜をして、2本分の動画を作り終えないといけないんですよ。

――とにかく、毎日投稿することを自らに課しているのですね。

ゆんさん YouTubeって、別に毎日投稿するのが基本というわけじゃないけれど、私たちは普通にやっていても、トップのYouTuberには追いつけないなって思って。だったら投稿本数で勝負しようって考えたんです。他の人が休んでいる時がチャンス。そこに切り込んでいこうって。

ヴァンビさん 僕らの上にいる人たちの努力以上に、僕らは努力しないと絶対に勝てませんから。

――それにしても、毎日投稿だと、企画を決めるだけでも大変ですね。

ヴァンビさん 1年に365個の企画が要りますから。「今日が終わったら、明日はお休み」ということがない。終わりのないマラソンのようなものです。

ゆんさん 寝る前に、お互いにネタを20個ずつ考えて、次の日にそのネタを出し合うんです。

ヴァンビさん たくさんネタを考えても、ほとんどボツとか、使えたとしてもほんの数本だけといった感じですね。

ネットに強く、テレビでも知られる存在に

――9月から、大手芸能事務所の太田プロダクションに所属しています。これからテレビ番組への出演も増えていきますね。

ヴァンビさん ヴァンゆんは若い世代にはすごく人気があると言っていただく一方で、大人の世代やYouTubeを観ない人たちには、ほとんど知られていません。YouTubeを観ない人たちに知ってもらうために、YouTubeだけで頑張っても意味がありません。テレビという大きなメディアに出演することで、僕らを知ってもらい、YouTubeを観てもらいたいですね。YouTubeが好きな人だけじゃなく、お茶の間の人たちも知っている、そんな新しい存在になれたらいいですね。

――お笑いの世界や音楽の世界では、コンビやデュオが活躍していますが、YouTuberのコンビがテレビでどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、とても興味深いです。

ヴァンビさん インターネットの存在感がどんどん強くなってきて、ネットでの発信力のあるインフルエンサーの方々がテレビに出演する機会も増えています。僕らは、そういう人たちの先頭に立ちたい。YouTuberの事務所に所属している人が、ちょいちょいテレビに出るというのはあるけれど、YouTuberが芸能事務所に入ってテレビにガッツリ出たら、それは今までにないパターンだと思うんです。ネットでも強い。テレビでもよく知られている。そういう存在になれたら最強だと思います。

ゆんさん 芸能人とYouTuberの間の「芸チューバ―」になりたいです!

――マルチタレント志望のゆんさんは、テレビではバラエティー以外の分野にも進出したい?

ゆんさん 演技にも挑戦したいし、ヴァンビくんと「2人で音楽もやりたいね」って話しています。私たちはYouTubeで有名になったので、YouTubeという故郷を忘れず、活動を増やしていきたいです。

――最後に、それぞれ好みのタイプを聞かせてください。

ヴァンビさん 僕は「色白」「巨乳」「長女」です。

ゆんさん 長女だけ、私と合ってるよ(笑)。

――なぜ、長女なのですか。

ヴァンビさん 長女の子って、妹や弟の面倒を見ているから、包容力があるんですよ。なので、僕より年下の長女の子がタイプです。

ゆんさん 私は「ありがとう」と「ごめんなさい」がちゃんと言える人ですね。ちなみに、ヴァンビくんは言えないんですよ。素直になれないというか。実の弟みたいだなって思うことがよくあります。

ヴァンビさん 僕が謝らないのは、自分が悪いとは思ってないからです。

ゆんさん そこがダメなんだよ!(笑)

(取材・読売新聞メディア局 田中昌義、写真も)

【あわせて読みたい】
「詐欺メイク」ゆにばーす・はらがM-1で優勝したらしたいこと
美しすぎるモデル・トラウデン直美が思い付きでパパッとやること
母は蓮舫・俳優デビューで話題の村田琳が「一番」を望むこと

ヴァンビ 7月10日生まれ、東京都出身。ゆん 12月5日生まれ、愛知県出身。2018年7月に「ヴァンゆん」を結成し、YouTubeに「ヴァンゆんチャンネル」を開設。太田プロ所属。インターネットの枠を超えて、テレビ、イベントなどマルチで活動するYouTuber。