演歌歌手・丘みどりさんは“肉食系”、笑顔のためにしていること

DTDX×OTEKOMACHI

(読売テレビ提供)

 NHK紅白歌合戦に2年連続出場を果たした演歌界の期待の星・丘みどりさん。バラエティー番組のほか、8月に公開予定の映画「引っ越し大名!」に出演するなど、活躍の場を広げています。ゲスト出演した「ダウンタウンDX」(日本テレビ系、16日午後10時から放送予定)の収録後、オフの過ごし方や歌への思いなどについて聞きました。

筋肉痛が気持ちいい

――多忙な毎日だと思いますが、体力づくりに励んでいるそうですね。

 「暗闇ボクシング」のジムに通っています。1回のレッスンが45分間というのが魅力で、どんなにしんどくても、がんばればなんとかやれるかなと思って始めました。年間を通してかなりの数のステージをこなしますし、10キロ近い着物の衣装を着ることもあるので、やはり体力をつけようと一念発起しました。最初の10分くらいは、腹筋やスクワットなどの筋トレを行うのですが、その段階でへとへとになります。でも、筋肉痛が気持ちいいんです。最近は筋肉痛になりたいがために、ジムに通っています。

インタビューに答える丘さん

――肉食系女子だと聞きました。

 2016年に地元の兵庫から上京したのですが、環境の変化のせいか、すぐに体がしんどくなって、風邪を繰り返してしまいました。それで、焼き肉を食べて元気を出そうと思ったのがきっかけでした。肉を食べた次の日、力が湧いてきて、いい声が出るような感じがあったんです。それ以来、焼き肉を食べ歩くようになりました。

――地方の焼き肉店にも行かれるとか。

 全国各地の焼き肉店を巡り、ハラミを食べるのが楽しみなんです。いろいろなところで、焼き肉好きと言っているので、さまざまな自治体から「うちのご当地肉を食べてください」という依頼をいただきます。「I Love 焼き肉」というロゴ入りの特製Tシャツを作ってくださったファンの方もいます。沖縄にどうしても気になる焼き肉店があったので、半日休みが取れたときに1人で、日帰りで食べに行っちゃいました(笑)。

ダウンタウンデラックスのスタジオで(読売テレビ提供)

寝る前に楽しいことを考える

――ツイッターで料理の写真を公開していますね。

 この前作ったビーフシチューの写真ですね。自宅では料理をよくします。茶碗蒸しが好きなので、自宅でおいしい茶碗蒸しが食べたくて、自分で作っています。料理に集中していれば、ほかのことを考えずに済むので、ストレス解消の一つです。「あそこの歌詞、ちゃんと歌えるかしら」「衣装、あっちのほうが良かったかな」「ステージの構成をこうしておけば……」って、ずーっと考えてしまうんです。小心者なんですね。料理をしたり、体を動かしたり、肉を食べたりしていると、そういう心配から解放されます。

――いつも笑顔で明るい印象があります。

 いやなことがあっても、ムスッとしないように心がけています。しんどいときこそ、ニコニコしていれば、楽しいことがやってくると思っているので、笑顔でいるようにしています。でも、生放送でうまく歌えなかったり、ステージでミスをしてしまったりして、落ち込むこともあります。それでも、沈んだ気持ちを次の日に持ち越さないように心がけています。母に「どんなことがあっても、飛びっ切り楽しいことを考えながら寝なさい」と言われていました。これを実践するようにしてから、次の日は少し前向きな気持ちになれています。

ダウンタウンデラックスの収録中(読売テレビ提供)

「演歌ってかっこいい」と言われるのがうれしい

――2017年、18年と、紅白歌合戦に2年連続出場を果たしました。

 1度目の出演は、緊張して何も覚えていません。あれよ、あれよという間に終わっていて、ほかの出演者の方たちのことも録画で見直して思い出すような状態でした。昨年末の2度目のときは、紅白の雰囲気を楽しもうと意識しました。驚いたのは、松任谷正隆さんに「充希ちゃん」と声をかけられたこと。女優の高畑充希さんに間違えられたんです。映画「引っ越し大名!」の撮影で実際に高畑さんにお会いして、このエピソードを話すと、高畑さんも「丘さんに間違えられるんです」とおっしゃっていました。それで、2人で写真撮影しました。

インタビューに答える丘さん

――演歌界の新星として期待を集めています。

 バラエティー番組などに出演するようになって、高校生や小さな子どもたちがキャンペーンなどに来てくれるようになりました。歌っている姿を見てくれて、「演歌ってかっこいいですね」と声をかけてもらったときはうれしかったですね。いろんなことにチャレンジして、もっと多くの人に、丘みどりや演歌の魅力を知ってもらいたいと思っています。熱心に応援してくださるファンの方たちのためにも、3度目の紅白出場を目指してがんばります。

(聞き手/メディア局編集部 鈴木幸大 撮影/永原香代子)

 Profile プロフィル

丘みどり(おか・みどり)
演歌歌手

 1984年7月26日、兵庫県出身。2005年、演歌歌手デビュー。異例のヘソ出し衣装で話題に。17年、18年に2年連続でNHK紅白歌合戦に出場。今年2月にシングル「紙の鶴」をリリース。5月25日~6月20日に「丘みどり コンサート2019 ~演魅~」で茨城県取手市、相模原市、兵庫県姫路市、大阪市、京都市を巡る。

【あわせて読みたい】

筋肉と日本庭園を愛する村雨辰剛さんが日本人に伝えたいこと

マギーさん「ありのままの自分を見せていきたい」

ファン・インソンさん「えっ!?男性なの?」“かわいすぎる料理研究家”の素顔

福士蒼汰さん ツンデレ猫ナナと「最後の旅」へ

陽月華さん 映画「かぞくわり」で奈良が大好きに