ブレイク・ライブリー スタイリッシュな好感度女優が悪女に

セレブ☆スタイル

ブレイク・ライブリー(ロイター)

 米ドラマ「ゴシップガール」(2007~12年)で大ブレイクし、女性を中心に支持を集めるブレイク・ライブリー。最新作の映画「シンプル・フェイバー」(3月8日公開)では、悪役に挑戦しています。

ダークなキャラクターで新境地

 今作は、同じ学校に息子を通わせていることから親しくなったシングルマザーのステファニー(アナ・ケンドリック)と、野心的なキャリア女性、エミリー(ブレイク)が主人公。ある出来事をきっかけに、2人の運命が予期せぬ方向に動いていくサスペンス映画です。

 これまでの映画やドラマにおける好感度の高いキャラクターとは打って変わって、ブレイクは今作で初めて悪女を演じています。そのことについてブレイクは、米誌「エル」に「エミリーの頭の中に、私がこれまでの人生で抑制してきたことを発見したの。私はアルコールを飲まないし、人をののしらないし、自分の中に好きになれない部分がある。でも彼女は、自分に自信があって、おずおずしないし、少し悪党っぽい。そんな彼女を演じるのは楽しかったわ」と語っています。

セクシーなスーツスタイルが話題 

 ファッショニスタとしても知られ、装いが常に注目されるブレイク。「シンプル・フェイバー」では、メンズ風のスーツを着こなしていることが話題になっています。これは、彼女と衣装デザイナーのアイデアだったそうで、「すごくセクシーで楽しいものになった」と大満足している様子。スタイリストをつけず、自らスタイリングも行うセレブとして知られるブレイクは、プロモーション活動でもパンツスタイルを貫いていました。

 ところが、写真共有サービス「インスタグラム」に、格子じまのパンツスーツの写真をアップしたところ、あるファンから「愛とリスペクトを込めて言うけど、頼むからスタイリストを雇うか、今のスタイリストをクビにしてくれ」というダメ出しコメントが寄せられました。

 これにブレイクは怒らず騒がず。「あぁ、私は何度もブレイク・ライブリーをクビにしようとしたのに、あのオンナは戻ってくるのよ。私をひとりにしてくれないの」と返答。このユーモアたっぷりの対応が称賛されました。

産後ダイエットに14か月

 16年9月に第2子イネスちゃんを出産したブレイク。産後すぐに体形を戻すセレブも多いなか、昨年2月、14か月かけて元のボディーに戻したことを明かしました。インスタグラムにスリムになった姿を投稿したブレイクは「インスタグラムをスクロールして、ビキニモデルみたいな体形じゃないことを悩んでいるだけじゃダメってことがわかった」と書いて、トレーナーに感謝。ダイエット成功は、子育てと仕事と並行して、地道にエクササイズに取り組んだ結果だと明かしています。そうしたダイエットの苦労を共有してくれるところも、やっぱり好感度大! そんなブレイクの悪女っぷりに期待が高まります。

 Profile】Blake Lively(ブレイク・ライブリー)1987年8月25日、アメリカ・カリフォルニア州生まれ。米テレビドラマ「ゴシップガール」で人気女優の仲間入りを果たす。「ザ・タウン」(2010年)、「ロスト・バケーション」(16年)など映画でも活躍。12年に俳優ライアン・レイノルズと結婚。2児の母。

昨年9月、アナ・ケンドリック(右)と共に「シンプル・フェイバー」のプレミアイベントに参加したブレイク(ロイター)
太田万紀子(おおた・まきこ)
海外セレブゴシップライター&エディター。
海外セレブ専門誌編集を経て、現在フリーランスで活動。アンジェリーナ・ジョリー、ビクトリア・ベッカムの子供たちをはじめ、続々デビューする2世セレブのウォッチングに加えて、ジェニファー・ロペス、グウィネス・パルトロウなど、本業の他に子育て、恋愛、サイドビジネスに大活躍のアラフォーセレブの動向に注目しています。
Celeb Extra