多部未華子さん、映画「トラさん」で母親役、理想の家庭像は?

インタビュー

 人気アイドルグループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の北山宏光さん(33)が、映画初出演にして初主演を果たした「トラさん~僕が猫になったワケ~」(2月15日公開)は、板羽皆さんによる同名の漫画を実写映画化。同作で北山さんは、事故死したものの猫に生まれ変わり、期間限定で家族の元に戻る、売れない漫画家を演じました。いい加減で能天気なダメ夫・高畑寿々男を支える妻・奈津子を演じた、女優の多部未華子さん(30)に映画の見所を聞きました。

――映画の企画を聞いたとき、どのような感想をお持ちになりましたか?

 最初に、原作の漫画を読んだのですが、温かい家族愛を描いたエピソードに感動しました。でも実際に脚本を読んで、映像としてどのように撮るのかなと思いました。

 夫の寿々男(北山さん)は、仕事もせず、ギャンブルにおぼれる日々を過ごし、あげくに交通事故で先立ってしまいます。その後、人生を挽回するために、猫の姿で「トラさん」として、1か月の期間限定で家族の元に戻ってきます。

――猫に生まれ変わった寿々男とのかけあいは?

 寿々男は人間の言葉を話しますが、奈津子には、「ニャーニャー」としか聞こえないので、寿々男のせりふが聞こえないように見せるため、間髪いれずにわざとかぶせてせりふを言うように意識しました。

映画初主演の北山さんは……

――北山さんとの共演は?

 周りのスタッフさんや共演者の方とも分け隔てなく接してくれ、場を盛り上げてくれるとても明るい方です。でも、私が真剣に台本を読んでいる時も、お構いなしに話かけてくるんです(笑)。

――苦労したシーンは?

 漫画の背景を書く、アシスタントをするシーンが難しかったですね。ちゃんと漫画指導の方もいらしたのですが、筧監督から、「ここはこうしたほうが書きやすいですよ、ああした方がいいですよ」と、細かくアドバイスを受けました。映画監督をする前は本格的に漫画家を目指していたと聞いて、「なるほど、だからかこんなに熱心だったのか!」と納得しました。

――お気に入りのシーンは?

 寿々男が猫のトラさんになって空から舞い降りて、地上に着地するシーンが、かわいくて好きです。脚本を見ておもしろいなと思っていたのですが、本編を見た時に「あ、そろそろあのシーンが来る」と楽しみにしていました。

――母親役はむずかしかったですか?

©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

 そうですね。最初から全編通してずっと母親というのは初めてでした。しかも、娘の実優みゆ(平澤宏々路こころさん)が小学校高学年ということもあり、ここまで大きな娘は初めてなので、難しいかなと思っていました。でも実優とは友達感覚の親子関係だったので、撮影の合間も北山さんと3人でおしゃべりをして、コミュニケーションが取れ、楽しくスムーズにお芝居ができました。

思い描いていた30歳は?

――先月30歳を迎えたばかりですが、心境に変化は?

 10代のころは自分が高校を卒業して、受験して、大学に入って……と、見えていない未来に期待しすぎていました。でも、今はそういうことをやめて、ちゃんと目の前にある現実を受け入れて、少しのことでも幸せを感じられるよう、日々を送れたらいいと思っています。

――10年前、ハタチのころは、どんな30歳になると、想像していましたか?

 ハタチのころは23歳くらいで結婚するものだと思っていました。30歳にはもう子どももいて、と思っていたような気がします。

――今回母親役でしたが、多部さん自身、理想の家庭像はありますか?

 ありきたりですが、子どもが二人くらいいて、犬を飼って、家族団らんで夕ご飯をたべるというような家庭を築きたいです。

――どんなことに幸せを感じますか?

 最近忙しくて湯船につかれなかったので、ゆっくりお風呂に入ることと、部屋の片付けをすることです。当たり前の生活を送ることに幸せを感じます。

――今年の目標は?

 特に大きな目標はありませんが、シンプルに毎日楽しく生きていきたいです。会いたい人に会うとか。

――最後に映画の見所を

 死んでしまった寿々男が猫に生まれ変わるという変わった設定ですが、とてもシンプルな家族愛を描いています。寿々男は、与えられた運命を受け入れて、残りの時間を家族と大切に生きようとします。みなさんに感動していただけると思います。
(聞き手:メディア局編集部・遠山留美、撮影:金井尭子)

多部未華子(たべ・みかこ)

 1989年1月25日生まれ、東京都出身。「HINOKIO」(05年)で映画デビュー、NHK連続テレビ小説「つばさ」(09年)で主演。「日日是好日」(18年)ほか。19年は「多十郎殉愛記」、「アイネクライネナハトムジーク」が公開予定。映画、テレビ、舞台で活躍中。

【公開情報】「トラさん~僕が猫になったワケ~」2019年2月15日から全国公開
主題歌:Kis-My-Ft2「君を大好きだ」(avex trax)
配給:ショウゲート
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会
監督:かけひ昌也
原作:板羽皆「トラさん」(集英社マーガレットコミックス刊)
出演:北山宏光/多部未華子/平澤宏々路/飯豊まりえ/富山えり子/要潤/バカリズム ほか

©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

【ストーリー】売れない漫画家の高畑寿々男は、妻・奈津子がパートで稼いだお金で、お気楽な生活を送っていたが、ある日突然、交通事故であっけなく死んでしまう。そんな寿々男に“あの世の関所”の裁判長が下した判決は、「1か月で過去の愚かな人生を挽回せよ。但し、猫の姿で――」。トラ猫の姿で奈津子と娘・実優の元に戻った寿々男は、「トラさん」と名付けられて高畑家で飼われることに。愛する家族のために何かしたいと思うトラさん=寿々男だが、猫だから言葉も通じない。奈津子が職場で倒れて病院に運ばれた時も、娘・実優の元気がなくて何だか様子がおかしい時も、そばにいるだけで何もできない。寿々男は、愛する家族に何ができるのか。どうやって人生を挽回するのか――。

【予告編】Youtubeへ